ホーム動画変換・編集 DJI動画編集方法おすすめ

パソコン・スマホで使えるDJI動画編集ソフト&アプリおすすめ【2019年最新版】

ドローン大手DJIは近年ますます大人気となり、ドローン市場の世界シェアは8割以上を独占している。

DJIで撮影した動画の画面サイズをクロップしたい?DJIで空撮した動画をカットして保存したい?DJIで撮影した複数のクリップを結合したい?DJI動画編集ソフトを使って雑音を除去したいのか?DJIで撮影したH.265ビデオファイルをYoutubeにアップロードしたいのか?撮影後のDJI動画の色調を細かく調整したいのか。DJIの4K動画から静止画を抜き出して画像と使いたいのか。もしそうでしたら、DJI動画編集ソフト&アプリを利用する必要がある。

有料・無料DJI編集ソフト・アプリは数多く存在しているが、使いやすそうなものをまとめてみた。

ドローンGoPro/DJI動画編集ソフト、初心者もプロも楽しめる
DJI動画編集

VideoProc ― デジタルカメラ、DSLR、SONYアクションカム、車載搭載用CAR DVR、ドローン/GoPro/DJIで撮った映像を編集するために専門的な映像編集ソフト。簡単に映像ファイルを取り込み、手軽に編集して保存できる。パソコン/iPhone/iPad/Androidスマホ/タブレットに超高解像度映像の保存も変換も補正も、Twitter/Instagram/Lineに映像共有も、このソフトで一番便利!

DJI GO動画編集作業が超簡単|パソコン・スマホで使えるDJI動画編集ソフト&アプリ

DJI動画編集を行うにはソフトウェアかアプリケーションが必須。ソフトウェアの場合は、安定性が高く、動作も軽く、機能が豊富というメリットがあるが、アプリケーションの場合はインストールなしで直接iPhone&Androidで作業を行い、便利と思う人はいる。

まず、はじめはDJI動画編集PC版(ソフトウェア)をいくつか厳選してまとめてみた。

Part1:DJI動画編集PC版(ソフトウェア)おすすめ
  1. iPhone/Android本体のストレージ容量を節約するため、PCでDJI動画を編集したい人は多いだろう。例えば、DJI Phantom/DJI Mavicで撮影した4Kドローン映像を編集するために、PCの方がスマホより快適に完成できる。
  2. ここでは、DJI動画編集パソコン版(無料&有料ソフトウェア)をまとめてみた。

DJI動画編集パソコン用ソフト:VideoProc

DJI動画編集

価格:3680円(無料体験版あり)

読込みフォーマット:MP4、MOV、MKV、M4V、FLV、DIVX、XVID、HEVC、H.264、AVI、MPG、MPEG、VOB、3GP、MP3、M4A、WMA、WAV、OGG、AC3、AACなど

出力形式:H265(HEVC)/MP4/MOV/4K/AVI/MKV/FLVなど

対応OS:最新Windows&Mac

推奨ユーザー:初心者

特徴・レビュー:安価、使いやすさ、簡易編集機能;Intel/AMD/NVIDIAハードウェアアクセラーレーション

できること:
  • ◆ DJI編集ソフトの代表と言えば、DigiartyのVideoProc(ビデオプロク)だと思う。
  • ◆ DJIで撮影したH.265/H.264/MP4/MOVビデオファイルに完全サポートしている。
  • ◆ また、編集機能に関しては、ノイズ・雑音除去、手ブレ補正、回転&反転、再生スピード&音量調整、字幕・エフェクト追加、カット&トリム、クロップ、結合、透かし・ウォーターマーク追加、レンズ補正、鮮明化、ペンキ、エンポス、エッジ検出、着色、ビネット、ブラー、テクニカラー、明るさ・コントラスト・色調・ガンマ・再度調整などといった機能を持ち、自由にカスタマイズできる。
  • ◆ ハードウェアアクセラレーションに対応しながら、高品質エンジン、インターレース解除技術を搭載するため、元のDJI動画から品質を落とせずに爆速でDJI動画を編集できる。
  • ◆ 体験版では5分まで編集が可能となっていることをご注意ください。

DJI動画編集パソコン用ソフト:iMovie

DJI動画編集

価格:無料版

読込みフォーマット:AVCHD/MPEG4/MPEG2/QuickTimeムービー/HDV/DV

出力形式:MPEG4/QuickTimeムービー

対応OS:macOS High Sierra 10.3.2以降;iPhone&iPad用のアプリもあり

推奨ユーザー:初心者

特徴・レビュー:操作しやすい画面、Appleらしいソリューション

できること:
  • ◆ iMovie(アイムービー)は、Apple社から開発された動画編集ソフトである。操作が簡単で、DJI編集の初心者の方でも簡単に高画質な動画を作れる。
  • ◆ 動画編集機能については、クリップ(素材)のカット、音楽・効果音・録音の挿入、画像・テキスト・トランジションの挿入、再生速度の可変、オーディオエフェクト、クリップフィルタ、クロップ、色調補正、ホワイトバランス調節、サウンド調節、手ブレ補正などがある。
  • ◆ 更に、iPhone用アプリケーションも配信されていて、iPhoneでDJI動画編集を行いたい場合にもおすすめ。

DJI動画編集パソコン用ソフト:CyberLink PowerDirector

DJI動画編集

価格:14,155円

読込みフォーマット:H.264/H.265/ Side-by-Side Video/ Top-under Video/3GPP2/FLV/DAT/DivX/WebM (VP9)/Opus/WAV/MP3/HEIC/MPO/JPS/RAW/360度写真など

出力形式:3D動画/H.265(HEVC) /2K/4K/AVCHD/MPEG-4/MPEG-2/DV-AVI/360度動画/AAC/WMA/LPCMなど

対応OS:Windows7以上(64bit版推奨)

推奨ユーザー:初心者〜中級者

特徴・レビュー:nVidia、Intel、AMDハードウェアデコーディング;Dolby&DTS 5.1 の 取り込み・書き出し

できること:
  • ◆ CyberLink PowerDirector(サイバーリンク・パワーディレクター)は最も有名な動画編集ソフトで、DJI GO動画編集もサクサクと行える。主な機能がたくさんありながら、サポートされているビデオ・オーディオフォーマットも数多く、大勢の方々に愛用されている。
  • ◆ 編集機能に関しては、3D編集、画質補正、音声編集、回転、切り取り、パーティクルエフェクト、文字・画像挿入、早送り・スローモーション、各種エフェクト追加、ノイズ低減、手ブレ補正、彩度・輝度調整、マルチカムデザイナー、字幕ルーム、プレカット編集、複数色指定クロマキー合成、イメージシークエンスとして書き出し、360 度手ぶれ補正、歪み補正(レンズ、色)、BGM追加、テロップなどといった非常に充実した編集機能を持つ。
  • ◆ 特に、360度ビデオの編集機能を装備している点が目立つ。360°リトルプラネット動画、ビデオコラージュ機能、カラーマッチ機能、オーディオダッキング機能などの新しい機能が追加された。

DJI動画編集パソコン用ソフト:Final Cut Pro

DJI動画編集

価格:34,800円(無料体験版があり)

読込みフォーマット:HEVC/AVCHD/DV/Canon Cinema RAW Light/HDV/H.264/iFrame/MPEG/XAVC/XDCAM/AAC/AIFF/MP4/MP3/WAV/BMP/GIF/HEIF/JPEG/3GP/MOV/MXFなど

出力形式:Apple ProRes/AVC-Intra Class/DV/DVCPRO HD/HDV/MPEG/MXF/XDCAM HD/MOVなど

対応OS:macOS 10.13.2以降

推奨ユーザー:初心者〜中級者

特徴・レビュー:快適なパフォーマンス、Apple純正で安全性が高い;色域の広いRec.2020カラースペースのビデオの読み込み、編集、書き出しに対応

できること:
  • ◆ Final Cut Pro(ファイナルカットプロ)は、Apple社製の動画編集ソフトで、インターフェスや操作性の面ではAppleらしく、DJI GO動画編集を始める方にとっては使いやすいと感じる面が多い。
  • ◆ 編集機能に関しては、カット、トリム、BGM音楽追加、テキストテロップ(タイトル)挿入、トランジション効果、動画・写真の取り込み、再生スピード調整、テロップ、デザイン変更、文字色、サイズ変更、360°ビデオ編集、カラーグレーディング、VRヘッドセットでの再生、ProRes RAW、クローズドキャプションなどといった先進的な機能を持ち、高画質・無劣化でDJI GO動画を編集できる。
Part2:DJI動画編集iPhone&Android版(アプリケーション)おすすめ
  1. DJI Mavic 2 ZOOM/DJI Mavic2 PRO/DJI MavicAIR/DJI phantom4 Pro/DJI phantom4 advance/ DJI Mavic PRO/DJI SPARK/DJI Inspireといった機種があり、それらDJIドローンで撮影した動画がDJI製ドローンの制御アプリDJI GOに保存されている。
  2. だから、DJI編集ソフトを使わずにDJI動画編集をしたい方にとっては、アプリケーションの方が便利だと思う。ただし、アプリケーションを使う場合、サイズが小さいDJI動画の方が最適。サイズが大きいDJI動画を編集する場合は、上記で紹介されたDJI編集ソフトの方が一押し。

DJI動画編集iPhone&Android用アプリ:DJI GO 4

DJI動画編集

DJI GO4アプリは、DJIの全ての最新製品にサポートしていて、リアルタイムでDJI映像転送やカメラ設定、DJI動画編集、動画共有を行える。使い方が分かりやすく、簡単にDJIで撮った動画を編集する場合は、DJI GO4は一押し。

DJI GO4の動画編集機能については、BGM(楽曲)・film追加、エフェクト追加、再生速度調整、色調整、フィルター付け、音量調整、チルト移動などが提供していて、自由に完璧な動画を作れる。

メリット::
  • ◆  DJI GO4アプリ内に動画が入っているためiPhone/iPad/Android内で編集が完結。
  • ◆  エフェクトを追加することが可能。
  • ◆ 動画に楽曲(BGM)を追加できる。
デメリット:
  • ◆  BGMの種類が少ない。
  • ◆ 編集されたDJI動画の画質が悪くなる

DJI動画編集iPhone&Android用アプリ:PocketVideo

DJI動画編集

iOS9.0〜/Android4.3〜で使える無料で使えるDJI編集アプリ。

使い方が簡単で、数回タップだけでDJI動画編集作業が完了できる。例えば、クリップの長さの調整、フィルター追加、タイトルやテロップ追加、GIFアニメ作成、速度調整、Youtubeアップロード、画面回転など。

メリット::
  • ◆ GIF動画が作れる。
  • ◆  編集されたDJI動画を直接でYoutubeに共有できる。
  • ◆ テンプレートが豊富
デメリット:
  • ◆ 時々不具合が発生、強制終了されたことがある。
  • ◆ 反応が遅すぎ

DJI動画編集iPhone&Android用アプリ:Muvee Action Studio

DJI動画編集

Muvee Action StudioはDJI動画編集はもちろん、GoPro/ Parrot/ 3D Robotics/ Typhoon(タイフーン)などで空撮したドローン動画を編集することが可能。最大な特徴は、使いやすさと軽さ。

編集機能も数多く、テキスト・画像挿入、早送り・スローモーション調整、フィルター追加、彩度・カラー調整、トリム、BGM追加、フレームレート調整、Facebook/YouTube/Instagram共有など。

メリット::
  • ◆ 編集機能が充実していて、自由に選べる。
  • ◆ 使いやすくて、動作も軽い
メリット::
  • ◆ アプリ本体は日本語化されていない

DJI動画編集iPhone&Android用アプリ:Snapseed

DJI動画編集

Snapseedは写真編集アプリとして最も有名、DJIで撮った動画&写真(画像)を編集したい方は、このDJI編集アプリは一押し。

シミ除去、ブラシストラクチャやフィルタ追加、サイズ圧縮などといった機能を持ちながら、ディテール、レンズぼかし、ホワイトバランス、ビンテージ、周辺減光、グランジ、ノワールなどといった写真編集機能も備える。

メリット::
  • ◆ 無料で使える。
  • ◆ DJI動画編集だけではなく、DJI写真を編集することが可能。
メリット::
  • ◆ Android版しか提供していない

まとめ!

初心者〜中級者向け、パソコン・スマホで使えるDJI動画編集ソフト&アプリおすすめをご紹介したが、いかがだっただろうか。

今回ご紹介したDJI編集ソフト&アプリは全てシンプルなもので、機能も充実していて、対応OSや機能を比較しながら、最適なものを選んでください。

パソコン・スマホで使えるDJI動画編集ソフト、初心者もプロも楽しめる

VideoProc ― ドローン/GoPro/DJIで撮った映像を編集するために専門的な映像編集ソフト。簡単に映像ファイルを取り込み、手軽に編集して保存できる。パソコン/iPhone/iPad/Androidスマホ/タブレットに超高解像度映像の保存も変換も補正も、Twitter/Instagram/Lineに映像共有も、このソフトで一番便利!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム動画変換・編集 DJI動画編集方法おすすめ

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。

おすすめのアクセスランキング

  1. 1

    【高画質】DJI/Mavicなどドローンで撮った動画をスマホでみる一番簡単な方法

  2. 2

    DJIドローンの映像編集ソフト〜PCでDJI動画編集できる┃DJI動画編集 PC版

  3. 3

    ドローン/空撮/DJI編集ソフトオススメ!有料無料両方、初心者もプロも向け

  4. 4

    ドローン動画編集ソフトおすすめ〜初心者でも簡単にドローンで空撮した動画を編集できる

  5. 5

    ドローン空撮動画編集┃パソコンでドローン動画編集する方法を紹介