【保存版2020】動画の音声にエフェクトをかける定番アプリケーションおすすめ(iPhone/Android)

Windows10フォトでエクスポートできない

iPhone、iPad、Androidで撮った動画ファイルの音声にエフェクト(エコー/リバーブなど)をかけながら、使い勝手抜群の便利アプリケーションをお探しの方へ。

この記事では、音声エフェクトが使える定番の人気な動画編集アプリケーション(オーディオエフェクトアプリ)をおすすめランキング形式で詳しくご紹介します。

iPhone/iPadやAndroidなど、持っているスマートフォンのOSに対応しているかも確認しながら最適なアプリケーションを選択してください。

<

【iPhone/iPad】動画の音声にエフェクトをかける定番アプリケーションおすすめ

まず、iPhoneで使えるおすすめの動画の音声にエフェクトをかけるアプリケーションを、厳選してみました。

基本的には、無料で利用できるアプリとなっております。ただし、アプリケーション内には課金がありますので、よく考えた上でご利用ください。

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#1、iMovie

iMovieはApple社から開発されるアプリケーションで、セキュリティが高く、安心して利用できます。

音声に対して、適用できる機能が豊富で、動画ファイルのオーディオにエコーやリバーブエフェクトをかけたり、音量の高さを変更してロボットの声のように変えたり、ビデオクリップやプロジェクトにサウンドエフェクト・アフレコを追加したりすることもできます。

  • サイズ:619.3MB
  • 互換性:iOS 13.4以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 販売元:iTunes K.K.

【iMovieで動画の音声にエフェクトをかける操作手順】

  • ❶、プロジェクトを開いた状態で、タイムラインをスクロールし、サウンドエフェクトを追加したい位置に再生ヘッド (白い縦のライン) が表示されるように調整します。
  • ❷、「メディアを追加」ボタン をタップし、「オーディオ」をタップしてからオプションをタップします。
  • ❸、サウンドエフェクトをタップし、試聴します。
  • ❹、プロジェクトにサウンドエフェクトを追加するには、エフェクトのプラス記号ボタンをタップします。
  • iMovieで動画の音声にエフェクトをかける
    iMovieで動画の音声にエフェクトをかける

【iMovieのメリット・デメリットについて】

  • ・無料で使えます。
    ・Apple社から開発されるアプリで、iPhone/iPadとの相互性が高い。

  • ・Apple社から開発されるアプリで、iPhone/iPadとの相互性が高い。
    ・テロップの位置は自由に変更できません。
    ・フォントやエフェクトなどがオシャレではありません。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#2、Premiere Rush

Premiere RushはAdobe社によって開発されたアプリケーションで、動画編集に特化されるもので編集機能も抜群です。

素晴らしいサウンドを提供し、自由に音楽やボイスオーバーを追加できます。しかも、マルチトラックタイムラインにサポートされ、柔軟性が高く、特別なエフェクトを作成することが可能です。

また、サウンドエフェクト及び音楽をビデオに追加したり、音声を聞き取りやすくするエフェクトを設定したり、音をフェードアウトしたりすることが可能です。

  • サイズ:441.9MB
  • 互換性:iOS 12.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 販売元:Adobe Inc.

【Premiere Rushで動画の音声にエフェクトをかける操作手順】

  • ❶、Premiere Rushを起動して左上の新規プロジェクトを選択します。
  • ❷、左下のプロジェクト名を書き直し、まずは撮ったデータを取り込む作業です。
  • ❸、使いたい素材を全て選び、右下の作成ボタンをクリックすれば選択したすべての素材がタイムラインに並べられるので、編集画面に移ります。
  • ❹、SNSでの共有機能を使って、TikTok、Instagram、Facebook、YouTubeなどにサポートしていて、エフェクトが追加された音声ファイルをすぐにシェアできます。
  • Premiere Rushで動画の音声にエフェクトをかける
    Premiere Rushで動画の音声にエフェクトをかける

【Premiere Rushのメリット・デメリットについて】

  • ・素早く動画の音声にエフェクトをかけます。
    ・クラウドオートセーブ機能を持ち、とても便利です。

  • ・載せられる動画クリップと音声クリップには本数制限があり、動画は4つ、音声は3つです。
    ・テロップは弱いです。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#3、Hibiku

Hibikuは、マイクで音声を拾って、残響を自由にカスタマイズするフリーアプリケーションです。

残響効果機能に関しては、6種類(空中/洞窟/教会/虫の声/鳥の声など)が提供され、自由に選択でき、高密度の残響合成エンジン「chiverb」を導入し、新しい感覚で耳に飛び込みます。

だから、日常生活の騒音に気になる場合は、残響でお好みの空間を作って存分に楽しんでください。

  • サイズ:1MB
  • 互換性:iOS 10.3以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 販売元:Katsuhiro Chiba

【Hibikuで動画の音声にエフェクトをかける操作手順】

  • ❶、イヤフォンを用意して、hibikuをダウンロードしてお使いのiPhone/iPadにインストールします。
  • ❷、「User Preset」メニューからは、お好みの残響テーマをつくれます。
  • ❸、画面右下の「i」アイコンをタップすると、アプリの動作設定を切り替えられ、動作設定(バックグラウンド再生/90分後に自動停止/画面スリープのON・OFF)を自由に変更できます。
  • Hibikuで動画の音声にエフェクトをかける
    Hibikuで動画の音声にエフェクトをかける

【Hibikuのメリット・デメリットについて】

  • ・いろいろなシチュエーションの残響を再現でき、評価が非常に高いです。
    ・ファクトリープリセット機能、ユーザープリセットモード機能によって残響を自由に細かく調整できます。
    ・バックグラウンド動作機能、オフタイマー、自動ロックなどといった便利な機能が備えます。

  • ・iPhoneアプリのため、Android端末では使えません。
    ・無料で使えません。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#4、Voloco

Volocoは自動チューニング、ボコーダー、ハーモニーが一体化されたリアルタイム音声処理フリーアプリケーションです。

音声にエコーエフェクトがかけられるだけではなく、8つのボーカル、エフェクトが入ったプリセットバックがあり、エフェクトの強弱、アルペジエーターのセットが行ったり、EQプリセットのようなオプションで圧縮や残響効果を付けたりすることができます。

  • サイズ:54.1MB
  • 互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 販売元:Resonant Cavity, LLC

【Volocoで動画の音声にエフェクトをかける操作手順】

  • ❶、Volocoを起動して、自分の歌いたい曲を選びます。iPhoneに保存されている曲をそのまま使えます。
  • ❷、音声を録音し、ビデオ撮影で映像として記録できます。
  • ❸、無料の音声エフェクトがたくさん用意され、キーを変えたり、エフェクトをかけたりすることも簡単にできます!
  • Volocoで動画の音声にエフェクトをかける
    Volocoで動画の音声にエフェクトをかける

【Volocoのメリット・デメリットについて】

  • ・リアルタイムで声が加工でき、とても便利です。
    ・エフェクトが満載で、動画の音声に猫の鳴き声、つぶやき声、犬の吠え声などのエフェクトをかけます。
    ・自動的に音程を解析できます。

  • ・完全無料の音声エフェクトアプリではなくて、一部機能だけが無料で使えます。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#5、InShot

InShotは素晴らしい動画・写真編集アプリケーションです。機能が豊富で、多くの日本人に使われています。

動画ファイルに音声エフェクトをかけるだけではなく、MP3ファイルやその他の形式の音楽を追加したり、タイムライン機能で音と動画を同期したり、ナレーションを追加したり、オリジナル動画サウンドでMP3の曲で音量を調整したりすることができます。

それ以外、動画トリミング・カット、動画サイズ変更・ズームイン、動画スプリット機能も兼ね備えます。

  • サイズ:109.4MB
  • 互換性:iOS 10.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料(課金あり)
  • 販売元:InstaShot Inc.

【InShotで動画の音声にエフェクトをかける操作手順】

  • ❶、動画編集ページの「音楽」ボタンを選んでください。
  • ❷、動画のBGMに使いたい音楽を選び、「用いる」ボタンをタップして、動画に音楽を追加できます。動画に入れた音楽や効果音などは、長押しすることでどのシーンから音楽を流すのか調整できます。初めからBGMを流すのも良し、途中でBGMを変更するのも良い。
  • InShotで動画の音声にエフェクトをかける
    InShotで動画の音声にエフェクトをかける

【InShotのメリット・デメリットについて】

  • ・音声エフェクト、トランジション・フィルター追加、カット・トリミングなどといった編集機能を持っています。
    ・無料版でも素材が豊富、自由に利用できます。
    ・iPhoneとAndroid両方に対応しています。
    ・テキストのサイズ、色、フォントなどを自由に追加できます。

  • ・無料版はInShotロゴ・透かし文字が入ります。
    ・「戻る」機能は持っていません。

<

【Android】動画の音声にエフェクトをかける定番アプリケーションおすすめ

Androidで使える動画の音声エフェクトをかける定番アプリケーションでおすすめランキングの上位のものをピックアップし、紹介します。

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#1、Videoshop - ビデオエディター

Videoshopで動画の音声にエフェクトをかける
Videoshopで動画の音声にエフェクトをかける

Videoshop - ビデオエディターは評価が高く、大量のエフェクトが導入し、優れた動画編集アプリケーションです。

サウンドエフェクトと言えば、動物の声、屁、衝撃音、笑い声などが用意されたり、ビデオに自分の声を挿入したり、ビデオ最適化のための複数の高性能フィルターを選択したり、動画をトリムしたり、画面の明るさ/コントラスト/彩度などを自由に調整したり、ビデオサイズを変更したり、ビデオクリップのコピーを作成したりすることができます。

日本語に対応していなくて、利用する前ご注意ください。

  • サイズ:45MB
  • 互換性:Android 4.4 以上。
  • 日本語:対応不可
  • 価格:無料
  • 提供元:Jajijujejo Inc.

【Videoshopのメリット・デメリットについて】

  • 音声編集機能、動画編集機能が非常に豊富で、自由に調整できます。
    ・Android端末で動作できるだけではなく、iPhoneでも使えます。

  • ・純正の日本語入力ではテキストはまともに入力できません。
    ・膨大なコンテンツやエフェクトをかけると、処理が遅くなります。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#2、VLLO ブロ - 簡単に動画編集できるVLOGアプリ

VLLOブロで動画の音声にエフェクトをかける
VLLOブロで動画の音声にエフェクトをかける

VLLO ブロは簡単に動画を編集できるアプリケーションです。VLLO ブロを使って、音楽、字幕、カット編集、倍速、モザイクを一括で行えます。

ロゴなしで様々なサウンドエフェクトをかけたり、オーディオ・フェードイン/アウト効果でプロフェッショナルに仕上げられたり、一度タップするだけで編集中の動画の上に声を録音したり、様々なフィルターを使ってオリジナルムービーを作成したり、携帯電話に保存された音楽をインポートしたり、グラフィックトランジションで動画の完成度を上げられたりすることができます。

  • サイズ:84MB
  • 互換性:Android 5.0 以上。
  • 日本語:対応不可
  • 価格:無料
  • 提供元:vimosoft

【VLLO ブロのメリット・デメリットについて】

  • ・制約が少なく、UIも分かりやすく、初心者でも簡単に操作できます。
    ・Android端末で使えるだけではなく、iPhoneとiPadでも動作できます。
    ・無料版でもかなり豊富な編集機能が使え、とても便利です。

  • ・60fpsに対応していません。
    ・出力されたビデオファイルはズレることがあります。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#3、Video Voice Changer FX

Video Voice Changer FXで動画の音声にエフェクトをかける

Video Voice Changer FXは、使い勝手がよく多数のエフェクトを備えるアプリケーションです。

エコー、ロボットとロボット兵士音、悪魔、外国人と空間の船、ヘリウムビデオエフェクト、リスやシマリス音などといったサウンドエフェクトが用意され、自由・高速で声のビデオファイルを作成できます。

また、お気に入りのビデオを録画したり、SDカードからこのプロジェクトを選び、数分でオリジナルムービーを作れます。

  • サイズ:33MB
  • 互換性:Android 4.1 以上。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料(課金あり)
  • 提供元:Bizo Mobile

【Video Voice Changer FXのメリット・デメリットについて】

  • ・多彩な音声エフェクトが備え、音声編集が簡単に行えます。
    ・操作性も良く、使い方は簡単で、初心者でも分かりやすく使えます。

  • ・無料で使えますが、音声エフェクトには数種類に限られています。
    ・強制終了させられる場合があります。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#4、ビデオイコライザ

ビデオイコライザで動画の音声にエフェクトをかける
ビデオイコライザで動画の音声にエフェクトをかける

ビデオイコライザは、スマホで使えるビデオプレーヤーですが、EQのequalizatioと、サウンドエフェクトを調整することが可能です。

小さな部屋、MEDIUM ROOM、LARGEROOM、中ホール、LARGEHALL、PLATEといったリバーブが提供することによって、自由に動画の音声にエフェクトをかけます。

UIもシンプルで分かりやすく、作成したムービーをスムーズで再生することが可能です。

  • サイズ:4.1MB
  • 互換性:Android4.1 以上。
  • 日本語:対応
  • 価格:無料
  • 提供元:Coocent

【ビデオイコライザのメリット・デメリットについて】

  • ・音声がとても良くイコライザーの効果も綺麗です。
    ・直感的で使いやすく、変換せずに直接どこでも閲覧、いつでもスマホにあなたのパソコン上で動画ファイルをコピーします。
    ・オートセーブ機能を持っています。

  • ・提供されている音声エフェクトの種類が少ないです。

<

動画の音声にエフェクトをかけるアプリ#5、WavePad

WavePadで動画の音声にエフェクトをかける
WavePadで動画の音声にエフェクトをかける

WavePad音声編集アプリ無料版は、スマホで動作でき、手軽に音声の録画、編集、エフェクトの挿入、ノイズの除去、SNS共有などが行えるアプリケーションです。

多彩な音声フォーマットにサポートしていて、動画の音声にエコーやリバーブなどのエフェクトをかけたり、音声の増幅、正規化を行ったり、音声を切り取ったり、トリミングなどの編集機能も搭載されています。

ただし、英語表記で日本語に対応していない点は最大のデメリットです。

  • サイズ:16MB
  • 互換性:Android 4.0.3 以上
  • 日本語:対応不可
  • 価格:無料(課金あり)
  • 提供元:NCH Software

【WavePadのメリット・デメリットについて】

  • ・各種の音声エフェクトが提供されていて、面白い動画を作成できます。
    ・音楽編集以外、ボイス録音の編集、着うたや着メロの作成機能も備えます。

  • ・無料で使えるエフェクトには回数制限があります。
    ・無料版なら、保存できない場合が存在しています。

<

まとめ|最適な動画の音声にエフェクトをかけるアプリケーションを選ぶ

上記で紹介されるアプリケーションだけではなく、Pinnacle Studio、Splice、FilmoraGo、ClipperなどといったiPhoneで使える音声エフェクトアプリ、及びAndroVid、KineMaster Pro、Video Maker Pro Free、VidTrimなどといったAndroidで使える音声エフェクトアプリケーションも多数が存在しています。

だから、音楽エフェクトを動画にかけるアプリケーションがたくさんあるので、迷ってしまいそうですが、自分の使用目的やお気に入りのエフェクトをよく考え、上記で紹介されたアプリケーションを比較すれば、見合うものが見つかるはずです。

最適なアプリケーションを選び、音声エフェクトを動画ファイルにかけ、存分に楽しみましょう。

初心者向けの動画編集ソフト〜VideoProc

VideoProcは、初心者向け開発されたものです。エフェクト効果追加、字幕追加、トリミング・分割、クロップ、音ズレ補正、レンズ補正、回転・反転などといった編集機能を持っています。UIが直感的で分かりやすく、初心者でもすぐに使いこなせます。

<
この記事を書いた人:山上スズキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。