使いやすいクロマキー合成ソフト8選おすすめ!面白い動画を作成!動画合成フリー

クロマキー合成は特定の色の成分から映像や画像の一部を透明にし、そこに別の映像や画像や映像を合成する技術です。ブルースクリーンやグリーンスクリーンなどの呼び方もあります。

クロマキー合成ソフトを使えば、動画に映像素材を美しく合成し、面白い動画やカッコイイ動画を簡単に作成できます。ここ数年に上映された映画やドラマで、クロマキー技術を利用した作品がずいぶん多くあります。

今回は、優秀且つ使いやすいクロマキー合成ソフトを紹介しています!

動画編集を超簡単に!

VideoProcは初心者向け開発された多機能な動画編集ソフトです。MP4やMOV,AVI,MKV,FLVなど動画の回転/反転、トリミング、合併、字幕追加、エフェクト追加、GIF作成、再生速度変更などが手軽にできます。さらに、ダウンロード&録画機能も無料で使えるので、とても便利です。

【無料】クロマキー合成フリーソフトおすすめ

1. 動画クロマキー合成フリーソフト『AviUtl』

対応OS:Windows
日本語:対応済み
価格:完全無料
公式サイト:http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/ 

クロマキーソフト『AviUtl』

AviUtlは、日本では有名な動画編集ソフトです。KENくんによって開発されている完全無料動画編集ソフトなのに、高度な編集ができます。AviUtlにカット/結合、ノイズ除去、音声入れ替え、色調補正など基本的な編集機能が搭載されいる以外、プラグインを導入すれば、、映像の重ね合わせ、音声フィルター、ゴーストの除去、アニメーション編集なども手軽にできます。もちろん、AviUtlにはクロマキー合成機能もありますので、クロマキー合成フリーソフトを使いたい方にはとても良い動画合成ソフトです。

  • AviUtlのクロマキー合成機能:
  • ✔ 動画や画像にクロマキーを追加して、「キー色の取得」ボタンをクリックして透過させたい色や背景を指定できます。操作がかんたんです。
  • ✔ 「色相範囲」や「彩度範囲」、「色彩補正」、「透過補正」によってクロマキー合成とフィルタ効果の境界を補正できます。
  • ✘ MP4やMOV,MKVなど動画をAviUtlに読み込む、または、高度な編集を行うには、入力プラグインの導入は必要です。プラグインを導入するのが面倒です。
  • 『AviUtl』の動画クロマキー合成方法:https://aviutl-douga.com/chromakey/

もっと読む:AviUtlで動画が読み込めない!原因究明及び対策について>>

<

2. 動画クロマキー合成フリーソフト『Shotcut』

対応OS:Windows・macOS
日本語:対応済み
価格:完全無料
公式サイト:https://shotcut.org/

クロマキーソフト『Shotcut』

Shotcutは、海外製動画編集ソフトですが、標準で日本語に完全しています。Shotcutは完全無料の多機能動画編集ソフトとして、世界で多くの方に愛用されています。カット/合併・音楽挿入・字幕追加、フィルター/エフェクト追加など基本的な編集機能からクロマキーやテキストテロップ、トランジションなど高度な編集機能まで満載されています。動作が軽く、無料でフル機能を使えます。

  • Shotcutのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能には「クロマキー:シンプル」と「クロマキー:高度」、二つの機能が用意されています。
  • ✔ 「クロマキー: 高度」なら、必要に応じて、赤差分、緑差分、青差分、図形、輪郭、スロープなどオプションによって、色がきれいに透過されるように調整できます。
  • ✔ ファイルタ/エフェクトが多く内蔵しています。操作性も良いです。
  • 『Shotcut』の動画クロマキー合成方法:http://puraimu01.jp/blog-entry-273.html
<

3. 動画クロマキー合成フリーソフト『iMovie』

対応OS:macOS・iOS
日本語:対応済み
価格:完全無料
公式サイト:https://www.apple.com/jp/imovie/

クロマキーソフト『iMovie』

iMovieは、Apple社が提供している無料動画編集ソフトですが、多彩な編集機能が搭載されています。カットやテキスト入れ、BGM追加など編集機能はもちろん、クロマキー合成やピクチャーインピクチャー、文字アニメーションなど高度な編集も手軽に編集できます。Macだけでなく、iPhoneやiPadなどのiOS端末でもiMovieを使えます。

  • iMovieのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能は「グリーン/ブルースクリーン」です。
  • ✔ 「柔らかさ」項目では、エッジの滑らかさとシャープさを調整できます。
  • ✔ 「クリーンアップ」項目では、不要な領域をトリミングするにはクロップと消しゴム二つ方法を用意されています。
  • ✘ 細かいクロマキー合成が出来ません。
  • 『iMovie』の動画クロマキー合成方法:https://support.apple.com/kb/PH22929

もっと読む:なぜiMovie書き出しは遅いのか?解決策を詳しく説明する>>

<

【有料】クロマキー合成ソフトおすすめ

1. 動画クロマキー合成ソフト『Video Pad』

対応OS:Windows・macOS・iOS
日本語:対応済み
価格:7599円〜13899円(無料体験版あり)
公式サイト:https://www.nchsoftware.com/videopad/jp/index.html

クロマキーソフト『Video Pad』

Video Padは、高性能な動画編集ソフトです。クロマキー合成、カット、文字入れなど編集機能はもちろん、3D動画や360度動画編集も対応しています。また、豊富なエフェクトと切替え効果を搭載しています。DVD書き込みとSNSにも対応しています。因みに、VirtualDubプラグインを使えば、更に多くの特殊効果や機能を追加できます。ただし、無料版ではただ動画を一度しか出力できないそうです。

  • Video Padのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能は「エフェクト」の「クロマキー」です。
  • ✔ ベース、しきい値、フェード、フェザー処理、赤、緑、青などオプションに調整し、色がきれいに透過されるように調整できます。
  • Video Padの動画クロマキー合成方法:https://www.nchsoftware.com/videopad/jp/kb/1408.html
<

2. 動画クロマキー合成ソフト『Filmora』

対応OS:Windows・macOS・iOS
日本語:対応済み
価格:8,980 円(30日間の無料トライアル)
公式サイト:https://filmora.wondershare.jp/video-editor/

クロマキーソフト『Filmora』

Filmoraは、Wondershareが販売している高性能な動画編集ソフトです。クロマキー合成(グリーンスクリーン)、カット・トリミング、結合、文字入れなど多彩な編集機能が充実している以外、オープニング、テロップ、VFXなど4000を超える多種多様な編集素材も用意しています。エフェクトストアFilmstocksでロイヤリティフリーの動画エフェクトや、サウンド素材、メディア素材がたくさん販売しています。因みに、Filmora無料版で出力した動画にはロゴが付いています。

  • Filmoraのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能は「グリーン スクリーン」(クロマキー)です。
  • ✔ オフセット、許容差、エッジの幅、エッジフェザーなど項目の調整によって、動画クロマキー合成の綺麗さを調整できます。
  • ✔ Filmoraは多くの動画エフェクト/素材を用意しています。ただし、費用がかかります。
  • Filmoraの動画クロマキー合成方法:https://filmora.wondershare.jp/guide/green-screen.html
<

3. 動画クロマキー合成ソフト『 Adobe After Effects』

対応OS:Windows・macOS
日本語:対応済み
価格:2480円/月(7日間の無料トライアル)
公式サイト:https://www.adobe.com/jp/products/aftereffects.html

クロマキーソフト『 AfterEffects』

Adobe After Effectsは、アドベが販売しているプロ・本格的な動画編集・加工ソフトです。Adobe Premiere Proと比べると、映像・動画を加工し、特殊効果を足すのが得意なソフトがAdobe After Effectsです。動画のクロマキー合成も綺麗にできます。また、再現映像やドラマ、映画では煙や炎などを足し、よりリアルな状況を作り出しています。イラストや写真を動かしたアニメーション、映像に合わせて素材を配置する際に使われるトラッキングなどの素晴らしい機能が充実しています。でも価格が高いです。

  • Adobe After Effectsのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能の呼び出し:「エフェクト」→「キーイング」→「Keylight」。
  • ✔ Screen Gain、Screen Balanceなどオプションを調整して、色をより綺麗に透明させることができます。
  • ✔ ロトブラシで切り抜き領域を指定して微調整できます。
  • Adobe After Effectsの動画クロマキー合成方法: https://blogs.adobe.com/japan/video-smartphone-with-after-effects/
<

スマホで使うクロマキー合成アプリおすすめ(iPhone/Android)

1. 動画クロマキー合成ソフト『Filmmaker Pro』

対応端末:iPhone/iPad
日本語:対応済み
価格:無料・APP内課金あり
公式サイト:https://apps.apple.com/jp/app/id1082956994

クロマキーソフト『 Filmmaker Pro』

Filmmaker Proは、Samer Azzamが提供している動画編集&加工アプリです。動画のトリム、分割、コピー、再生スピード調整など編集機能が搭載されいる以外、クロマキー (Chroma Key)、 アスペクト比変更、明度・コントラスト・彩度調整、テキストオーバーレイ、イラストなど編集機能も充実しています。

  • Filmmaker Proのクロマキー合成機能:
  • ✔ クロマキー合成機能の呼び出し:「+」→「クロマキー」。
  • ✔ Filmmaker Proのクロマキー機能で合成した動画を出力して保存するのは、有料(600円)になります。
  • Filmmaker Proの動画クロマキー合成方法:https://dotapps.jp/product_contents/RIOf39Rayhuf9kDR
<

2. 動画クロマキー合成ソフト『VivaCut』

対応端末:iPhone/iPad/Androidスマホ
日本語:対応済み
価格:無料・APP内課金あり
公式サイト(App Store):https://apps.apple.com/jp/app/id1489090374
公式サイト(Google Play):https://play.google.com/store/apps/details?id=com.videoeditorpro.android&hl=ja

クロマキーソフト『 Filmmaker Pro』

VivaCutは、QuVideo Inc.が提供している動画編集・加工アプリです。クロマキー合成、動画カット、結合、分割、反転、歌詞入れ、早送り、アフレコ、明るさ・コントラスト・彩度・色相調整、マスク、キーフレームアニメーションなど編集機能が満載されています。直感的な操作でプロ顔負けの動画が作れます。また、 LINE、Twitter、YouTube、Instagram、TikTokなどへのワンクリックして共有できます。

  • VivaCutのクロマキー合成機能:
  • ✔ 2つのビデオを結合したり、クリップを編集しながら背景を変更します。

クロマキー合成ソフトまとめ

この記事では、クロマキー合成フリーソフトとクロマキー合成有料ソフトをいくつか紹介しています。

実は、一番おすすめしたい動画クロマキー合成ソフトは「Shotcut」です。AviUtlや iMovieなど完全無料ソフトと比較すれば、「Shotcut」のほうがいいです。

そして、ShotcutとVideo Pad、Filmora、クロマキー合成機能もだいたい同じですので、完全無料で使えるShotcutをお勧めしたいです。ただし、カッコイイ素材やエフェクトを動画に追加したい場合、Filmoraや Adobe After Effectsをおすすめします。

因みに、クロマキー動画・画像素材を無料ダウンロードできるサイトおすすめ:
https://pixabay.com/ja/(無料で商用利用可能)

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。