【高画質】M3U8(.ts)をMP4に変換する方法!URLも対応!

m3u8 mp4 変換

「インターネットからダウンロードした動画はM3U8でした。簡単にM3U8をMP4に変換したいですが方法はありますか?」

M3U8ファイルをこれまで主流だったMP4形式に変換したら、様々な端末(iPhone&Android)や再生機器とプレーヤーで利用できるので利便性が高いです。

今回の記事では、M3U8ファイルとは何か、Windows10やiPhoneの上でM3U8(URLの形式もOK)をMP4に変換、M3U8を結合する方法と詳しく解説しましょう。

M3U8をMP4でダウンロード・変換するソフト

VideoProcとは、M3U8ファイル(.ts動画)をダウンロードしてMP4ファイルに変換することができます。また、変換速度は超爆速度で、変換画質もオリジナルのままで綺麗です。使い方は一見すると分かるほどわかりやすいので誰でも簡単に楽しく使用できます。

M3U8とは

M3U8とは、プレイリスト情報を含んでいる標準のテキストファイルです。

元々の大きな動画ファイルを分割して細切れにした状態でサーバにTSの動画ファイルとしてアップされています。

このプレイリストのテキストファイルをUTF-8シンボルエンコーディングシステムで記述してM3U8形式となります。

ただ、M3U8ファイルとTSの動画ファイルは統合されてHLSファイルに保存されています。

HLSファイルの拡張子は「.m3u」または「.m3u8」になっているので、通常にM3U8と言えば、HLSファイルのことって理解しても良いです。

現在、【Hulu】や【Tver】、【Avgel】、【GYAO!】、【Pornhub】などを含め、ネット上で人気の動画配信サービスは、こぞって【M3U8 (HLS)】形式のストリーミング動画を配信しています。

関連記事: Chromeでストリーミングを簡単に保存する方法 >>

また、Walkmanなどの携帯音楽プレーヤー(DAP)で使えるプレイリストの形式もM3U8です。

M3U8動画のURLはhttps://xxxxxxx/master.m3u8という形になっています。

  • TIPS: 生配信やミュージックライブなどのM3U8動画をMP3, M4A, FLACなどの音声形式に変換すれば、いつでも好きなライブ配信を気軽に楽しめます。MP3変換フリーソフトとやり方おすすめ>>
<

(2)Windows10でM3U8をMP4に変換する方法

M3U8変換と言えば、2つの方法があります。

一つは、M3U8のURLから直接にMP4形式でダウンロードするということです。

もう一つは、M3U8ファイルと同じフォルダに入る分割された大量(100個以上も可能)のTS動画ファイル(100個以上も珍しくない)を変換することです。

基本的に、どちらの方法でも、別途ソフトが必要となります。

ここでは、「VideoProc」と「FFmpeg」を一番おすすめします。

VideoProc

VideoProcとは、初心者の方も簡単に操作できる動画ダウンロード・変換ソフトです。

VideoProcの特徴は以下の通りです。

  • @.M3U8ファイルと同フォルダに入るTS動画ファイルをいくらでも読み込み可能です。
  • A.M3U8のURLを直接に解析でき、MP4としてダウンロード・保存することができます。
  • B.大量のTS動画ファイルを一つのファイルに結合することができます。
  • C.動作が軽くて、動画変換際に高画質設定をしても処理時間は気になるほど長くはなりません。
  • D.動画を変換(再エンコードという)しても画質が落ちることはなくオリジナルのままで綺麗です。

FFmpeg

動画や音声ファイルに関して記録/変換/再生などの機能を備えるオーペンソースのフリーソフトです。

FFmpegの特徴は以下の通りです。

  • @.無償で使える上、M3U8を含めて、対応コーデックと形式は非常に多いです。
  • A.CUIベースでの操作となって、UNIXコマンドのように振る舞うが、初心者にとって敷居が高いです。
  • B.色々な動画編集ソフトや変換ソフトと連携して使えます。
  • C.UNIXで開発が始まったが、その後Mac、Windows、Linuxで使用できるクロスプラットフォームになっています。

FFmpegのダウンロード先:https://www.ffmpeg.org/

次の内容もこの2つのソフトを使って別々に具体的なやり方を説明します。

<

「VideoProc」でM3U8のURLをMP4に変換する方法

事前準備:VideoProcをお使いのパソコンにダウンロードとインストールします。

step1VideoProcを立ち上げて、メイン画面より「ダウンロード」アイコンをクリックすると、このような画面になります。

VideoProcでM3U8のURLをMP4に変換するstep1
 

step2画面上部にあるメニューから「ビデオ追加」をクリックすることでダイアログが開きます。

VideoProcでM3U8のURLをMP4に変換するstep2

ダウンロードしたいM3U8動画のURLをペーストして「分析」をクリックすると、「動画リンクを分析しています。少々お待ちください...」という画面が出ます。しばらく待ちます。

step3動画のURLが解析されたら、右下に「選ばれた動画をダウンロードする」ボタンをタップします。

VideoProcでM3U8のURLをMP4に変換するstep3

step4赤枠で囲った「録画開始」をタップして、M3U8動画のダウンローが始まります。

VideoProcでM3U8のURLをMP4に変換するstep4

step5途中で「録画停止」をタップして作業を中止することができます。もちろん、ライブ配信の終了まで放っておいてもいいです。

VideoProcでM3U8のURLをMP4に変換するstep5

「フォルダー」のマークをクリックして、変換後のMP4動画の保存先がポップアップするので、いますぐ確認することができます。

<

「VideoProc」でM3U8(TS動画)を結合してMP4に変換する方法

step1VideoProcを立ち上げて、メイン画面より「ビデオ」アイコンをクリックします。

VideoProcでM3U8(TS動画)を結合してMP4に変換するstep1

step2画面の左上隅にあるメニューから「ビデオ」をクリックすることでダイアログが開き、変換したいTS動画を読み込ませることができます。ドラッグ&ドロップ操作を行うことでファイルの読み込みも可能。

「動画フォルダ」は、動画が複数存在するフォルダを指定することで一括で動画を読み込ませることができます。大量のTS動画ファイルを一気にソフトに読み込みたいなら「動画フォルダ」を利用してください。

VideoProcでM3U8(TS動画)を結合してMP4に変換するstep2-3-4-5

step3画面の下部に出力メニューが表示されて、よく使用されている出力プロファイルが並びます。ここに出力したいプロファイルがなければ、左の「出力」アイコンをクリックすると、任意のファイル形式を選択します。ここでは、「MP4」を利用します。

step4TS動画の結合は、上から並んだ順に結合され、順番も簡単に入れ替え可能。大丈夫だったら、画像で赤く囲んである「結合」にチェックを入れます。

step5画面右下の「Run」をクリックすれば出力処理が始まります。変換中はメニューバー上にアイコンが出現して、エンコードの進捗状況も確認できます。

<

「FFmpeg」でM3U8のURLをMP4に変換する方法

まず、FFmpegをダウンロードしてインストールします。

インストールのやり方がわからない場合は、ネットで検索してみましょう。

step1Windows10でFFmpegを起動するために、ffmpeg.exeのあるフォルダを開き、メニューの「ファイル」→「Windows PowerShellを開く」をクリックします。

step2コマンドプロンプト(管理者権限)が表示されると、以下のようにコマンドを入力します。

  • ffmpeg -i "http://example.com/video_url.m3u8" -c copy -bsf:a aac_adtstoasc "output.mp4"
  • ご注意:”http://example.com/video_url.m3u8”は、ダウンロードしたいM3U8動画のURLに置き換えます。
「FFmpeg」でM3U8のURLをMP4に変換する方法

step3入力後、「Enter」キーを押してM3U8のURLを一つのMP4に変換する作業が実行されます。

step4変換が完了したら、出力先のフォルダーに移動して出力ファイルを確認できます。私の場合、c:\ffmpegフォルダに拡張子が.mp4で保存されます。

    ご注意

  • FFmpegで変換後のMP4ファイルが見つからない悲劇を避けるように、保存先のフォルダを開いて、アドレスバーにcmdと入力して、FFmpegを起動して変換作業を行いましょう。これで、変換後のMP4ファイルはこのフォルダに保存されます。

もっと読む:FFmpegを使って生配信(M3U8)を保存する方法>>

<

「FFmpeg」でM3U8(TS動画)を結合してMP4に変換する方法

使用したいM3U8動画は、すでにネットからダウンロードしてちゃんとパソコンに保存しておけば、以下の操作に従って、MP4に変換しましょう。

step1目標のM3U8ファイルとインデックスファイルがあるフォルダを開いて、アドレスバーにcmdと入力して、コマンドプロンプトを表示させます。

step2以下のようにコマンドを入力してから、Enterを押します。

  • ffmpeg -i index.m3u8 -movflags faststart -c copy -bsf:a aac_adtstoasc output.mp4
「FFmpeg」でM3U8のURLをMP4に変換する方法

step3すると、このフォルダ内にあるすべてのindex+順番.tsファイルが読み込まれて、1つのファイルに統合してMP4に変換します。

    ご注意

  • FFmpegを使用する際に、コマンドプロンプトで入力ミスが発生しやすいです。
  • 正しくないコマンドが入力された場合、エラーメッセージが表示されてコマンドは拒否されます。
  • また、どうやってもbin‘は、内部コマンドまたは外部コマンド、 操作可能なプログラムまたはバッチファイルとして認識されていませんと表示されてしまう報告もあります。

もっと読む:簡単!FFmpegで動画を結合する方法を詳しく解説〜初めての方でも大丈夫!>>

<

FFmpegでM3U8をMP4に変換するとき、変換速度は遅すぎると感じします。

同じM3U8のURLを変換するには、VideoProcは2分間ぐらいで、FFmpegのほうが30分間までかかります。

また、全体再生時間は1時間ぐらいのtsファイルを結合してMP4に変換するに必要な時間って、VideoProcは約2分間で、FFmpegは20分間ほどとなります。

高速でM3U8変換作業を行いたい場合、VideoProc一択です。

画質の場合、VideoProcも、FFmpegも目に見えるほどの画質劣化が発生しません。

それに、高画質を求めていれば、ビットレートやコーデックなど、画質に関わる要素を設定するのがおすすめします。

ただし、ビットレートをいくら高く設定しても、元映像ソースの画質より良くなることはありません。

<

(3)iPhoneでM3U8をMP4に変換することについて

パソコン不要で、iPhoneだけでM3U8動画をダウンロードしてMP4に変換して保存する方法がありますか、とよくある質問です。

動画ダウンロードの定番ツール「Clipbox(クリップボックス)」なら、多分できるかなと疑問に思って、テストしてみました。

really?をいくら押しても、何の反応もありませんでした。

結論から言えば、M3U8のダウンロードと変換するは、Clipboxは能力不足で失敗しました。

また、「ClipboxはM3U8をダウンロードと変換ができない」という件が知恵袋でたくさんあることによって、そう判断もできます。

それに、Clipbox以外、M3U8変換に対応したiPhone用アプリもないようです。

しょうがなく、ちょっと面倒だが、パソコンの上でM3U8変換作業を行うしかないです。

もっと読む:【解説】M3U8動画をiPhoneにダウンロードと保存する方法!MP4への変換もあり!>>

<

まとめ

VideoProcとFFmpeg以外、VLC Media Playerも一応使い物になれるが、不便なところがあります。

VLCの場合、無料でログや広告なし、その上、動画形式変換機能も存在する超万能メデイアプレーヤーとして重宝されています。

だが、変換作業の操作がちょっと複雑だし、たまにカクつきます。M3U8ファイル変換作業を行うには、VLCはベストな選択肢ではありません。

なので、初心者なら、または簡単な方法でM3U8(.ts動画)ファイルを変換したり、他の動画からM3U8ファイルを作成したりしたいならば、VideoProcを試してください。

編集者:小林ほたる
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。
×
VideoProc 割引