【動画編集の総合ガイド】おすすめのPCソフト/スマホアプリ/オンラインサイト、及び簡単な編集方法と基本コツ!

動画編集

日常生活の楽しみやお子様の成長記録、結婚式、家族旅行などの大切な思い出を面白く、綺麗に編集してオリジナルのムービー作品を作成したいと考えている方が多いようです。

今回の記事では、動画編集の初心者の方向け、OSごとに、

  • ● 動画編集ためのPCソフト、スマホアプリ、およびオンラインサイトおすすめ
  • ● 簡単に効率的に動画編集を完成させるコツと基本的な操作方法

これら2点を中心に解説します。

プライベートだけではなく、趣味、副業や仕事で動画編集を始めたい方にも向いています。ぜひご一読を。

(1)動画編集を始める前の準備と確認

  • 1デバイス

パソコンやスマホで動画編集を行えます。

  • 2動画編集ソフト・アプリ・オンライサイト

パソコンで動画を編集するなら、「Shotcut」「Aviutl」「iMovie」などの動画編集フリーソフト、「Adobe Premiere」「Final Cut Pro」「DaVinci」などの有料動画編集ソフトが使用できます。

また、動画編集オンライサイトも使用できます。ただし、大容量の動画ファイルを編集するとき、動画編集ソフトを使って編集したほうがいいです。

スマホで動画を編集するなら、「Inshot」「VivaVideo」「Quik」「VLLO」などの動画編集アプリが使用できます

  •  
  • 動画編集ソフトやアプリをダウンロードする前に、パソコンやスマホが「動作環境」を満たしているか確認してください。
  • 3素材の準備

動画を編集するとき、画像・写真や音楽、動画などの豊富な素材を動画に挿入しておしゃれな動画を作れます。

自分で素材を撮った素材や作成した素材以外、素材サイトのフリー素材も使用できます。例えば、

Pixbay(画像・映像)
公式ページ:http://xn--hhro09bn9j8uh.com/

動画素材.com(映像)
公式ページ:http://xn--hhro09bn9j8uh.com/

ニコニ・コモンズ(画像・音楽・映像)
公式ページ:https://commons.nicovideo.jp/

Music Material(音楽)
公式ページ:http://musicmaterial.jpn.org/

甘茶の音楽工房(音楽)
公式ページ:http://amachamusic.chagasi.com/

上で紹介した素材は、商用・非商用問わずご利用可能です

  • おしゃれな動画制作のポイント
  • ➊.企画:動画編集のテーマや目的、雰囲気、配信媒体、長さなど、自分の状況に応じて動画編集の企画を作ります。
  • ➋.トランジション:前のシーンと次のシーンをつなぐとき、トランジション効果を使えば、映像表現に緩急をつけられるからです。
  • ➌.素材:画像や音楽、動画、ステッカー、エフェクトなど、豊富な素材を動画に挿入すれば、カッコイイ動画を作れます。
<

(2)Windows10&Mac向けの動画編集ソフトおすすめ5選

動画編集ソフトおすすめその1:Adobe Premiere Pro

オススメ度:★★★★★
タグ:中級者から上級者まで|高機能|YouTuber・Vlog|業務用

Adobe Premiere Pro

Adobe Premiere Pro(アドビプレミアプロ)は、業界最高レベルの動画編集ソフトと誇り、「動画編集機能が素晴らしく編集の自由度も高くて、幅広い映像を作れる」「様々なファイル形式に対応」「サポートが充実している」「Adobe After EffectsなどのAdobe製品との連携が可能」などのメリットを持って、動画編集を本格的に始めたいという人には超おすすめのソフトとなっています。

  • 詳細仕様
  • 対応OS:Windows 10、macOS High Sierra 以降
  • 推奨スペック:➊、FullHD編集なら、IntelR第6世代以降CPUまたは同等のAMD CPU以上。➋、4K解像度の編集なら、IntelR第7世代以降CPUまたは同等のAMD CPU。➌、RAMは16GB以上
  • 開発元:アドビ
  • サイズ:1.46GB
  • 日本語:対応
  • 価格:プロプライエタリ(7日間無料体験可能)
  • 広告・透かし・ロゴ:なし
  • 入力形式:AVI、FLV、M2TS、MTS、M4V、MOV、MP4、MPEG、VOB、WMV、DV、F4V、SWF *4、R3D、Avidメディアファイルなど
  • 出力形式:MP4、MPEG、MOV、TIFF、WAVなど
  • 特徴・目玉機能:
  • ・GoPro、一眼レフ、iPhoneなどのデバイスで撮影した各映像ファイルに対応し、思いのままで動画編集作業を始めます。
  • ・カット・トリミングからアニメーションの追加・テロップ作成まで多彩な編集機能が搭載されて、クオリティの高い動画を作れます。
  • ・Ae、Au、Ps、Ai、Meなどのアドビ製品とのシームレスな連携で、動画を仕上げることができます。
  • ・絶えずアップデート中、「プロキシを使用した書き出し」「シーン編集検出」「放送向けHDR」「プロダクション」「360度動画の編集」など新機能を大幅に追加します。
  • ・設計が直感的で分かりやすく、動画を編集する同時に効果をプレビュー確認でき、効率よく作業を進めることが可能です。
  • ・動画書き出し機能も豊富、ほとんどすべての動画形式やコーデックにサポートしています。
<

動画編集ソフトおすすめその2:Wondershare Filmora

オススメ度:★★★★
タグ:初心者から中級者まで|簡単操作|YouTuber・Vlog|家庭用

Wondershare Filmora

Filmora(フィモーラ)は、学生・教職員向けの動画編集ソフトと言われ、「個人で楽しむ動画編集ソフトとしては機能が十分」「テンプレートやエフェクト効果が豊富」「直感的な操作性」「動作が軽い」「YouTubeなどの収益化される動画に使える」などというメリットを持ち、日本では知名度と人気度が高いです。NO.1のAdobe Premiere Proを使って挫折した方や初心者YouTuberには超おすすめのソフトです。

  • 詳細仕様
  • 対応OS:Windows 7/Windows 8/10、macOS Sierra以降
  • 推奨スペック:➊、FullHD編集なら、Intel i3以上のマルチコアプロセッサ、2GHzまたはそれ以上。➋、4K解像度の編集なら、Intel第6世代以降のCPUを推奨。➌、RAMは4GB以上
  • 開発元:ワンダーシェアー
  • サイズ:645MB
  • 日本語:対応
  • 価格:有料(無料体験可能)
  • 広告・透かし・ロゴ:あり(無料体験版)
  • 入力形式:MPEG-1/2/4、QuickTime動画ファイル、カムコーダーファイル、Flash/Matroska/HTML5動画など
  • 出力形式:MP4、MOV、MKV、WMV、AVI、F4V、TS、MPG、3GP、WEBM、GIF、MP3
  • 特徴・目玉機能:
  • ・動画編集には必要な基本的な機能が充実。例えば、カット、トリミング、分割、回転、クロップ、結合など
  • ・専用の動画素材サイトFilm Stocksが提供されていて、オシャレなエフェクトが数多く揃い、初心者でも動画を楽に作れます。
  • ・結婚式や卒業式、旅行向け、ミュージックファンタジーなど様々な拡張コレクションが充実していて、学生・教職員はちょっと派手な動画を作成できます。
  • ・Youtuber向けのエフェクトと編集機能、アップロード機能を兼ね備えるため、初心者Youtuberでも手軽に使えます。
  • ・無料体験期限はなし、デザインが直感的で分かりやすく、あまり難しく考えず作業を進めます。
<

動画編集ソフトおすすめその3:iMovie

オススメ度:★★★★
タグ:初心者から中級者まで|処理速度が速い|YouTuber・Vlog|家庭用

iMovie

iMovie(アイムービー)は、Apple社の「iLife」に含まれ、macOSとiPhone/iPadで動画を素早く編集するソフトです。「Apple製品標準のアプリケーションなので安全性・信頼性が高い」「macOSとiOS両方で使える利便性」「完全無料で使える」「Youtuber向け動画の編集機能が十分」などのメリットを持って、簡単な操作でクオリティ高い動画編集作業を始めたいというMacユーザーには超おすすめのソフトです。

  • 詳細仕様
  • 対応OS:macOS10.15.6以降
  • 推奨スペック:➊、OpenCLに対応するグラフィックカード、1,280×800解像度以上のディスプレイが必要。➋、RAMは4GB以上
  • 開発元:アップル
  • サイズ:2.36GB
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 広告・透かし・ロゴ:なし
  • 入力形式:MPEG-4、QuickTime、MPEG-2、AVCHD、DV&HDV
  • 出力形式:QuickTime、DV&AIC、JPEG、AAC
  • 特徴・目玉機能:
  • ・Macからビデオ、オーディオ、写真、グラフィックスファイルなどのメディアファイルをインポートできます。
  • ・基本的な動画編集機能はすべて搭載されています。例えば、カット・トリミング、テロップ、結合、トランジションエフェクト・字幕・音楽追加、PIP、クロマキーなど。
  • ・iPhoneやiPadなどのiOS端末との互換性があり、動画を共有することで編集作業をすぐに始めます。
  • ・SNSとの連携機能が搭載していて、編集した動画をすぐにYouTubeなどに共有・保存できます。
<

動画編集ソフトおすすめその4:AviUtl

オススメ度:★★★★
タグ:初心者から中級者まで|高機能|YouTuber・Vlog|家庭用

AviUtl

AviUtl(エーブイアイユーテル)は、完全無料で使える動画編集ソフトですが、ある動画編集有料ソフト顔負けの高度な編集機能を持ち、プラグイン拡張機能を導入することによって痒い所に手が届くようになる最も人気のあるものです。「拡張編集プラグインと連携できる」「動画エンコード機能が素晴らしい」「動作が軽い」などのメリットを持って、まったくゼロから動画編集にとりくむという人には超おすすめのソフトです。

  • 詳細仕様
  • 対応OS:Windows95以降
  • 推奨スペック:➊、HD編集なら、Intel第5世代以降のCPUを推奨。➋、RAMは4GB以上。
  • 開発元:KENくん
  • サイズ:132MB
  • 日本語:対応
  • 価格:完全無料
  • 広告・透かし・ロゴ:なし
  • 入力形式:AVI、M2TS、WAV、MP4、MKV、MPEG、WMV、MP3など
  • 出力形式:AVI、MP4、MK4など
  • 特徴・目玉機能:
  • ・拡張編集プラグインを導入して、機能を活用することでクオリティの高い動画編集を行えます。
  • ・完全無料ですが、有料ソフトにも負けない機能が充実しています。例えば、カット・トリミング、音声・テロップ合成、トランジションエフェクト、アニメーション効果作成、実況動画の作りなど。
  • ・YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サービス用のエンコード設定機能が搭載され、推奨動画仕様で編集した動画を出力します。
<

動画編集ソフトおすすめその5:Shotcut

オススメ度:★★★★
タグ:初心者から中級者まで|4K編集|YouTuber・Vlog|家庭用

Shotcut

Shotcut(ショットカット)はアメリカのMeltytech,LLCから開発される完全無料の動画編集ソフトです。「幅広いフォーマットに対応」「動画編集機能が充実」「アカウント登録は不要」「動画編集でよく使われる高度機能のキーフレームがあり」「動作が軽い」などのメリットがあり、PCスペックが低くても動画編集を無料で始めたいという人には超おすすめのソフトです。

  • 詳細仕様
  • 対応OS:Windows10、macOS10.8以降、FreeBSD、Linux
  • 推奨スペック:x86-64 Intel 2Ghz以上のプロセッサーまたは同等のAMD。➊、SD編集なら、1コア以上。➋、HD解像度の編集なら、2コア以上。➌、4K解像度の編集なら、4コア以上。➍、RAMは4GB以上
  • 開発元:Meltytech,LLC
  • サイズ:264MB
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 広告・透かし・ロゴ:なし
  • 入力形式:SD・HD動画、4K動画
  • 出力形式:H.264、HEVC/H.265、MJPEG、MPEG-2、Slide Deck、WMV、WebM、WebM VP9、Youtubeなど
  • 特徴・目玉機能:
  • ・サポートされている動画ファイル形式が非常に多く、4K動画など160種類以上です。
  • ・カット・トリミング、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジションエフェクトや各種フィルターといった基本的な動画編集機能が十分。
  • ・完全無料ですが、専門的な動画編集ソフトに負けなく、キーフレーム機能や再生速度変更機能、音量調整機能も搭載されています。
  • ・要求されているパソコンのスペックは易しく、低スペックのPCでも動作が軽く動画編集作業を行えます。
<