Windows 10でAviUtlをダウンロードする方法:AviUtl本体ダウンロードから入力/出力プラグインまで

今回はWindows 10でAviUtlをダウンロードする操作手順について詳しく紹介しようと思います。

Windowsでは、もともとWindowsムービーメーカーという無料編集ツールが搭載されていますが、2017年1月まで公式サイトより配布が終了して、ダウンロードできなくなってしまいました。

その代わりに、Windows 10などの最新OSで動画編集するとき、Aviutlよく利用されています。

Aviutlは無料でながら、有料動画編集ソフトに負けない編集機能が搭載されています。カット・結合/クロップ/音声入れ替え/ノイズ除去/色調補正などなど基本的な編集機能のほかには、拡張機能を追加することで、の映像との重ね合わせ/ゴーストの除去/各種ノイズフィルター/アニメーション編集などの高度編集もできます。

しかし、動画編集初心者の方にとって、どうやってWindows 10でAviUtlでダウンロードできるか悩んでいます。だって、その操作手順がかなり複雑そうです。

だから次は、Windows 10でAviUtlを使って動画を編集したい方のために、Windows 10でAviUtlをインストールする方法を画像付きで説明します。

高性能で初心者で扱いやすい- VideoProc

動画編集ソフトVideoProcは初心者向けの動画編集ソフトで、カット、トリミング、字幕追加、ウォーターマーク追加などの編集が手軽に行える。外部コーデックのインストールが不要で、編集して終わった動画をMP4, MOV, AVI, FLV, MKV, MP3などにエンコード(出力)して、お使いのメディアプレーヤーやスマホで自由に楽しめる。

Windows 10でAviUtlをダウンロードステップ1:フォルダーを作成

 

AviUtlをダウンロードするとき、AviUtl本体だけでなく、高度編集機能を利用したい場合、プラグインを追加する必要があります。次はAviUtl本体とプラグインを追加する方法を紹介します。

パソコンでフォルダを作成する手順:

 

まずは、Windows 10パソコンでAviUtlを保管するフォルダーを作成します。

AviUtlはインストーラーはなく、ダウンロードしたZIPファイルを解凍する必要があるから、事前にpcでフォルダーを作成してから、ZIPファイルをそのフォルダーに移動することができます。

@、PCから、画面左下のスタートマーク(Windowsマーク)を右クリックし、「エクスプローラーを開く」をクリックします。

A、コンピューターのCドライブを開いて、空白のところで右クリックして「新規作成」→「フォルダー」の順でクリックして新しいフォルダーを作成して、好きな名前へ変更します。(ここで名前をeditorにします)

 

B、さっき作成した「editor」をフォルダー開いて、新しいフォルダー「AviUtl」をさらに作成します。「AviUtl」を開いて「Plugins」という新しいフォルダーを作成します。

Windows 10でAviUtlをダウンロードステップ2:本体ダウンロード

Windows 10でAviUtl保存のフォルダーを作成した後、AviUtl本体ダウンロードしましょう。

Windows 10でAviUtl本体ダウンロード手順:

@、「AviUtlのお部屋」というサイト(http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/)にアクセスして、ダウンロードのところで「aviutl100.zip」をクリックすると、AviUtl本体ダウンロードできます。

拡張編集Pluginの下で「exedit92.zip」をクリックして拡張編集Plugin本体をダウンロードします。

A、「aviutl100.zip」を開いて、ダウンロードしたファイルを解凍します。そしてAviUtlのファイル内の3つのフォルダーをコピーして、「Cドライブ」→「editor」→「AviUtl」の順でクリックしてさっき作成したフォルダーにペストします。

同じ方法で、「exedit92.zip」のものもさっき作成した「AviUtl」へコピーします。

A、「aviutl100.zip」と「exedit92.zip」のものを「AviUtl」へコピーした後、下図のようになります。

Windows 10でAviUtlをダウンロードステップ3:入力プラグインダウンロード

AviUtl本体ダウンロード済みですが、AviUtlそのままだと、Avi形式などの一部のフォーマットの動画データや画像データしか入力できませんから、入力プラグインダと出力プラグインダも一緒にダウンロードする必要があります。

Windows 10でAviUtl入力プラグインダウンロード:

@、入力プラグインダウンロードサイトRePOPn(http://pop.4-bit.jp/)へアクセスして、「L-SMASH etc.」→「L-SMASH Works r935 release2 」の順でクリックして、表示されたページでダウンロード「L-SMASH Works r935 release2」をクリックして、入力プラグインをダウンロードします。

A、「L-SMASH Works....zip」を開いて、色んなフォルダとファイルの中で、下図のように「.au」で始まる4つのファイルをコピーして、「Cドライブ」→「editor」→「AviUtl」→「Plugins」の順でさっき作成した「Plugins」フォルダーへペストします。これで入力プラグインはダウンロードできました。

Windows 10でAviUtlをダウンロードステップ3:出力プラグインダウンロード

AviUtl本体や入力プラグインダをダウンロードした後、最期に出力プラグインダをダウンロードすればindows 10でAviUtlをインストールことが終了です。

Windows 10でAviUtl出力プラグインダダウンロード:

@、出力プラグインダウンロードサイトrigayaの日記兼メモ帳(https://rigaya34589.blog.fc2.com/)へアクセスして、画面右側に「いろいろ」というサイドバーがあり、そこにAviUtlプラグインという項目を見つけて、「x264guiEX 2.xx」をクリックします。

A、「x264guiEX 2.xx」をクリックすると、OneDriveのページが開きます。neDriveの中にある「x264guiEx_2.〇〇.zip」をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードした「x264guiEx_2.〇〇.zip」を開いて、中にある「auo_setup.exe」をダブルクリックで開いて、「x264guiEX setup」の画面が開きます。「・・・」をクリックして「aviutl.exe」が置いてある場所を指定します。

B、「PC」→「OS(C:)」→「editor」→「AviUtl」の順で進んで、「AviUtl」フォルダを指定した後、「次へ」をクリックすると、出力プラグインインストールが始まります。「インストールが完了しました。」と表示されたら、「終了」をクリックしてとインストールが終了です。

ダウンロードした「x264guiEx_2.〇〇.zip」を開いて、中にある「auo_setup.exe」をダブルクリックで開いて、「x264guiEX setup」の画面が開きます。

この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。