なぜiMovie書き出しは遅いのか?解決策を詳しく説明する

MacやiPhone、iPadでiMovieを使って動画を編集する方が多いですね。iMovieはフリーですし、多彩な編集機能が搭載されているし、動画を作成時にとても使える動画編集ツールです。

でも、iMovieで編集した動画を書き出す際、あれ!?「ずいぶん遅い!」、「長時間がかかる!」などがあります。さて、今回は、iMovie書き出しが遅い問題を解消し、iMovie書き出しを早くする方法を説明します。

iMovie書き出しが遅い時の解決策1

キーワード:再起動

iMovie書き出しをしたい場合、予測残り時間が長いと表示されることがあります。「残り時間12時間29分」、「20時間〜」とかも見たことがありますね。

この場合、iMovieを終了します。お使いのPCやiOSデバイスを再起動し、再度iMovieを起動すれば、書き出しし直すとかなり改善されるはずです。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策2

キーワード:メモリ不足

プロセスが多すぎると、PCなどデバイスのパフォーマンスが落ちますので、iMovieの処理速度も遅くなります。

CPUを占有しているアプリがあったり、メモリ消費量が大きいアプリはありませんか?あったら、そのアプリを閉じてください。

また、PCやiPhone、iPadのシステムメモリの空き領域が少ない場合、メモリの増設(交換)を考えてみて下さい。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策3

キーワード:容量不足

空き領域が不足していると、「iMovie書き出しが遅い」、「iMovie書き出しができない」のような問題が発生する可能性は大きいです。

MacのHDDの空き領域が少なくなっている場合、必要の無いファイルを削除したり、普段は使わないファイルをUSBメモリや外付HDDにコピーして、内蔵HDDの空き領域を増やしてみて下さい。

iPhoneやiPadの空き領域が少なくなっている場合、iCloudやパソコンに保存してみてください。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策4

キーワード:エラー

iMovieエラーやファイル破損でiMovie書き出しは長時間がかかる可能性もあります。iMovieをデバイスから削除し、再インストールしてみてください。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策5

キーワード:パソコンで動画を編集する

iPhoneでも、iPadでも、パソコンと比較すれば、やっぱりパソコンのパフォーマンスのほうが高いですね。特にiPhoneやiPadでサイズの大きい動画ファイルを処理する際、iMovieの動作が重く、長い時間がかかりますね。

その場合、パソコンでiMovieやVideoProc、GOM Mix Pro など動画編集ソフトを使って動画ファイルをで入力・編集・出力してみてください。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策6

キーワード:動画ファイル

動画ファイルのサイズが大きすぎると、iMovieの動作が重くなるので、書き出しが遅くなります。

編集する前、動画ファイルを圧縮してからiMovieに入力したほうがいいと思います。そうすると、iMovie書き出しを早くすることが出来るはずです。

もちろん、iMovieの代わりに、大容量動画を処理できる編集ソフトを使えば、動画ファイルを圧縮しなくても、書き出しも速く出来ます。

iMovie書き出しが遅い

iMovie書き出しが遅い時の解決策7

キーワード:iMovieの代替ソフト&アプリ

iMovie書き出しが遅くなる原因は色々あると思います。このページで書ききれません。多くの解決策を試してみ問題を解消できない可能性もあります。

そのため、ここでは、他の使いやすい動画編集ソフトやアプリを紹介したいです。どうしてもiMovie書き出しエラーを解決できない場合、他の編集ツールを使ってみてください。

@ 動画編集ソフトオススメ

VideoProc
対応OS: macOS & Windows

概要:
動画編集ソフトVideoProcにはハードウェアアクセラレーションという技術が搭載されているので、動画ファイルの処理ソフトがすごく速いです。お使いのMacで動画を手軽く編集/変換し、書き出しが超高速でできます。iMovie書き出しが遅く、問題を解決できない場合、VideoProcを使ってみてください。そして、VideoProcの使い方は超カンタンです!

    利用可能な編集機能

  • トリミング、結合、クロップ、回転、字幕追加、再生速度変更、エフェクト追加、画質調整、ノイズ削除、ビデオ安定化、GIF作成、3D→2D、レンズ補正、分割など。

動画編集ソフトVideoProcのダウンロード↓↓↓(100%安全・広告なし)

iMovie書き出しが遅い

因みに、VideoProcで利用可能な他の機能も多くあります。例えば、動画・音楽ダウンロード機能、動画・音声変換機能、画面録画機能・・・

A 動画編集アプリオススメ

InShot
対応OS: iOS & Android

概要:
InShotは無料の人気動画編集アプリです。使い方がかんたんだし、編集機能が豊富だし、 iPhoneやiPadなどでiMovie 書き出しは長時間がかかる場合、InShotを使ってみてください。

    利用可能な編集機能

  • トリム、音楽加工、文字入れ、早送り、スライドショーの作成、倍速変更、効果追加、フリーズ、結合、反転、分割など。

動画編集アプリInShotのダウンロード↓↓↓

iMovie書き出しが遅い

ここで、「iMovie書き出しが遅い」、「iMovie書き出しが長時間」などに関する原因及び解決策を七つ紹介しました。素敵な動画を手軽に作成してみましょう!

 
この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。