VideoProc - DJI制ドローンを当てよう!YouTubeチャンネル登録&コメントキャンペーン!
人気のドローンが勢揃い!抽選で5名様に豪華賞品をプレゼント!さらにVideoProcライセンスコードもれなく全員

抽選結果は公式 Twitter アカウント上で発表します

DJI Mavic Air(104,000円)

DJI Tello
(12,800円)

SanDisk microSD
128G カード(3,780円)

Videoproc
ライセンスコード

今すぐ参加する
締め切り:2018年12月24日
ステップ1
YouTube 公式チャンネルに登録してね!
ステップ2
ドローン編集知識について、ご感想を投稿

VideoProcのYouTube公式チャンネル登録& コメントでプレゼント!

抽選方法とキャンペーン概要はキャンペーン要項にてご確認ください。

ホーム動画変換・編集 分かりやすいドローン動画編集方法

初心者がドローン動画を編集するためのおすすめ入門ソフト | 基本的なドローン動画編集方法

ここ数年、ドローンの数は急激に増加し、ドローンで撮影した空撮映像もYoutubeやツイッターで大人気を集めます。その圧倒的な臨場感やリアリティ、現行ハイビジョンを超える超高画質(4K・8K)、地上からでは決して見ることのできない真俯瞰の風景は、多くの人々を魅了してきました。

キレイ!オシャレ!ドローンで撮影動画を編集したい!!!

ドローン動画編集方法

ところで、Youtubeやツイッターで見たドローン動画はオリジナルのままでアップされるわけではないです。その前に、必ずと言っても過言ではないほどより美しく、綺麗に見えるように丁寧に編集を行うのです。

今回の記事では、自分で撮影したドローン映像をプロのようなかっこいい動画に仕上げたい初心者向け、ドローン動画編集入門ソフト「VideoProc」をおすすめしたいです。「VideoProc」があれば、基本的なドローン動画編集作業は超カンタン!

ドローン動画編集入門ソフト「VideoProc」の特長

以上のような程度の単純作業であれば、プロも利用するような有名ソフトはベストな選択とはなかなか言えません。プロ向けの編集ソフトは自身の考えているイメージを作品として作り上げるための機能が豊富に備わっているのですが、「動画編集にチャレンジしたい」という方の入門用としては手が出せません。

そのかわりに、プロ向けの編集ソフトの補充に便利な「VideoProc」は抜群。
ドローン動画編集方法

●デザインは初心者向け非常にシンプル
操作方法はわかりやすく、ちょっとした操作で動画が編集できます。

●ドローン動画編集ソフトに求められる必要な機能と便利な機能を一通り搭載
トリミング・カット、圧縮、フィルタ・エフェクト、色相・彩度・明度・ガンマ・色調補正、フォーマット変換、クロッピング、画面回転 /反転、動画連結、字幕検索と追加、音声入れ替え、フレームレートの変更、音声抽出、複数のクリップ作成、レンズ補正、GIF作成、ノイズ除去と全部対応可能。

●編集後、無劣化出力やリサイズや変換出力も可能
出力動画をYoutube、Twitter、Instagram、Facebookへ投稿したり、各種端末iPhone、iPad、Android、Xperia、Galaxyに取り込んで再生したりすることができます。

●最先端ハードウェア・アクセラレーション技術をサポートする
ドローンで撮影した高画質映像(4k・8K)も素早く読み込みますし、従来のツールより、動画処理速度は2〜3倍アップします。

さて、VideoProcを利用してドローン動画を編集しましょう。

事前準備: VideoProcをダウンロードしてインストールします。お使いのパソコンのOSに対応するWindows版またはMac版を選択します。インストールが完了すれば、ソフトを起動して次に進みます。

ドローン動画編集方法

step1:VideoProcのメイン画面で「ビデオ」ボタンをクリックして、動画編集の専用画面に入ります。

ドローン動画編集方法

step2:編集したいドローン動画映像ファイルをVideoProcに読み込ませます。画面上部の「ビデオ」または「動画フォルダ」をクリックするか、フォルダから直接ソフトの指定した領域にドラッグ&ドロップしてください。

読み込みが終わったら、下記のような画面になります。
ドローン動画編集方法

▼.YouTube、SNSへアップするために、ドローン動画をトリミング(カット編集) 

YouTubeや各種SNS(Facebook、Twitter、Pinterest、Instagram)サービスへ投稿できる動画の形式や容量(サイズ)、時間の長さに制限があります。これらの制限を超過していることでアップロードできない悲劇がよく発生してしまいます。

解決策として、動画ファイルをトリミングやカットすれば問題解消。

VideoProcを使ってドローン動画をトリミング・カットする方法

ドローン動画編集方法

step1:VideoProcに読み込まれた動画の下側にある「トリミング」アイコンをタップします。そうすると、動画をカット・トリミング専用画面になります。

step2:スライドバー上に、緑の四角形が2か所と、白い矢印の再生インジケーターがあります。この緑の四角形で挟まれた範囲が「残す場所」、その外側が「削除する場所」になります。

● この緑の四角形をドラッグで移動させて範囲を選択することできます。

● スライドバーの後ろにある黄色い「トリミング」アイコンをクリックしてから、「編集」アイコンを押して、「開始時間」と「終了時間」の秒数を指定することによってトリミングする範囲を選択することもできます。

★ ちなみに、この黄色い「トリミング」アイコンをタップするごとで、新しいクリップが作成されます。これによって、複数のクリップを1つのクリップとしてまとめて出力することができるようになります。

step3:選択しおえたら、「完了」をタップします。

step4:「Run」ボタンをクリックすれば完了。後は待つだけ。

▼.手ぶれが発生したドローン映像に手ぶれ補正のエフェクトをかける

ドローンは風の影響を受けやすいです。地上では風がないと感じでも、上空では風が吹いていることがあります。風速が毎秒5メードルを超えると、ドローン自体の飛行は可能であるものの、撮影した映像には揺れや微震動が出ます。

さて、VideoProcを利用してドローン映像を手ぶれ補正しましょう。
ドローン動画編集方法

step1:対象の動画をVideoProcに読み込まれると、画面の下部にある「ツールボックス」から「手ぶれ補正」をダブルクリックします。

ドローン動画編集方法

step2:すると、「手ぶれ補正」設定のダイアログボックスが開いています。手ブレ率や検出プロセスの精度、ステップ幅及びコントラストを設定することで、ドローンで撮影する動画の手ぶれを抑えることができます。

step3:設定が完了したら、右下の「完了」ボタンを押します。

step4:最後は、「RUN」ボタンをタップすると、ドローン動画を手ぶれ補正する作業が開始。

VideoProc手ブレ補正の効果を検証してみます。
テスト結果

▼左側が手ブレ補正無し、右側が手ブレ補正有りの映像です。元映像よりもブレが大幅に軽減されていることが良く分かります。画角が異なるのはブレ分をカットしているからなのですが、元映像から大きく異ならない画角でこれだけソフトウェア側でブレが軽減できるのは凄いです。

提供:https://garumax.com/videoproc-181029

▼.ドローンの空撮映像に入り込んだ風の音など雑音・ノイズを除去する

ドローンで撮影した映像に風の音など無駄な背景雑音やノイズがものすごく入って本当に困りますよね。その時、VideoProcを使って、映像から、ディテールを失わずに、ノイズだけを簡単に自動除去できます。

ドローン動画編集方法

step1:映像ファイルの読み込みが完了後、画面下側にある「ツールボックス」から「ノイズ除去」をダブルクリックします。

ドローン動画編集方法

step2:すると、「ノイズ除去」設定のダイアログボックスが開いています。画面の右側にある「雑音を減らす」の下部に、「ローパス」と「ハイパス」の数値を調整します。一般に人が聞き取れる低周波音の周波数範囲は20Hz〜250Hz、高周波音の範囲は5KHz〜16KHz程度とれされています。

★ローパス(フィルタ)とは、特定の周波数以外の信号を遮断する機能を持つフィルタのうち、低域周波数のみを通過させるフィルタのことです。
★ハイパス(フィルタ)とは、周波数フィルタと呼ばれる回路の一種で、ある周波数を境目としてそれよりも高い周波数のみ通過させる性質をもった回路のことです。

step3:調整が終了したら [完了] をクリックします。

step4:最後は、「RUN」を押すとドローン動画のノイズを除去する作業が完了です。

▼.ドローンの4K動画から静止画を抜き出し、高画質で保存する

ドローンでライトアップされたビル群、美しい星空、花火、イルミネーション、スポーツシーン、自撮りとどんなシーンでも想像以上超綺麗と高画質で撮影してくれます。

思い出のアルバムを作成したり、パソコンやスマホの壁紙に使ったりするために、ドローンで撮影した動画からベストショットの静止画を切り出したいかもしれません。

以下の内容に従って、ドローン動画から静止画を抜き出しましょう。
ドローン動画編集方法

step1:映像が読み込んだ後、ソフトの下側にある「ツールボックス」から「スナップショット」をダブルクリックします。

ドローン動画編集方法

step2:すると、「スナップショット」設定のダイアログボックスが開いています。

@.画像フォーマット形式は.pngと.jpgから選べます。
A.静止画の画像サイズを変更るするのも可能だが、元のサイズのままで指定するほうがいいと思います。
B.静止画像として書き出したいフレームを選択するには、プレビュー画面の下側にある時間調整バーをドラックするか、手動で時間を入力し、開始や終了時間を設定します。右下の「完了」ボタンをクリックする。
C. 静止画の抽出枚数を調整することで、一括で空撮動画から写真を抽出して、全フレームを静止画として保存することができます。

step3:以上の設定が大丈夫だったら、「完了」を押します。

step4:「RUN」ボタンをタップするとドローンの4K動画から静止画を抜き出し、高画質で保存する作業が始まります。

▼.ドローンで撮影した動画を画質落とさず綺麗なままで圧縮する

ドローンで撮影した映像(1080p/4K)を仮に無圧縮でキャプチャすると1分ぐらいでCD1枚程度の容量になります。映像ファイルサイズが大きすぎて、アップロードにも保存にも送信にも超不便です。場合によって、ドローン動画サイズを小さくすることが必要です。

動画の容量(サイズ)を決める要素には再生時間、解像度、ビットレート、フレームレート等があります。

それによって、通常な動画圧縮方法は以下の通り、
@.動画形式の変換。
●大きいサイズのMKV、MOV、M2TS、AVIなどの動画を高圧縮率のMP4(MPEG-4+AAC)動画、WMV動画あるいはFLV動画に変換します。
A.動画の画質に関わるパラメーターの変更。
●主なパラメーターは動画のコーデック、ビットレート、フレームレートと解像度などです。
B.動画から要らない部分のカット。
●必要の部分だけを残して、要らない部分をカットして、動画の再生時間を短縮できます。(以上ドローン動画をトリミングの内容を参照して下さい。)

画質がきれいなまま映像ファイルの容量だけを落としてくれるのはVideoProcの魅力の一つです。難しい知識や面倒な設定要らず、最大で90%程度圧縮することができます。

さて、VideoProcを利用してドローンで撮影した動画を画質落とさず圧縮しましょう。

(一)動画形式の変換によってドローンで撮影した動画を圧縮する

ドローン動画編集方法

step1:目標な映像ファイルをVideoProcに読み込んだ後、ソフトの下側に色んな出力プロファイルがあります。その中で、使いたい出力形式を選択します。

step2:「RUN」ボタンをクリックして、ドローン映像の圧縮・変換が始まります。作業が完了した後動画の形式(拡張子)が変更されます。

(二)動画パラメーターの変更によってドローンで撮影した動画を圧縮する

ドローン動画編集方法

 

step1:圧縮したいドローン映像ファイルをプログラムに追加後、「Codec」歯車アイコンをクリックすると、動画のパラメータをカスタマイズする画面が出てきます。

ドローン動画編集方法

step2:各パラメータを調整します。

●「画質/速度」スライダーを左方向にドラッグします。
●圧縮率の一番高いコーデックH.265/HEVCを選択します。4K、8K対応なH.265/HEVCは、従来の主流エンコード技術である「H.264/MPEG-4 AVC」と比較して約2倍のデータ圧縮の効率化がなされています。画質を維持したままデータ量を約半分に出来るということです。 
●「フレームレート」または「ビデオビットレート」ではより小さい数値を選択してください。ビットレートを20%~30%下げれば、肉眼では画質の劣化が分かりづらいです。

step3:以上の設定が終わると、「Done」ボタンをクリックします。これで先の設定が保存されます。

step4:「RUN」ボタンを押して、動画圧縮のプロセスが開始します。進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示されます。プログレスバーが100%になれば自動で消えて、保存するフォルダを開いて出力ファイルを確認することができます。

 

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム動画変換・編集 分かりやすいドローン動画編集方法

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2018 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

本サイトに掲載されている製品名、ロゴ及び商標に関する権利は、当社または各々の権利所有者に帰属します。

キャンペーン要項
【大賞】DJI Mavic Air(104,000円)
● キャンペーン概要

VideoProcのYouTube公式チャンネルを登録し、キャンペーン紹介動画をコメントすると、DJI Mavic Air、DJI Tello、SanDisk microSD 128Gカードがキャンペーン期間中、抽選で合計5名さまに当たる。さらにVideoProcライセンスコードもれなく全員プレゼント!

● キャンペーン期間

2018年11月29日(木)13:00〜2018年12月24日(月)23:59

● 賞品

【大賞】DJI Mavic Air/1名様

【二等賞】DJI Tello/2名様

【三等賞】SanDisk microSD 128Gカード/2名様

VideoProcライセンスコード(もれなく全員)

※ライセンスコードは全機能を永久に使えるライセンスコード(アップグレード不可)

● 応募条件

1.VideoProcのYouTube公式チャンネルを登録

2.YouTube公式チャンネルのキャンペーン紹介動画をコメント

● 抽選方法

★応募締め切り後、ユーチューブコメント抽選システムhttps://commentpicker.com/youtube.php にて厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。

★当選者の発表は動画で行います。抽選行っている画面を録画、YouTube公式チャンネルに動画をアップします。ライセンスコードも動画に記載されます。

● 当選通知

(1)当選発表

2018年12月26日(水)に、※VideoProc公式Twitterアカウント@VideoprocJpで当選者リストを公開いたします。

Twitter: https://twitter.com/VideoprocJp

(2)当選者住所入力期間

2018年12月31日(月)23:59まで

ご当選された方には、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)で賞品発送先登録のフォームを送付いたしますので、手順に沿って期限内にご入力ください。

※フォームより賞品発送先情報入力が完了した時点で当選確定となります。期限までに発送先情報の入力がなかった場合、または登録内容に不備、誤りがあった場合等、賞品をお届けできない場合、当選の権利は無効となります。

※DMを受け取るため、必ず、「VideoProc公式Twitterアカウント(@VideoprocJp)」のフォローをお願いいたします。フォローをしていないことによりDMの送付ができない場合は応募の対象外となります。

※タイムラグなどでダイレクトメッセージが遅れる可能性がございます。

● お問い合わせ

support-jp@videoproc.com 

受付時間 11:00〜17:30(月〜金曜日)

● 注意事項

以下の条件に該当する場合は当選無効となります。

※アカウントが非公開

※VideoProcのYouTube公式チャンネルを登録していない/登録解除している

※対象コメントを削除している

※YouTubeルールに反していると判断されているアカウント

※YouTubeの利用規約に反する不正なアカウント(架空、他社へのなりすまし、複数アカウントの所持など)を利用し応募があった場合、他のユーザーの迷惑となるような投稿があった場合、また本キャンペーンサイトへの不正アクセス、大量取得その他の不正行為を行ったことが発覚した場合などは、事務局の判断によりそのアカウントからの応募を無効とさせていただく場合がございます。

※お使いいただいているパソコンの環境、また一部の携帯電話ではご参加いただけない場合がございます。

※本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。