動画にエフェクトをかける方法|VideoProc Vlogger使い方

難易度 難易度
    エフェクトをかける

VideoProc Vloggerは、モザイク、マスク、火炎、雨濡れのスクリーン、花火、万華鏡など50種類のエフェクトを内蔵しています。それらのエフェクトを活用すれば、高クオリティな動画を作れます。

それでは、VideoProc Vloggerを使って、動画にエフェクトをかける方法について紹介していきます。

※お使いのOSに該当する[ VideoProc Vlogger ]バージョンをダウンロードしてインストールしてください。

VideoProc Vloggerを使って、動画にエフェクトをかける方法

VideoProc Vloggerを起動した後、 [ +新規プロジェクト ] →[ + ]アイコンをクリックすることで動画ファイルを読み込みます。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方

次は、[ メディア ]からタイムライン上の[ 動画トラック ]に動画ファイルをドラッグします。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方
 

上部の[ エフェクト ]をクリックすると、利用できるエフェクトの一覧が表示されます。このリストから適切なフェクトを選択して、タイムラインへドラッグしてください。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方
 

タイムライン上のエフェクトクリップを左右にドラッグすることで、エフェクトをかけたい場所に移動します。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方

デフォルトでは、エフェクトクリップの継続時間は5秒です。エフェクトクリップの両端を左右にドラッグすれば、エフェクトの継続時間を変更できます。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方

さらに、右側のインスペクタでエフェクトの開始時間・終了時間・再生時間や範囲、プロパティ、ヴィジュアル等の細かい設定を行えます。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方
 

編集終了後、[ 書出し ]アイコンをクリックしてください。

[ 書出し ]画面が出たら、ファイル名や保存先、ファイル形式、動画の書出し品質などを設定して、[ 開始 ]をクリックします。しばらく待っていると動画の書出しが完了します。

VideoProc Vloggerエフェクトの使い方
 

VideoProc Vloggerの内蔵エフェクトの使い方は上述の通りです。

ちなみに、VideoProc Vloggerにはエフェクトの他、多種多様なトランジション、タイトル、モーション、テキストアニメーション効果などもあります。簡単でありながら綺麗な動画を作りたいという人にピッタリです。

次のエピソード
さらに詳しく