ホーム動画変換・編集 2018年版ドローンランキング(初心者&上級者)

2018年版おすすめドローンランキング|初心者向けのドローンランキングと上級者向けのドローンランキング

技術の進歩によって、ドローンが軽量化になって、撮影できる時間も長くなって、空撮映像も静止画ももっと高画質になりました。今4K映像を撮影できるドローンも少なくありません。従って、ドローンは近年流行ってきました。昔ヘリコプターに乗り込み空から撮影するが、今はドローンを利用して、気軽に高画質の空撮ができるようになりました。テレビや映画の撮影と軍事用に偵察するなど専門家がドローンを使う以外、今一般人もドローンを買って、旅中に美しい景色を撮ったり、人生の大切な瞬間を多角度で記録したりすることも容易にできます。
それに、ドローンの価格は今そんなに高くはないから、使ったことのないドローンを自分も体験して、ドローンを購入したい人も多くなりましたよね。本文はドローンを購入したい人のために、ランキング形式でドローンをおすすめします。

ちなみに、ドローンは、大きく分けると2種類あります。200g以上の無人航空機に分類されるドローンと、200g未満の模型航空機に分類される小さなドローンです。この200グラム未満の小さなドローンは、ホビードローン、トイドローン、ミニドローン、おもちゃドローンなどと呼ばれ、航空法における無人航空機の制限を受けずに飛ばすことができます(航空法以外の制限は当然受けます)。本文では初心者には200g未満の模型航空機のドローンを紹介して、上級者には200以上の無人航空機を紹介します。

また、初心者と熟練者がドローンの選び方は異なっているから、ここで、初心者向けのドローンランキングと上級者向けのドローンランキングを分けて紹介します。全部コストパフォーマンスが非常に優れたドローンなので、自分の腕前に合った価格帯と、特徴などによって、自分にふさわしいドローンを選択しましょう。

VideoProc - ドローンユーザー必携の動画編集ソフト

シンプルで使いやすい!パソコン初心者にも簡単に使える!

ドローン動画へ対するレンズ補正、手ブレ補正、ノイズ除去は簡単にできる!

便利で多彩な編集機能が備えるため、数クリックで色やサイズ変更、フィルター追加などの編集できる!

初心者向けのドローンの特徴

「FPV機能First Person View」とは、ドローンに付けたカメラから自分の手元にある画面や、タブレットでミニドローンの映像が見れる機能です。スマホがあれば簡単に連動させることができ、空撮の練習にもなります。

初心者向けのドローンランキングNo.1〜Ryze Tech Tello(テロー)

コスパ高い

TelloというトイドローンはRyze Tech社に開発及び販売しているのです。この会社はスタートアップのメーカーだが、ドローンの大メーカーDJIのフライトテクノロジー × Intelの高画質映像処理技術を利用しているので、発売前から期待されていました。Telloを購入した方はほとんどこのドローンに高い評価を与えました。Telloは初心者向けのドローンランキングの一位です。Telloには合計で6個のフライトモードが用意されています。自撮りにも使えます。Telloを操作する専用の送信機(プロポ)がないが、スマホに専用のアプリをインストールして使用します。

TelloにはGPSがついていないが、独自のセンサーのお陰でかなり安定したホバリングができています。専門的な空撮ドローンではないが、500万画素のカメラを搭載し、撮った写真は非常に綺麗です。

カメラ 映像 写真 最大伝送距離 飛行時間 重さ 本体サイズ 操作方法 電子映像ブレ補正 価格
500万画素 720p/30fps 2592×1936 100m 13分 80g 98×92.5×41mm リモコン ¥12,644(最安)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

初心者向けのドローンランキングNo.2〜UdiR/C U31W

2017年製でも一押し!

UdiR/C社製のU31Wは去年から発売したトイドローンです。U31Wには飛行モードも三パターンがあるので、自分のレベルに合わせて操縦できます。ヘッドレスモード(操縦者から見た方向)で操作するモードがあるので初心者でも安心にU31Wを操作できます。スマホのみでもコントローラーのみでもコントローラー+スマホでもU31Wドローンを手軽に操作できます。運転が下手な人でもワンタッチで自動着陸、離陸、ホバリングができます。非常に便利です。

また、ドローンのバッテリーが少なくなるとコントローラーに警告音が鳴ります。microSDカード4GB(東芝製)が最初から付属してくるのはこの価格帯としてはとてもいいと思います。FPVも可能で安定した位置でホバリングも可能です。

カメラ 映像 写真 最大伝送距離 飛行時間 重さ 本体サイズ 操作方法 電子映像ブレ補正 価格
500万画素 720p/20fps 2592×1936 50〜80m 7分 90.1g 183 x 198 x 43 mm リモコン ¥8900(最安)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

初心者向けのドローンランキングNo.3〜Parrot Mambo Fly

トイドローンの絶対王者

フランスのドローンメーカーParrot社は『Mambo』『swing』『bebop』『ANAFI』が主要機種で遊び心が満載のドローンになります。初心者向けのドローンと言えば、アタッチメントのないMambo Flyですね。Parrot Mambo FlyにはEasyモード、Driftモード、Racingモードという3つの操作モードがあります。プラスチック製の本体は安っぽく思えますが、衝撃などに十分耐えられるように作られています。超音波センサーと圧力センサーが搭載されているので、安定したホバリングが可能です。操作が直感的で簡単なため、初心者のドローン入門用にもうってつけの機種となっています。

ちなみに、Parrot MAMBO MISSIONモデルなら、ターゲットを狙って、グラップ(掴む)とシュート(撃つ)というアクションを起こすこともできます。

カメラ 映像 写真 最大伝送距離 飛行時間 重さ 本体サイズ 操作方法 電子映像ブレ補正 価格
500万画素 720p/30fps 2592×1936 100m 10分 63g 180×180×58mm リモコン ¥12,909(最安)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

初心者向けのドローンランキングNo.4〜Holy Stone HS170

とにかく安い!

2018年10月現在、Holy Stone HS170のアマゾン価格は、4600円ぐらい。日本語の説明書も付属しているので安心です。プロペラガードがネジで固定され、壊れにくいです。安いのに、コントローラーは付属しています。スマホやタブレッドだと操縦するスティック部分が無いため、細かい動きの操縦が難しいので絶対にプロポはあった方が良いです。

高度維持機能があることと速度の微調整がやりやすくて、かなり自由に飛ばせることができています。カメラは搭載していないので、空撮はできません。しかし、ドローン操作経験のない初心者にはこの安価なドローンでドローンを体験するのは一番だと思います。

カメラ 映像 写真 最大伝送距離 飛行時間 重さ 本体サイズ 操作方法 電子映像ブレ補正 価格
なし × × 40〜60m 6〜7分 42g 135×135×30mm プロポ × ¥4680

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

初心者向けのドローンランキングNo.5〜Holy Stone HS200D

2018年6月新発売!

Holy Stone HS200Dはかつてトイドローンで大ヒットしたHS200の後継機です。ドローン本体の色合いは明るい赤でなく、渋い赤なので、高級感があります。あらゆる点で機能改善され、高度維持機能、安定的な飛行能力など機能豊富で遊びやすトイドローンです。FPV機能も搭載し、スマートフォンから空撮の映像がリアルタイムで確認できます。バッテリーが少なくなると、機体のフライト指示LEDの赤の点滅します。またスマホでもバッテリーの残量を確認するすることができます。

この1台さえあれば、屋外で気持ちよくブンブンと飛行できると思います。120度の広角HDカメラが搭載されて、遊びにも空撮にも最適です。

カメラ 映像 写真 最大伝送距離 飛行時間 重さ 本体サイズ 操作方法 電子映像ブレ補正 価格
500万画素 720p/30fps 2592×1936 100m 8-10分 145g 32×32×9cm リモコン × ¥11,980

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

上級者向けのドローンの特徴

上級者向けのドローンランキングNo.1〜DJI Mavic 2 Pro

ドローンカメラの新たな王者

ドローンの大メーカーDJIより開発及び販売しているTelloは上級者向けのドローンランキングの一位です。DJIはドローンの世界シェアの70%〜85%を占めています。 DJIは23日、コンパクトドローン「Mavic」シリーズの新製品、「Mavic 2 Pro」と「Mavic 2 Zoom」を発表した。Mavic 2 Proは「空飛ぶカメラ」として開発されたので、2000万画素のカメラが搭載されています。高画質で空撮したいプロな方にはMavic 2 Proが一押しです。飛行性能も優れていて、静かでスムーズに飛行します。

動画撮影は新たにHEVC/H.265圧縮コーデックによる最大100Mbps録画に対応。ただし、現在HEVCに対応するソフトやデバイスは少ないから、VideoProcというソフトでMavic 2 Proで撮ったHEVC映像を変換&編集するのがおすすめです。

カメラ 映像 写真 最大飛行速度 飛行時間 重さ 本体サイズ 最大飛行距離 電子映像ブレ補正 価格
2000万画素 4K/30fps 5472×3648 72 km/h 31分 907g 98×92.5×41mm 18 km ¥189,000円(税込)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★★

上級者向けのドローンランキングNo.2〜Phantom 4 Pro V2.0

静音性能がすごい!圧倒的に安定性がある

DJI Phantom 4 Pro V2.0はDJI Phantom 4 Proのバージョンアップモデルです。Phantom4 Pro V2.0の一番の改良点といえば、プロペラによる飛行騒音が低減されたことです。両端が切り欠きのように鋭角で薄い形状のプロペラを搭載するとともに、ESC自体がFOC正弦波ドライバーESCに変更されて、最大4db(60%)の騒音低減を実現しました。また、OcuSync HD伝送システムを採用したことで、従来のP4Pにおける Lightbridgeによる伝送方法より、HD画質で低遅延な伝送を実現しました。2000万画素のCMOSセンサーを搭載していて、最大100Mbpsビットレートで、4K/60fpsの高品質映像と驚くほど綺麗な映像が撮影できます。それに後方にデュアル・リア・ビジョンセンサー、左右に赤外線センサーが搭載し、合計で5方向の障害物を検知するので、GPSがなくても障害物を回避しながら安定した飛行が可能です。

カメラ 映像 写真 最大飛行速度 飛行時間 重さ 対角寸法 最大伝送距離 電子映像ブレ補正 価格
2000万画素 4K/60fps 5472×3648 50 km/h 30分 1375g 350mm 4km ¥204,000円(税込)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

上級者向けのドローンランキングNo.3〜DJI Mavic Air

持ち運びに便利!

DJI Mavic AirはMavic 2 Pro重量の半分で、サイズも小さくて、持ち運び安いです。高性能でありながら、手頃の10万円ぐらいの価格且つこのコンパクトさはドローンマニアがDJI Mavic Airを気に入っているところでしょう。旅行する時に、Mavic Airを持って空撮するのはかなり便利です。スマートキャプチャーコントロール機能があって、送信機やスマホを使用せずとも、Mavci Airに向かってチーズ(指でV字マークを作る)するだけで、カメラのシャッターを切ったり、機体を自由にコントロールすることができます。

前方・下方・後方にセンサーを追加し、3つの方向から障害物を検知できます。水を本体にかけたり、木に高速で衝突させても無事に飛行できています。耐久に強いです。

カメラ 映像 写真 最大飛行速度 飛行時間 重さ 本体サイズ 最大伝送距離 電子映像ブレ補正 価格
1200万画素 4K/30fps 4056×3040 68.4 km/h 21分 430g 168×184×64 mm 4km ¥104,000(税込)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

上級者向けのドローンランキングNo.4〜DJI Inspire 2

このスペックに匹敵するモデルはない!

DJI Inspire 2は今までにリリースされたDJIドローンの中で、スペックが最も高いモデルです。DJIだけではなく全ての民生用ドローンにおいてトップクラスの実力を持っています。カメラは付属していないが、最高機能のZenmuse X7を取り付ければ、最大6Kまでの撮影が可能となります。ジンバルが機体とは別で動くため、機体を操縦する人と、カメラアングルを動かす人が分かれることができます。0km/hから80km/hまでわずか5秒で加速でき、最大速度を94km/hを出すことができます。

DJI Inspire 2の欠点と言ったらやはり価格ですね。カメラなしでも389000円が必要です。この機種はやはり映像を仕事にしている方におすすめします。

カメラ 映像 写真 最大飛行速度 飛行時間 重さ 対角寸法 最大伝送距離 電子映像ブレ補正 価格
2080万画素 6K/30fps 5472×3648 94 km/h 27分 3440g 605mm 7 km ¥389,000〜(税込)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

上級者向けのドローンランキングNo.5〜Parrot ANAFI

DJIにない180度上下に稼働するカメラ搭載!

DJIの人気ポーターブルドローン「Mavic Air」対抗機となるParrot ANAFIはDJI Mavic Airよりもかなり軽量で、持ち運びはもっと便利です。3秒以内に折りたたみ状態から展開可能です。値段もそんなにたかくはありません。カメラの面では、4K対応の2100万画素カメラのレンズで、1/2.4CMOSセンサーを搭載しており、ロスレス2.8倍ズームやHDR撮影にも対応します。Parrot ANAFIはDJIドローンのないハイテクジンバルを搭載し、垂直に180度傾けられ、低角度などの新しい視点で撮影できます。本体にもコントローラーにも充電用のSB Type-Cポートが搭載されているので、モバイルバッテリーまたはコンピュータより、USB Type-Cケーブルを介して充電が可能です。非常に便利です。

カメラ 映像 写真 最大飛行速度 飛行時間 重さ 本体サイズ 最大伝送距離 電子映像ブレ補正 価格
2100万画素 4K HDR 5344x4016 55 km/h 25分 320g 175x240x65mm 4 km ¥72,538円(税込)

2018年ドローンおすすめ度:★★★★

2018年初心者と熟練者におすすめドローンランキングまとめ

今トイドローンや200g以上の無人航空機は種類はスマホ程多くないが、初心者にとっては様々なモデルがあって、どれを買うか分からない人がたくさんいます。本文を見て、気になるドローンはあるでしょう。

レンズ補正、手ブレ補正、ノイズ除去機能搭載するドローン映像編集ソフト 
ドローンランキング

VideoProc ― ドローン映像編集を思い通りに作るソフト

  1. シンプルで初心者でもこの無料ドローン動画編集ソフトを使いこなせる。
  2. ハードウェアアクセラレーションに対応し、サクサクとドローン動画編集可能
  3. 高品質エンジンが搭載されて、ドローン動画の高品質そのまま保つ
  4. ドローンで撮影した動画に対するレンズ補正、手ブレ補正、ノイズ除去もできる
  5. 動画編集・変換、DVD変換・編集、動画録画、動画・音楽ダウンロード全対応
VideoProc Win版VideoProc Mac版

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム動画編集・変換 2018年版ドローンランキング(初心者&上級者)

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2018 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

本サイトに掲載されている製品名、ロゴ及び商標に関する権利は、当社または各々の権利所有者に帰属します。

おすすめのアクセスランキング

  1. 1

    DJI GO 4ダウンロード・インストール・日本語化・初期設定・映像編集方法

  2. 2

    ドローンで撮影した映像をライブで伝送するには|ドローン映像伝送テクニック

  3. 3

    ドローンで撮影した映像から静止画を切り出す方法〜ワンクリックで簡単作成!

  4. 4

    ドローン映像編集のやり方:ハイクォリティな空撮映像を作成するためのコツ

  5. 5

    ドローン動画投稿コツ|高画質でドローン空撮動画をYouTubeにアップする方法