絶対バズる!TikTokで流行りの動画の作り方〜テーマの選択、投稿時間、TikTok動画編集アプリなど全部あり

難易度 難易度
TikTokで流行りの動画の作り方

TikTok(ティックトック)は中国のByteDanceが運営する動画に特化したソーシャルネットワーキングサービスです。今の短尺動画プラットフォームの王者と言えるでしょう。
TikTokには面白い動画がたくさんあって、短時間で視覚的に知りたい情報を得られるので、
TikTokはユーザー数の飛躍的な成長に加え、滞在時間も顕著に伸長しています。
TikTokに投稿するなら、

● 必ず100再生はされる
● 業界もTikTokから流行リサーチする
● 流行を作る10代20代が毎日見ている
● 作る動画は15秒程度なので量産しやすい
● 一度バズると爆発的に拡散される
● YouTubeに転載される可能性有り

など、色々なメリットがあります。
あなたもTikTokで流行りの動画を作りたいでしょう。
本文では、初心者でも分かるように、TikTokで、絶対バズる、流行りの動画の作り方を詳しく紹介します。

TikTokで流行りの動画の作り方〜事前準備

TikTok動画作成を始める前に、テーマ・話題の選択や素材など、色々準備しておく必要があります。

ジャンル・テーマ・話題

まずTikTok動画のジャンル・テーマ・話題を決めましょう。バズりやすいジャンルは次の通りです。

@ おもしろ・ネタ系

おもしろ系やネタ系の動画はいいねにされやすいです。固定ファンも獲得しやすいです。ネタ系に不得意なら、他の流行りの動画を真似して作成しても大丈夫です。

A 可愛い・セクシー・かっこいい・イケメン系

誰でも綺麗なものが好きです。美人、イケメンの動画が多くの人から愛されています。自分がセクシーではない、美人ではない、イケメンではないなら、アイドルや外国人を紹介してもいいです。

B 赤ちゃん・ペットなどの癒し系

可愛い赤ちゃんやペットは人の心を癒します。特にこのコロナの時期では、癒し系動画は人に微笑みをもたらします。TikTokでいいねにされやすいし、固定ファンもつきやすいです。

C おすすめ・ランキング系

おすすめ系、ランキング系なら、最後まで見る可能性が高くて、シェアされる可能性もより高いです。時間の収まりが良くて、TikTokで流行りの動画になりやすいです。

D 知識・特技・裏ワザ系

特技系もTikTokで流行りの動画になりやすいです。TikTokで特技の動画は人の好奇心を刺激し、バズるコンテンツになる可能性が高いです。誰にも真似できないすごい特技、他の人が知らない知識をTikTokでお披露目しましょう。

素材の準備

テーマを決めたら、BGMや映像などの素材を準備しておきましょう。
素材の著作権にご注意ください。
テーマによって、自分で撮影した映像もいいでしょう。

TikTokで流行りの動画の作り方〜動画編集

素材の準備ができたら、TikTok動画動画編集の本番に入りましょう。

おすすめのTikTok動画編集アプリ

まずはTikTok動画作成に使うツールのおすすめです。TikTokにも動画編集機能が搭載しているが、簡単に機能しかないので、凝った動画を作成したいなら、やはり専門的な動画編集アプリを使った方がいいと思います。
これからは、高機能で使いやすい無料動画編集アプリを紹介します。全部iOS版もAndroid版もあります。
また、パソコンで無料な動画編集ソフト(VideoProc Vlogger)を使って、TikTok動画を作ることもできます。必要によってツールを選択しましょう。

VideoProc Vlogger
VideoProc Vlogger - TikTok動画編集ソフト

・完全に無料でロゴなし、時間制限なし、機能制限なしのパソコン動画編集ソフト
・豊富なトランジション、エフェクト、文字スタイルが搭載している他、モーション、スピードランプなどの機能も内蔵していて、初心者もかっこいいTikTok動画を作成できる
・カラーコレクション、デインターレース、ノイズ除去によって、写真や動画の画質を上げることもできる
・視覚化された専門的な音声編集画面で、TikTok動画のBGMを再編集する可能

TikTok動画編集アプリをiPhoneやAndroidスマホにインストールしたら、TikTok流行りの動画を作りましょう。

動画の冒頭数秒で引きを作る

TikTokでは、視聴者の視聴時間や反応に応じて動画の良し悪しを決めるので、動画の冒頭の数秒は大事です。「オチの一部を動画の冒頭に持ってくる」「強く共感できる要素を冒頭に持ってくる」「視聴者に御紋を投げかける」などによって、冒頭数秒で引きを作りましょう。

トレンドの人気曲を使用する

TikTokで流行りの動画を作るには、トレンドの人気曲を使うこともポイントです。トレンドの楽曲やBGMを聞けば、視聴者の共感を得られやすいので、TikTok動画をより長く視聴する傾向があります。

情報量の多い動画にする

1回見ただけでは情報を全部つかめず、再度見たくなるようなTikTok動画を作りましょう。繰り返し再生すれば、その動画がTikTokにおすすめされる可能性が高いです。

コミュニケーションができるコンテンツ

TikTok動画には「共感ポイント」や「ツッコミポイント」などがあることも意識して、そのことがユーザーとのコミュニケーションを生み出していると考えられます。

動画の長さ

TikTok動画の長さの上限を徐々に伸ばしており、最初の15秒から、60秒へ、そして2021年7月1日には3分へ、そして、2022年2月には10分へと延長しました。 経験によると、TikTokの流行りの動画・バズる動画は殆ど30秒以内です。

TikTokで流行りの動画の作り方〜動画投稿

TikTok動画が作成されたら、TikTokアカウントに投稿します。その投稿時間や、動画につけるタイトルと説明文、ハッシュタグも非常に重要です。その動画が流行りになるかどうか影響します。

TikTok動画投稿時間

バズりやすい時間帯と言えば、朝の通勤・通学時間である7時〜9時及び、会社や学校からの帰宅途中・帰宅後の18時〜21時はばずりやすいと思っているでしょう。そして、アクティブユーザーが多い曜日は土日だと思っているでしょう。しかし、50万回以上再生されている50,000個の動画を調査して、分析した後、
● 最も再生されやすい投稿時間帯は10時から12時の間
● 最も高評価・コメント・シェアを獲得しやすい投稿時間帯は22時から24時の間
● 平日と土日で大きな変化はない
ということが分かりました。

タイトル&説明文

TikTok動画を視聴する時、動画だけを見るのではなく、タイトルと説明文も読むのです。めを引くタイトルと説明文を追加することで、TikTok動画の視聴時間が長くなる傾向があります。

ハッシュタグ

投稿する時に、入力するテキストも重要です。タグをつけることも忘れないでください。 トレンドに関する、内容に関するハッシュタグを4〜6個をつけましょう。多すぎると動画の邪魔になり、見にくくなります。

TikTokで流行りの動画の作り方〜動画投稿後

TikTok動画が作成されたら、TikTokアカウントに投稿します。その投稿時間や、動画につけるタイトルと説明文、ハッシュタグも非常に重要です。その動画が流行りになるかどうか影響します。

コミュニケーション

フォロワー数はTikTokの重要な指標の一つです。フォロワーが多ければ、動画の再生回数も増やすことができて、TikTokで流行りの動画になりやすいです。なので、DMやコメントに積極的返事したら、好印象をただいてもらうことが重要です。

TikTokプロモート

TikTokのプロモートはTikTokアプリで使用できる広告ツールです。TikTokプロモートを使用することで、より多くのユーザーに動画を発見してもらったり、ウェブサイトに誘導したり、またフォロワーを獲得するチャンスを増やしたりすることができます。本当にクォリティの高い動画なら、流行りのTikTok動画になるかもしれません。

たくさん投稿

TikTok動画を投稿して、しばらくバズらなくても継続投稿したら、TikTok側にアクティブなユーザーだと認識され、おすすめに表示される可能性があります。また、固定ファンができて、徐々にフォロワーも増えていくでしょう。

TikTokで流行りの動画の作り方のまとめ

TikTokでバズる方法を紹介しました。最後には、流行りの動画を作るコツをまとめます。

@ 動画の冒頭数秒で引きを作る
A 流行りの人気曲を使う
B 最後まで動画を見てもらえる工夫をする
C 短尺動画は「起・転・結」で心を掴む
D 情報量は多めに
E たくさん投稿してバズる確率を上げる
F 個性を極めながら、流行を捉える

本文を参考して、TikTok動画を作りましょう。

次のエピソード
さらに詳しく