おすすめのH265変換フリーソフト:爆速且つ簡単でH265変換するなら、これで決まり!

  • 1どうやって ビデオカメラで撮ったH265ファイルをH264へエンコードしますか。
  • 2H265の動画をiPhoneやandroid用の形式に変換したいと、どうすればいいでしょうか?
  • 3MP4動画のサイズを圧縮するため、H265に変換したいですが、どうしますか?

現在のところ、H265(HEVC)は4K動画が撮影できるビデオカメラや最近のiPhone、Androidスマホの映像コーデックとしてよく使われています。しかし、H265に対応できない場合が多いです。H265の互換性を高めるためにH265ファイルをより一般的な形式に変換する必要があります。

そういう場合、 H265変換ソフトが必要です。

本記事では、数多くのH265変換ソフトやH265エンコードソフトにも抜群しているH265変換フリーソフトを三つご紹介したいと思います。爆速且つ簡単でH265変換するなら、ご参考ください。

<

>H265コーデックについて

H265(HEVC)とは

H265とは、H264/MPEG-4 AVC後続の動画圧縮規格の一つです。非公式にはHigh Efficiency Video Coding (HEVC) とも呼ばれています。

〜ウィキペディアより

H265のメリット

H265のメリットときたら、H264(MPEG-4)の2倍の圧縮率です。

H265はH264の半分のデータ容量・ビットレートで同等の画質を実現することができます。圧縮時間もそれに次第短縮します。また、H265では、「300fps」のフレームレートと「8K」の画質まで対応しています。H264では、「60fps」と「4K」までサポートします。

H265は、「なるべく高画質・高圧縮でエンコードしたい!」という場合に使用するといいコーデックです。

H265のデメリット

現在、 スーパーハイビジョン、8K/4k放送、インターネット放送、最新のスマートフォン、ビデオカメラ、次世代ブルーレイなど、H265は映像のコーデックとしてよく使われています。それ次第にH265対応可能なデバイスも増えています。今後H265が主流として切り替わっていくと思いますが、残念ながらこのコーデックに対応していないデバイスが今でも多いです。

つまり、汎用性の面でH265はイマイチです。ご利用の場合によって、H265変換がしなければならないです。例えば、

◎一部のスマートフォンやタブレットにH265動画を再生したい場合、それに対応可能な動画形式に変換しないと、再生できません。

◎まだH265に未対応の編集ソフトが多いですから、対策として、ビデオカメラやドローンで撮影したH265を一般の動画形式にエンコードする必要があります。

<

>H265変換おすすめのフリーソフト

  • QどうやってH265変換をしますか?
  • AH265変換フリーソフトを使うと、簡単に実現できます。

確かに、H265変換ソフトの登場はH265変換やH265エンコードがもっと容易となります。今のところ、無料のH265変換対応可能なソフトはたくさん存在しています。でも、数多くのH265変換無料ソフトの中に、どっちを選ぶかと困った方はたくさんいるでしょう。

次はH265変換対応のフリーソフト三つをおすすめします。早速ご覧ください。

H265変換フリーソフト〜VideoProc

VideoProcという高性能なH265変換フリーソフトを耳にしたことがありませんか?H265変換をするなら、これを強くおすすめしたいです。理由は以下の7つあります。

  • ★多様なコーデック内蔵により、H265をほぼ全てのの動画ファイルにエンコードするだけではなく、MP3、AAC、M4A、FLAC等の音楽ファイルに変換することができる;
  • ★動画ファイルMP4(H264)、MOV、WEBM等を逆に高圧縮率のH265(HEVC)への変換も可能;
  • ★用途別にプロファイルを多数用意し、H265動画をiPhoneやAndroidデバイス、ウェブ動画用のフォーマットに直接エンコード可能;
  • ★ハードウェア加速技術を採用し、PCに負担をかけずに高速変換を実現(同類ソフトより、変換スピードがはるかに速い);
  • ★高品質エンジンが搭載されて、オリジナルの品質を最大限に維持したH265の動画をエンコードすることができる;  
  • ★変換の同時に、多彩な設定オプションで動画ファイルのパラメータ(ビットレート、アスペクト比、フレームレート等)を調整することができる;
  • ★初心者でもPCによくわからない方でもH265変換を直感的に使える;

VideoProcはH265動画変換フリーソフトとして、高速と高画質を兼ね備えます。しかも、信頼性が高い会社から開発されたものですから、100%安全です。H265変換するなら、以下のボタンを無料ダウンロードしてみましょう。

◆VideoProc を使って、H265をH264(MP4)にエンコードする方法

  • 準備

    H265変換フリーソフト「VideoProc」をお持ちのパソコンに無料ダウンロード&インストールしてください。

  • STEP.1

    VideoProcを起動し、インタフェースにある「ビデオ」をクリックします。

  • STEP.2

    画面上部にある「ビデオ」ボタンをクリックすることで、エンコードしたいH265ファイルを追加することができます。

  • STEP.3

    H265ファイルの追加が終わったら、画面下部の「出力」アイコンをクリックします。すると、「出力プロファイルを選択する」画面に入ります。

  • STEP.4

    「通常の動画ファイル」>「MP4動画(H264)」>「完了」と進み、「RUN」ボタンを選択します。すると、H265変換の作業が開始します。

◆VideoProc を使って、H264(MP4)をH265に変換する方法

  • STEP.1

    VideoProcを起動し、インタフェースにある「ビデオ」をクリックします。

  • STEP.2

    画面上部にある「ビデオ」をクリックして、変換したいH264ファイルを追加します。

  • STEP.3

    その後、「出力」>「通常の動画ファイル」>「HEVC動画」と進み、「完了」を選択します。

  • STEP.4

    「RUN」ボタンを押せば、H265への変換が始まります。

  • 数秒待つと、H265変換無料ソフトVideoProcでH264がH265に変換されます。

<

H265変換フリーソフト〜HandBrake

HandBrakeは、各種動画ファイルをエンコードすることができるフリーソフトウェアです。

優れている点としては、最新のコーデックH265等に対応しています。つまり、HandBrakeを使えば、MP4等の通常動画ファイルをH265に速く変換することができます。無料で使えるH265変換ソフトの中では、とても人気なものです。

HandBrakeはH265変換フリーソフトとしていいですが、対応のコーデックが比較的に少ないです。しかも、画面デザインが古いです。複雑なインタフェースはやはり初心者に向いていません。

◆HandBrakeでMP4をH265に変換する方法

  • 準備

    「HandBrake」を手元のパソコンに無料ダウンロード&インストールしてください。

  • STEP.1

    H265変換フリーソフトHandBrakeを起動した後、画面上部の「変換元」をクリックして、変換したいMP4動画ファイルを追加します。

  • STEP.2

    プリセットを選択し、保存先の「ブラウズ」をクリックすることで、出力先を選択します。

  • STEP.3

    「フォーマット」のところに出力したい「MP4 File」を選び、「変換開始」ボタンを押します。すると、H265をMP4に変換し始めます。

  • すると、H265をMP4に変換し始めます。

<

H265変換フリーソフト〜AviUtl

AviUtlは 無料の動画編集ソフトとしてとても優秀ですが、「動画変換フリーソフト」としてもよく使われています。デフォルト状態では「.avi」しか出力できませんが、プラグインの導入により、H265を含め、ほぼ全ての動画形式・コーデックでエンコード出来ます。無料でH265変換するなら、これもいい選択と思います。

ただ、AviUtlでH265をエンコードするため、出力プラグイン「x265guiEx」を導入する必要があるので、初心者の方にとって、その作業はややこしいかもしれません。また、VideoProcと比較して、エンコード速度は遅いです。

◆AviUtlでMP4をH265に変換する方法

  • 準備

    AviUtlをお持ちのパソコンにインストールしてください。

  • STEP.1

    「x265guiEx」の導入が必要です。

    @「x265guiEx」をダウンロードした後、そのファイルを解凍します。

    A、フォルダの中に入っている「auo_setup.exe」ファイルを実行し、「…」マークをクリックして、AviUtlのフォルダへのパスを指定し、「次へ」を押します。

    B、「終了」をクリックすると、「x265guiEx」の導入は終了です。

  • STEP.2

    メニューの「ファイル」>「プラグイン出力」>「拡張 x265 出力(GUI) Ex」と進みます。

  • STEP.3

    「ビデオ圧縮」ボタンをクリックした後、様々なエンコード設定を行うことができます。

  • STEP.4

    設定が終わったら、元の画面に戻って「保存」を押してください。すると、H265エンコードが開始します。

<

まとめ

前述はH265変換フリーソフト「VideoProc」「HandBrake」「AviUtl」をおすすめしますが、簡単且つ爆速でH265変換するなら、やはり「VideoProc」は最高と思います。

「VideoProc」を利用すれば、動画ファイルをH265に変換できるだけではなく、逆にH265ファイルを通常のMP4、MOVなどにエンコードすることも可能となります。また、iPhone/androidスマホ/YouTube/DVD用等、用途別に変換することができます。

ちなみに、VideoProc はトリミング、エフェクト、回転、結合、ブレ補正、ノイズ除去等の動画編集が簡単にできます。動画の編集からエンコードまでこのソフト1本でできます。

VideoProcはH265変換フリーソフトとして、とても便利じゃないでしょうか?

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽に @Digiarty Softwareしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。