【ロゴなし】完全無料動画編集ソフト9選おすすめ|動画編集フリー

【ロゴなしの無料動画編集ソフトおすすめ

撮影・録画した動画をYouTubeやInstagram、Facebookなどに投稿する時、動画編集ソフトで動画を編集(カット・合併・エフェクト追加・BGM追加など)し、素敵な動画を作成したいだろう。

現在、無料動画編集ソフトも多いし、お金ががかからないと動画を自由自在に編集できるといいね。

でも、無料動画編集ソフトで編集した動画の最初と最後にはロゴ(ウォーターマーク)が挿入されることがあるね。で、ロゴが入らなく、無料で使える動画編集ソフトがあるのか?

さて、今回はロゴが出ない動画編集フリーソフトを厳選して皆さんにオススメする。動画編集を完全無料で存分に!

<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- VideoProc

ロゴが出ない動画編集ソフト

1位 VideoProc

VideoProc
無料版

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows 10・8…/macOS
日本語:対応
初心者向け・無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・多機能・4K対応

使いやすさ重視

ビデオ処理ソフトVideoProcは初心者向け開発された多機能な動画編集/変換/保存ソフトです。動画をカット/トリミング/分割、合併、エフェクト追加、字幕追加、クロップ、回転/反転、音量調整、ノイズ除去、GIF作成、再生速度変更、サイズ調整など基本的な動画編集機能が満載さてている。 動画/音声変換機能も搭載されているので、編集した動画をMP4,MOV,FLV,MKV,MP3,AACなど様々な形式で保存・共有できる。そして、VideoProcの無料ダウンロード機能を使えば、YouTube,ニコニコ,FC2など1000+動画サービスから動画を簡単に保存できます。因みに、録画機能も無料で使えます。

多機能ですが、動作が軽いです。VideoProcの使い方もとても簡単です。

↓Windows10でVideoProcを使って透かしなしで編集する画面↓

VideoProc
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- macXvideo

ロゴが出ない動画編集ソフト

2位 macXvideo

macXvideo
完全無料

ダウンロード 使い方

対応OS:macOS
日本語:非対応
完全無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

使いやすさ重視

macXvideoはDigiarty社により開発され、初心者向け無料動画編集/変換ソフト。カット・トリミング、結合、エフェクト追加、字幕追加、クロップ、スクリーンショット、回転(反転)、音量調整、再生速度変更、サイズ調整など基本的な動画編集機能を完備している。 また、動画変換機能と音声変換機能が搭載されているので、編集した動画をMP4,MOV,FLV,MKV,AVIなど様々な形式で保存・共有できる。

使い方も簡単だし、動作も高速だし、パソコン初心者に一番おすすめ。

↓MacでmacXvideoを使って透かしなしで編集する画面↓

macXvideo

もっと読む:【2020保存版】有料/無料Youtuberが使ってる動画編集アプリ12選おすすめ(PC向け)>>

<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- iMoive

ロゴが出ない動画編集ソフト

3位 iMoive

iMoive
完全無料

ダウンロード 使い方

対応OS:macOS/iOS
日本語:対応済み
完全無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

使いやすさ重視

iMoiveはアップル社により開発され、Mac/iPhone/iPadで使える無料動画編集ソフト。ビデオ合併、トリミング、音楽追加、ビデオエフェクト、字幕追加、静止画追加、サイズ調整など編集機能を多く提供している。タイムラインが搭載されたので、全体が見える。ムービー素材をダブルクリックでタイムラインに挿入することが出来る。

↓AppleデバイスでiMovieを使って透かしなしで編集する画面↓

iMoive
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- Shotcut

ロゴが出ない動画編集ソフト

4位 Shotcut

Shotcut
完全無料

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows /macOS/ Linux
日本語:対応済み
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

機能重視

ShotcutはオープンソースでWindows/Mac/Linuxで動作する無料動画編集ソフト。タイムラインを利用して動画のカット、結合、音楽追加、画像追加、エフェクト追加、色温度調整、GIF 変換などができる。「Shotcut」は、無料だが、高機能な動画編集ソフト。

↓Windows10でShotcutを使って透かしなしで編集する画面↓

Shotcut
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- HitFilm Express

ロゴが出ない動画編集ソフト

5位 HitFilm Express

HitFilm Express
完全無料

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows /macOS
日本語:非対応
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

機能重視

HitFilm ExpressはFXhome Ltd社によって開発された動画編集フリーソフト。無料なのに、プロ級な動画編集機能を提供してくれる。パーティクル制作、爆発・煙・雨などのシュミレーション、カラーグレーディング、キーイング、レンズフレア等のエフェクト、3Dオブジェクト読み込み(OBJ、3DS、LWO)、2D/3Dトラッキング(3Dトラッキングの場合はデータの読み込みのみ)等、VFX制作に基本的な機能を備えている。

まあ、HitFilm Expressを無料入手するには、アカンウトが必要だ。アカンウトの作成はちょっとした手間が掛かる。

↓Windows10でHitFilm Expressを使って透かしなしで編集する画面↓

HitFilm Express
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- OpenShot Video Editor

ロゴが出ない動画編集ソフト

6位 OpenShot Video Editor

OpenShot Video Editor
無料

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows /macOS/ Linux
日本語:対応済み
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

機能重視

OpenShot Video EditorはOpenShot社によって開発された永久にフリーの動画編集ソフト。トリムとスライス、アニメーションとキーフレーム、ビデオエフェクト、3Dアニメーション、タイトルエディター、スローモーションとタイムエフェクト、無制限のトラック数、オーディオ波形など動画編集機能をたくさん提供している。

↓Windows10でOpenShot Video Editorを使って透かしなしで編集する画面↓

OpenShot Video Editor
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- AviUtl

ロゴが出ない動画編集ソフト

7位 AviUtl

AviUtl
無料

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows
日本語:対応済み
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

機能重視

AviUtlはKENくんによって開発された高機能かつ使いやすい動画編集フリーソフト。動画のカット、連携、クロップ、色調補正、音声追加、リサイズなど動画の処理を行うことができる。また、動画にテキスト、画像、動画、モザイク、トランジション効果などを合成することもできる。ただし、AviUtlで様々な形式動画や素材を読みこむ・編集するにはプラグインを多く追加する必要がある。

↓Windows10でAviUtlを使って透かしなしで編集する画面↓

AviUtl
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- Lightworks

ロゴが出ない動画編集ソフト

8位 Lightworks

Lightworks
無料

ダウンロード 使い方

対応OS:Windows/macOS/ Linux
日本語:非対応
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・4K対応

機能重視

LightworksはEditShareによって開発されたプロ並みの動画編集フリーソフト。元はプロ向けの有料動画編集だったが、現在は無料で使えるようになっている。ソフトタイムラインへドラッグ&ドロップして動画、画像、音楽を追加でき、タイムラインをドラッグして移動、動画の長さ調整、不要範囲の削除などを手軽くに調整できる。

Lightworksを7日間で無料使えるが、7日以上利用する場合は会員登録すればOK。

↓Windows10でLightworksを使って透かしなしで編集する画面↓

Lightworks
<

動画編集ソフト無料 ロゴなしおすすめ- Windows Movie Maker

ロゴが出ない動画編集ソフト

9位 Windows Movie Maker

Windows Movie Maker
無料

ダウンロード 詳細記事

対応OS:Windows
日本語:対応済み
無料・ロゴ(ウォーターマーク)なし・時間制限なし・配布終了

使いやすさ重視

Windows Movie Makerはマイクロソフトによって開発されて動画編集フリーソフト。動画のカット、合併、エフェクト追加、タイトル追加、音楽追加など編集することをタームラインで簡単に調整できる。

利用者は多いが、公式配布終了で公式からダウンロードできない。

↓WindowsでWindows Movie Makerを使って透かしなしで編集する画面↓

Windows Movie Maker
編集者:鹿島湊
この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。