ホーム録画 OBS Studio使い方

OBS Studioの使い方|OBS Studioインストール、設定、ゲーム・ツイキャス録画方法をご解説

twitch、mixer、YouTube Live、ツイキャス、ニコ生などといったライブ配信サイトで使える無料のライブ配信用ソフトOBS Studio(OBS)の使い方(ダウンロード・インストール、設定方法、ゲーム・ツイキャス録画方法)を紹介するページ。


OBSスタジオ録画できない時の対処方法はこちら〜便利で高画質〜
OBS Studio代わりソフト

VideoProc ― より簡単でより高画質でパソコン画面録画保存できるソフト。OBSスタジオ録画できない、録画した動画が再生できない、録画中PCが重くなる時に、この画面録画ソフトは軽くて便利なパソコン画面録画方法を提供してくれる。MacもWindowsも両方対応して、システム音声とマイク音声どっちも収録でき、スムーズに録画でき、パソコンにもどこにも保存できる。

(1)OBS Studioとは

OBS Studioは、twitch、mixer、YouTube Live、ツイキャス、ニコ生などといったライブ配信サイトで使える無料のライブ配信用ソフトである。

OBS Studioは、Windowsだけではなく、macOS 10.11以降やLinuxにも対応していて、完全に無料で利用できる。

ネットで検索してみると、OBS Studioを使って、ゲーム配信、雑談配信、カラオケ配信などといったコンテンツをサポートしている。さらに、音声関係の機能が進化され、マイクのノイズを抑えながら、マイクの音量の大きさを調整することが可能。

(2)OBS Studioでできること

OBS Studioはどんな機能を持っているのか。OBS Studio自体は誰に使われるのか。そこで今回は、OBS Studioでできること(機能)を予め紹介する。

  • (1)録画機能(ローカル録画機能)を持っている。例えば、ゲームキャプチャー、ウィンドウキャプチャー、画面キャプチャー。
  • (2)録画を停止した時から遡って動画を保存するリプレイバッファ機能を持つ。
  • (3)一定時間録画した後に自動で録画を停止する出力タイマー機能を備える。
  • (4)録画中、カーソルを表示/非表示する機能を持つ。画像マスキング、色補正、クロマキー、カラーキーなど。
  • (5)ゲーム音、マイク音を調整できる。
  • (6)CRF設定を変更して、録画されたファイルの画質を変える。
  • (7)映像ソース用のフィルターをたくさん用意している。例えば、 ゲーム画面をPCに映したり、画質・音質などを設定したり、ライブ配信映像を録画する時、OBS Studioを使ってみてください。
  • 以下では、OBS Studioの使い方、OBS Studioダウンロード・インストール、OBS Studio設定方法やOBS Studio録画方法をまとめてご紹介する。

(3)OBS Studioの使い方:OBS Studioダウンロードとインストール方法

Step1:OBS Studioの公式サイト(https://obsproject.com/ja )にアクセスして、お使いのコンピューターの動作環境によってバージョンを選び、「Windows」/「macOS10.11+」/「Linux」ボタンをクリックする。こちらは「Windows」ボタンをクリックする。

Step2:ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行する。

Step3:「自動構成ウィザード」画面が表示されたら、「いいえ」と選択してください。

OBS Studioインストール

Step4:後は、画面指示に従って操作してください。

Step5:OBS Studioのインストールが完了する。

(4)OBS Studioの使い方:OBS Studioの設定を変更する方法

OBS Studioインストールが完了された後、OBS Studioを立ち上げ、OBS Studioの基本的な設定を行ってください。

(4.1)OBS Studioの一般的な設定を変更する方法

Step1:OBS Studioのメイン画面の右下にある「設定」ボタンをクリックする。OBS Studioの設定画面が表示され、左側にある「一般」タブをクリックしてください。

OBS Studio設定

Step2:「一般」設定では「言語」「出力」「ソース配置のスナップ」「プロジェクター」「システムトレイ」「スタジオモード」といった設定項目が並べ替えている。

  • 「言語」:「日本語」と選択する。
  • 「出力」:「配信を開始するときに確認ダイアログを表示する」及び「配信を停止するときに確認ダイアログを表示する」にチェックを入れる。
  • 「ソース配置のスナップ」:「有効にする」「画面の端にソースをスナップする」「他のソースにソースをスナップする」にチェックを入れる。
  • 「プロジェクター」:初期設定のままでもOK。場合によって変更できる。
  • 「システムトレイ」:「有効にする」にチェックを入れる。

(OBS Studioの配信設定を変更する方法)

Step1:OBS Studio設定画面の左側にある「配信」タブをクリックする。

Step2:「配信種別」では普通は「ストリーミングサービス」を選択する。「サービス」では「ニコ生」/「ツイキャス」/「Twitch」/「YouTube Live/YouTube Gaming」/「OPENREC」/「Mixer(旧Beam)」配信サイトに対応していて、場合によって一つを選択すればOK。

OBS Studio設定

Step3:「サーバー」では任意のサーバーを選択する。

Step4:「ストリームキー」ではストリームキーをコピーしてペーストしてください。

Step5:全てが確認した後、右下にある「OK」ボタンをクリックする。

(OBS Studioの出力設定を変更する方法)

Step1:OBS Studio設定画面の左側にある「出力」タブをクリックする。

Step2:「出力モード」では「基本」のままで設定すればOK。でも、ある方は「詳細」と変更する。

OBS Studio設定

Step3:配信タブでは「映像ビットレート」/「エンコーダ」/「音声ビットレート」設定項目が並べ替えている。

  • 「エンコーダ」では「ハードウェアNVENC」と変更する。それで、CPUではなくグラボでエンコードし、PCが軽く動ける。速度に気にしない場合は、「エンコーダ」では「ソフトウェアx264」と選択してもOK。
  • 「録画フォーマット」では、できるだけ「MP4」と選択してください。.mp4の汎用性が高く、ほとんどのメディア機器で再生できる。
  • 「レート制御」では、「CRF」と選んでください。
  • 「CRF」では、CRFの値を20と調整してください。

(OBS Studioの音声設定を変更する方法)

Step1:OBS Studio設定画面の左側にある「音声」タブをクリックする。

Step2:「デスクトップ音声デバイス」では「既定」と選択してください。

OBS Studio設定

Step3:「マイク音声デバイス」では、場合によって選択する。例えば、動画に自分の音声をマイクで入れたい場合は、この項目を設定する。複数のマイク音声デバイスにサポートするので、自由にカスタマイズできる。設定したくない場合は、「既定」と選択すればOK。

(OBS Studioの映像設定を変更する方法)

Step1:OBS Studio設定画面の左側にある「映像」タブをクリックする。

Step2:映像タブの「基本(キャンパス)解像度」では「1920×1080」と設定する。

OBS Studio設定

Step3:「出力(スケーリング)」では「1280×720」以上に設定してください。

Step4:「FPS」では普通は「30」か「60」に設定する。

(OBS Studioのホットキー設定と詳細設定を変更する方法)

ホットキー設定:

場合によって、「配信開始」「配信終了」「配信停止(遅延破棄)」「録画開始」「録画終了」「リプレイバッファ開始」「リプレイバッファ停止」「スタジオモード」「トランジション」「シーン切り替え」「デスクトップ音声」「マイク」などの設定項目をOBS画面で操作せず、キーボード入力で操作できる。

OBS Studio設定
詳細設定:

そこでは「プロセスの優先度」「映像」「音声」「録画」「遅延配信」「自動的に再接続」「再試行の遅延」「ネットワーク」などといった項目を細かく設定できる。

(4.2)OBS Studioの使い方:OBS Studioメイン画面の設定を変更する方法

OBS Studioのメインに戻り、下側には「シーン」、「ソース」、「ミキサー」、「コントロール」設定がある。

OBS Studioを初めて使う前、これら項目を事前に設定する必要がある。詳細は下記の通り。

OBS Studio設定
  • @、「シーン」:「シーン」機能は、画面を一瞬で切り替えられる機能。「+」をクリックして新しいシーンが追加される。削除したい場合は、「−」をクリックすればOK。
  • A、「ソース」:「ソース」機能は、映像、画像、音声などといったファイルのこと。「シーン」ごとに「ソース」を設定する必要がある。
    「シーン」は静止画なら、「ソース」は「画像」と選択する。
    「シーン」はデスクトップなら、「ソース」は「ウィンドウキャプチャー」と選択する。
    「シーン」はWebカメラなら、「ソース」は「映像キャプチャーデバイス」と選択する。
  • B、「ミキサー」:「ミキサー」機能は、OBS Studioに入力された音声を設定することが可能。「歯車」アイコンをクリックすると、音声の設定が行える。
  • C、「コントロール」:「コントロール」機能は、OBS Studioの「配信開始」「録画開始」「設定」がある。「設定」に関しては、上述では紹介されていて、ご確認ください。

(5.1)OBS Studioの使い方:OBS Studioを使ってゲームを録画する方法

上記ではOBS Studioインストール、及びOBS Studio設定手順を細かく紹介された。

後は、この各種配信サイトに対応している無料ライブ配信用ソフトを使ってゲームを録画してみよう。

Step1:OBS Studioを起動してください。ゲームを録画する場合は、ウィンドモードかフルスクリーンモードかどっちでも良い。

Step2:「ソース」では「+」をクリックして、「ゲームキャプチャ」と選択する。そして、「ソースを作成/選択」画面が表示され、「OK」ボタンをクリックすればOK。

OBS Studio設定

Step3:「ゲームキャプチャーのプロパティ」画面が表示され、「ウィンドモードかフルスクリーンモード」から一つを選択してください。そして、画面をPCゲームに切替、OBSにゲーム画面が映されている。映されていない場合は、下側にある「モード」では「特定のウィンドウをキャプチャー」と選んでください。

Step4:ゲーム画面がOBS Studioに取り込んだ後、「OK」とクリックする。

Step5:OBS Studioメイン画面の右下にある「録画開始」ボタンをクリックして、OBS Studioでゲームを録画する作業が始まる。

Step6:OBS Studio録画作業を終了させるには、右下にある「録画終了」ボタンをクリックすればOK。

(5.2)OBS Studioを使ってツイキャスをライブ配信する方法

ネットでは「OBS Studioでのツイキャス配信」に関する質問が数多く存在していて、たくさんの視聴者の方に「画面が真っ黒で音しか聞こえない」「画質を最低画質にしないと見れない」と困っている。

以下では、OBS Studioを使ってツイキャスをライブ配信する方法を詳しく紹介する。

Step1:OBS Studioを立ち上げて、右下にある「設定」と書かれたボタンをクリックする。

Step2:OBS Studio設定画面が表示された後、下記の通りに従ってやってください。

OBS Studio設定
  • 「配信」タブをクリックして、「URL」と「ストリームキー」をそれぞれ正しく入力してください。
  • 「出力」タブでは「映像ビットレート」と「音声ビットレート」を合わせて500kbs以下にしてください。「映像ビットレート」と「音声ビットレート」の合計が800kbps以下に設定してください。
  • 「映像」タブでは、「出力(スケーリング)解像度」は「640×360」(16:9)であるかご確認ください。そうではないと、画面には黒帯が発生したり、画質が劣化する可能性が高い。

Step3:OBS Studio側の設定が完了した後、OBS Studioのメイン画面に戻り、上にあるメニューバーから「プロファイル」⇒「名前を変更」で「ツイキャス」などと名前を付けてください。後は、もう一度「プロファイル」⇒「ツイキャス」を選択して右下にある「配信開始」ボタンをクリックすればOK。

 

  • OBS StudioでYouTube Live/ニコ生/Twitchライブ配信をする場合は、「プロファイル」⇒「新規」で新しいプロファイルを新規作成し、YouTube Live/ニコ生/Twitchライブ配信サービスの設定を行ってください。

Step4:ツイキャスを開き、自分のツイキャスアカウントでログインして、ツイキャスの放送画面を開いて、場合によって「配信カテゴリ」や「Twitterへの自動投稿」や「放送開始メッセージ」などの設定を行う。

OBS Studio設定

Step5:確認したら、OBS Studio画面の右下にある「配信開始」ボタンをクリックし、ライブ配信作業が始まる。同時に、配信されていればツイキャスの画面がOBS Studioに映る。放送画面を開いた時に音が繰り返し取り込まれ、ハウリングの発生を防ぐためには、放送画面内のスピーカーをミュートにする必要がある。

Step6:OBS Studioでツイキャスをライブ配信する作業を終了させる場合は、OBS Studioのメイン画面の右下にある「配信終了」と書かれたボタンをクリックしてください。

(6)OBS Studio録画再生できない/録画カクカクなどのエラーを解決する方法

OBS Studioで録画したゲーム動画がカクカクする。ゲーム内ではFPSが300程度出ているが、録画したファイルのFPSは体感で10位。

fpsが高すぎ、他のゲーム録画ソフトをお試しください。例えば、VideoProc、Bandicam、Game DVRなど。

OBS Studioを使ってYoutube Liveを録画するとき、PCの動作が重くてカクカクします。どうすれば良いでしょうか。

OBS Studio録画中、PCがカクカクとなったとき、CPU使用率が高くなります。OBS Studio設定では「出力」の「エンコーダー」を「NVENC H.264」「QuickSync H.264」「H264 Encoder (AMD Advanced Media Framework)」のいずれかにする。

OBS Studioを使って録画された動画ファイルは再生できない。

OBS Studioの設定では「出力フォーマット」はお使いのメディアプレーヤーで扱えるビデオフォーマットではない。できるだけ、「.mp4」と変えてください。

OBS Studioを使ってゲーム実況を録画していてマイクから大きな声を出した時に、音が割れてしまったことがよくある。

OBS Studio音割れの主な原因は二つ。一つはオーディオインターフェースでのクリップ(マイク入力時点でのクリップ)、もう一つはOBS内でのクリップ。この場合は、音質を最高レベルに引き上げたり、マイクの音質を小さく設定してみてください。

VideoProc - 無劣化|ゲーム実況やライブ配信を無料録画

  • - シンプルで使いやすい!パソコン初心者にも簡単に使える!
  • - 録画した動画に音ズレ、録音できない問題は絶対ない!
  • - 無料で時間制限なし!高画質でPC画面の動きを録画できる!
  • - キャプチャした動画は直接にVideoProcで編集・変換可能!

対応OS:Windows 7・Mac OS X 10.6以降

推奨ユーザー:録画・ビデオ処理が好きな方

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム録画 OBS Studio使い方

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。

おすすめのアクセスランキング

  1. 1

    画質を落とさずにOBS StudioでPCゲームを高画質録画する設定方法

  2. 2

    OBS真っ黒で画面が映らない、OBSスタジオ録画できない問題を解決

  3. 3

    OBSで録画した動画が再生できない時の理由と解決方法を分かりやすく解説!

  4. 4

    Bandicam録画できない・音声が入らない・強制終了などのエラーを解決

  5. 5

    AG-デスクトップレコーダー使い方と設定方法(保存先変更、高画質録画…)