モーショントラッキングを適用する方法|VideoProc Vlogger使い方

難易度 難易度
    VideoProc Vloggerモーショントラッキング

動画編集を行う際に、たまに動きのある被写体の特定の部分を追従して編集をしたい時があります。

今回は、無料動画編集ソフト「VideoProc Vlogger」のモーショントラッキング機能を使って、動画の中にある特定のオブジェクト、人物、動物、景色などの動きを正確に追従する方法を解説します。

※お使いのOSに該当する[ VideoProc Vlogger ]バージョンをダウンロードしてインストールしてください。

VideoProc Vloggerで動画にモーショントラッキングを加える方法

 

VideoProc Vloggerを起動し、新規プロジェクトを作成してから、[ メディア ]の[ + ]アイコンで素材動画ファイルを読み込んだ後、下のタイムラインの[ 動画トラック ]にドラッグ&ドロップします。

VideoProc Vloggerで動画を結合する方法

タイムラインで動画が加工できるようになり、ツールバーにある[ モーション ]をクリックします。

VideoProc Vloggerで動画を結合する方法

@、手動でモーショントラッキングを適用:
表示された[ モーション編集 ]画面で、下にある可視化から、トラッキングしたいアイテム上にプレイヘッドを移動し、[ マーカーを追加 ]をクリックします。そして左上の画面で、トラッキングしたいアイテムを囲む白いバウンディングボックスにはハンドルがあり、ドラッグして範囲を指定します。完了した後、この操作を繰り返して、複数のマーカーを追加してから、[ 適用 ]をクリックします。

VideoProc Vloggerで動画を結合する方法

A、自動でモーショントラッキングを適用:
[ プリセット ]にある効果の[ Add ]をクリックすると、複数のマーカーが自動的に追加されます。マーカーを追加した後、手動でトラッキングしたいアイテムの範囲を指定して調整することができます。

VideoProc Vloggerで動画を結合する方法

動画をプレビュー画面で確認し、問題がなければ[ 書き出し ]ボタンをクリックすることで、動画をパソコンに保存することができます。

このように、VideoProc Vloggerを使えば、誰でも簡単に動画を編集する時モーショントラッキングを適用することができます。

次のエピソード
さらに詳しく