【iMovie Windows版】Windowsで使えるiMovieのような動画編集無料ソフトをおすすめ!

米Apple社が開発&配布する動画編集ソフト「iMovie」は独自で魅力と使い勝手の良さで、愛用者がたくさんいるようです。

パソコンの機種変更とかの原因で、使い慣れるiMovieをWindowsに入れて利用し続けたいかもしれません。

だが、そういう気持ちがわかるが、現時点ではWindowsでiMovieを使うことができません。

あくまでもWindowsで使えるiMovieと似ている動画編集ソフトしかないです。

今回の記事では、「iMovie Windows版」とされて、iMovie のようなWindows動画編集ソフトをおすすめします。

目次

「完全無料で使える」iMovieのようなWindows動画編集ソフトおすすめ

「無料体験可能」iMovieのようなWindows動画編集ソフトおすすめ

    iMovieの特徴

  • @.誰でも無料に使い放題です。
  • A.操作が簡単で、動画にロゴが出ません。
  • B.初心者〜中級者向け、ちょっとした操作で立派な動画を作成可能。
  • C.基本的な編集機能が一通り搭載。
  • D.本格な動画を作成するには機能が少し物足りない。

    Windows用動画編集ソフトの現状

  • @.iMovieに近いWindows用動画編集ソフトといえば、無料で使えるものは殆どないです。
  • A.無料でダウンロードできるっていう触れ込みのものも多くは有料ソフトの体験版です。
  • B.なお、少し操作性と機能性を犠牲すれば、無料なものが見つかられます。

以下の内容は有料版と無料版に区分けて、iMovie Windows版動画編集ソフトを推薦します。

<

1位:VideoProc

対応Windows OS:7/8/10

VideoProcとは、超初心者むけ、ちょっとした操作でプロ級の動画が作れる動画編集フリーソフトです。

WindowsとMacのいずれも対応可能なので、iMovieのかわりになってよく働いていきます。

それに、録画機能も搭載して、PC画面やゲームを録画してからすぐお好きのように編集することができます。

 
無料なiMovie Windows版ソフト:VideoProc

VideoProc特徴:

  • @.iMovieに比べて直感的で圧倒的に扱いやすく配慮されています。
  • A.GoProやドローン、ビデオカメラやiPhoneなどで撮影した超高画質映像(8K・4K)を素早く処理可能です。
  • B.ちょっとした操作で自分で撮影や録画した動画をYouTubeやTwitterへ投稿できるレベルに仕上げます。
  • C.編集機能は豊富で、圧縮、フィルタ・エフェクト、視覚効果、連結、分割、字幕、ノイズ除去、手振れ補正、回転反転などができます。

iMovieに比べると、物足りないほどの簡単お手軽低機能だと印象深いです。

動画編集の初心者にとって非常に使いやすくて便利なのですが、中級者〜上級者にとって、その価値は若干落ちます。

要するに、VideoProcは初心者の方に絶対オスメスしたい入門級のWindows動画編集ソフトと思います。 

<

2位:Windowsムービーメーカー

  

マイクロソフトが開発した動画の製作・編集に使われる無料なソフトです。編集機能はiMovieに勝るとも劣らないレベルです。

元々はWindows OSに標準搭載されていたが、2017年初めに開発・公開が終了となりました。

現在、Windowsムービーメーカーを続けて利用したいなら、保証は一切ない個人のブログなどから入手するしかないです。

 
無料なiMovie Windows版ソフト:Windowsムービーメーカー

Windowsムービーメーカーの特徴:

  • @.お金が一切かからずに、誰でも完全無料で使えます。
  • A.ログや透かしはありません。
  • B.使い方はめちゃくちゃ簡単で、超初心者でも割りと直感で扱えます。
  • C.動画分割、不要な部分削除、音楽挿入、タイトル、キャプション追加、シーン切り替え、フィルターと基本な編集機能が搭載されています。
  • D.マイクロソフト純正の動画編集ソフトなので、Windowsと互換性も高くてサクサク動作してくれます。

ただし、このiMovie Windows版ソフトもうデメリットがあります。

まず、書き出すファイル形式がWMV、AVI、MP4形式のみに限られています。

そして、高度な映像の制作や編集には機能面では物足りない感じをします。

    注意

  • ※Windowsムービーメーカーは2013年までWindows Liveムービーメーカーと呼ばれて提供されています。Windows LiveムービーメーカーはWindows 10で使うことは使うが、手動でダウンロードとインストールの手間が必要です。

もっと読む:無料&安全|初心者向けの動画編集ソフトフリー版おすすめ!【2019最新保存版】>>

<

3位:AviUtl

対応Windows OS:7/8/10

AviUtlとは、20年以上の歴史を持つKENくんによって開発されたWindows用動画編集フリーソフトウェアです。

無料でここまでできるのか、ってぐらいの高性能ソフトという感じです。

元々は各種コーデックで動画を圧縮するにはよく使われているが、編集機能も実用性が高くて重宝されています。

特に、ゲーム実況動画を作成して、YouTubeやSNSへ投稿したい方にとって、AviUtlはいい仲間です。

 
無料なiMovie Windows版ソフト:AviUtl

AviUtlの特徴

  • @.無料で使える定番Windows用動画編集ソフトです。
  • A.ログや透かしはありません。
  • B.拡張プラグインを入れれば有料ソフト顔負けの機能を発揮します。
  • C.利用可能な編集機能はソフトにインストールしたプラグインに依頼します。

もちろん、AviUtlはデメリットもあります。

例えば、拡張編集プラグインの導入や設定がちょっと面倒です。

それに、プラグインなどを入れなければ使いにくいです。

また、すでに開発終了なので、使用中で発生した問題やバグが修正される可能性がありません。

もっと読む:Windows 10でAviUtlをダウンロードする方法:AviUtl本体ダウンロードから入力/出力プラグインまで>>

<

Windows用動画編集ソフトウェアには無料体験版という試用できるプログラムが存在します。

無償使用の有効期間であれば、無料ソフトに相当します。

次の内容では、3種類の無料体験版が利用できるiMovie Windows版ソフトを紹介します。

<

「有料」iMovieのようなWindows動画編集ソフトおすすめ

1位:Filmora(フィモーラ)

対応Windows OS:7/8/10

通常価格:6,980円(税込)

Filmoraとは、初心者から中級者向けPC向け有料な動画編集ソフトウェアです。

iMovieより、多彩な編集とエフェクト機能が搭載して、地味な素材から映画のような派手な動画を作成できます。

YouTuberにも人気が高くて、ゼロから専門なYouTuberになりたい方にとっていい選択肢と誇っています。

無料なiMovie Windows版ソフト:Filmora(フィモーラ)
 

Filmora特徴:

  • @.基本編集機能はもちろん、お洒落で使い勝手のよいエフェクトを初めからテンプレートとして用意しています。
  • A.タイトルやトランジションョン、モザイク、クロマキー、逆再生など高度な編集機能もあります。
  • B.ソフトで編集後の動画を直接にYoutubeにアップロードしたり、空きのDVDへ書き込んだりすることも可能。
  • C.動画編集を量産しやすくて、YouTube動画作成1つの素材で動画を量産することが簡単にできます。

ただし、無料体験版だと完成した動画にすっごく大きい上に半透明じゃないロゴがつきます。

嫌なログのため、Filmoraは使えたもんじゃないという文句が少なくないです。

また、有料ソフトにしては機能が少ないという批判もあります。

ところが、編集機能が上位な動画編集ソフトだと3万円以上かかります。

いずれにせよ、Filmoraは6,980円分の価値があると答えは微妙で人によって違います。

もっと読む:2019おすすめ動画編集ソフト比較資料|無料・有料・初心者からプロまで>>

<

2位:Power Director(パワーディレクター)

対応Windows OS:7/8/10

通常価格:7,744円(税込)

Power Directorとは、高画質のままで動画編集を行うことができるWindows用ソフトです。

20年近く長い歴史を持ってよく評判されていて、初心者から上級者まで幅広い層のファンがあります。

現時点では、2018年9月にリリースされたPowerDirector 17は「Power Directorシリーズ」の最新バージョンです。

それに、Power DirectorはiMovieの逆で、Macで使えないがWindowsだけ使えます。

無料なiMovie Windows版ソフト:Power Director(パワーディレクター)

Power Director特徴:

  • @.基本編集機能以外、エフェクト、トランジション、パーティクル、字幕などのFilmoraに劣ってない高機能もあります。
  • A.オンラインコミュニティサイトDirectorZoneやFreeSoundなどからビデオ編集素材を無料ダウンロード可能。
  • B.Filmoraと同様に、編集後の動画をYouTubeやニコニコ動画へ投稿するや、DVDへ焼くことができます。
  • C.64bitのWindows OSと各種ハードウェア支援技術をサポートするため、動作が軽快、処理速度が高速。
  • D.フィルターが豊富でやり込み度は高く、各エフェクトの微調整もしやすいです。

ところで、Power DirectorはiMovieのようなWindows動画編集ソフトとして申し分ないわけではありません。

全体的に言えば、タイムラインの基本操作がかなり使いにくいので、使い慣れるまでやや時間かかります。

もっと読む:【厳選】無料動画編集ソフトおすすめランキング8選!フリーと簡単>>

<

3位:VideoPad(ビデオパッド)

対応Windows OS:7/8/10

価格:7,000円(税込)

VideoPadとは、かつて無料たが現在は有料になっているWindows用の有料動画編集ソフトです。

 

初心者でも使いやすいのに本格的な動画編集ができる機能を搭載すると自慢します。

期間限定で有料版の機能を全て無料でも使えるが、いわゆる有料版の無料お試しのようなものです。

使用期限が切ったら、動画の書き出し回数など、編集機能が大幅に制限があります。

無料なiMovie Windows版ソフト:VideoPad(ビデオパッド)

VideoPad特徴:

  • 2.シャープ、ぼかし、明るさ補正、色調補正などを含め40種類以上のフィルタを利用できます。
  • @.動画トリミング、結合、50種類以上のエフェクト、切り替え効果、手ぶれ補正、BGMや透かし追加ができます。
  • A.360度動画の編集に対応できるし、編集後の動画をDVDに焼くにも、YouTubeアップロードにも可能。
  • B.編集中で動画ファイルを劣化させず、ソースファイルと比べてオリジナルの画質を保つことができます。
  • C.有料なWindows動画編集ソフトとして、特に高額なものと比べて、使い方の簡単さは抜群です。

上記書いた通り、無料版だと、試用期間はが過ぎたら、VideoPad本体がまったく使えなくなるのです。

例えば、動画形式での保存ができなかったり、アニメーションを挿入しても複雑な動きができなかったり、タイトルやコメントに好みのフォントを使用できない状態になります。

<
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。