ホーム動画変換・編集 GoPro Quik使い方

GoPro Quik使い方:デスクトップ/iPhoneアプリ用GoPro Quik編集ガイド

GoPro Quikで編集することが大歓迎!PCもiPhoneも初心者向き

GoProが今アクションカメラとして人気になり、GoProを購入したりレンタルしたり自分なりのストーリーを撮影することも多くなる。GoProで撮った動画をほかのスマートデバイスにインポートして編集するには、GoPro Quik使い方が一番便利で簡単なので大歓迎になる。GoProが開発したアプリで、今デスクトップ版とiPhone用iOS版両方もある。GoPro Quik PC版使い方は少々複雑で、より多彩でより自由な機能が内蔵している。一方、GoPro Quik使い方はiPhoneユーザーにとって極めて簡単で、「ガイド」みたいなデザインで初心者でもすぐ作成できる。もちろん、GoPro三つのアプリの中に初心者向けアプリとして、4K対応などGoPro Quikできないことが多くある。この時にはQuikの簡単編集とともに初心者向けのサポートソフトを利用すれば簡単に完成できる。ではこれからGoPro Quik使い方を環境別つでご紹介しよう。4K不対応など問題も解決可能!

GoPro Quikできないことをすべて、この専門ソフトに任せる
GoPro Quik使い方

VideoProc ― GoPro Quikに対応できない、編集できないなど問題を解決するに専門的なソフト。撮影終了の動画でも簡単に変換して、フォーマット、解像度、放送規格などを手軽に変換できる。パソコン/iPhone/iPad/AndroidスマホにもGoPro動画再生できる。パラメーター変更とミス補正など機能が搭載され、GoPro始めるお方に不可欠なソフト!

GoPro Quik使い方:まずQuik iPhoneアプリかPCソフトか

iPhoneのGoPro Quik 編集すればより簡単で操作できるし、GoProで撮影完成したらその場ですぐ編集できる。が、より強力でより多彩な編集作業はやはりGoPro Quik PC版使い方を読むほうがいい。編集する時に場所またはお使いのデバイス、撮影した材料の画質などで、iPhoneアプリかPCソフトかどっちのGoPro Quik使い方を従うかと決める。

撮影場所またはお使いのデバイス

編集する場所でデバイスを決める。おうちに撮影すれば、デスクトップを使って編集する。GoPro Quik PCで使い方をちゃんと読んでから操作するほうがいい。デスクトップ版GoPro Quik使い方は少々難しいから操作をわかってから始まるほうがオススメ。が、外で撮影すれば、iPhoneのGoPro Quik編集したり、ノートパソコンのQuik編集したりするほうがいい。もちろん帰ったらデスクトップで編集できるが、万が一に動画に残念なところがあってももう一度撮影できない。この故でより簡単なGoPro Quik使い方でiPhoneを使って撮影したらその場で編集するほうがいい。

結論

家で撮影する場合に強力なGoPro Quik PCで使い方をちゃんと読んでから操作するほうがいい。外で撮影した動画はiPhoneのGoPro Quik編集するほうがオススメ。

入力する動画の画質

GoProが撮影できる解像度またはFPSは画質を決める。最大4K解像度で、60FPSの動画が撮影できる。が、4K解像度の動画はGoPro Quik使い方でiPhoneにインポートしようと失敗して、不対応である。また、4K以下にも、2.7K動画は4:3モードで撮影した動画もFPSを問わずにGoPro Quik対応できない。iPhoneのGoPro Quik編集できない画質の動画はやはりパソコン用動画編集ソフトしかない。

結論

4K、2.7Kの4:3動画はパソコンしかない。両方も編集できる動画ならご自由に。

欲しい機能

GoPro Quik使い方が動作環境によって違い。機能もそれぞれある。GoPro Quik使い方でiPhone版は簡単で、デスクトップ版はそれほど簡単ではない。GoPro Quik編集機能でiPhone版は初心者向けで豊富とは言えないがデスクトップ版はより自由により細かく編集できる。

結論

より細かくより自由にGoPro Quik編集したいお方はデスクトップ版で、簡単で快適に編集したいお方にiPhoneアプリをすすめる。

GoProアプリご紹介
  • GoPro: GoProをiPhone/スマホでコントロールできるアプリで、GoProで撮影した写真と動画も同期できる。
  • GoPro Quik: 使い方が簡単で、初心者でも編集できるために開発されたアプリである。
  • Splice:より専門的で、高度な編集作業が実現できる。編集経験者がより自由で多彩な動画を作成できるように開発されたアプリ。(Android非対応)

GoPro Quik PC版使い方:より自由でより強力の機能から始まる

まずはGoPro Quikをダウンロードして、インストールする。

GoPro Quik使い方

ステップ1:材料となる動画を追加して、作成モードで開く

上左に「メディアの追加」をクリックして、GoProで撮った動画を追加する。「メディア」に今回の材料をクリックして選択する。そして、青いバーに「作成モードで開く」にクリックして、作成モードになる。


ステップ2:ハイライトを選択する

このアプリはそれぞれの動画のいいシーンだけを適度な長さに切り取って自動でつなぎ合わせてくれる。その「いいシーン」は「ハイライト」と言われる。左にリストアップされた動画をカーソルでゆっくりなぞり、いいシーンを見つけたらクリックしてください。

時間によってハイライト数が限られる。動画は15秒、30秒または60秒作成できる。残りのハイライト数は標記されたところに表示される。

GoPro Quik使い方

ステップ3:クリップを編集する

クリップを一つずつ簡単に編集できる。クリップをクリックして、ペンとゴミ箱のマークが現れる。ペンのマークをクリックして、クリップを編集できる。

  • @ 選択されたシーンを細かく設定できる。青い枠の部分だけを切り取って利用することになり、その青い枠を左右移動することで範囲を変更できる。
  • A クリップごとに色を調整できる。明るさや暖かさやなど、五つのパラメーターを調整できる。
  • B クリップを一つずつに音声を調整すればここに調整できる。音声を消去することもできる。が、動画に初めから最後まで音声を追加すればこのGoPro Quik PC使い方ステップ4の操作をしてください。

操作が完成したら「適用」と書かれたボタンにクリックする。

GoPro Quik使い方

ステップ4:音楽を追加する

作成モードの画面で、標記された音楽マークをクリップしてください。

左に好きな音楽を選択できる。「ビデオに追加」と書かれたボタンにクリックしてください。

動画全体の音楽を追加するので、クリップの音声を調整すればこのGoPro Quik PC使い方ステップ3の操作をしてください。


ステップ5:保存

GoPro Quik 編集完成したら「保存」と書かれたボタンをクリックして、作成した動画を出力する。

GoPro Quik使い方iPhoneアプリ編:インポートと編集2in1

まずGoPro Quikをダウンロードして、インストールする。iPhoneはApp Storeから、AndroidスマホはGoogle Playから簡単にダウンロードできる。

GoPro Quik使い方

ステップ1:材料となる動画を追加する

標記されたアイコンにタップして、材料となる動画を追加する。追加された複数の動画を、GoPro Quik 編集機能で組み合わせて、一つの動画にまとめる。

GoPro Quik使い方に素材となる動画はGoProで撮った動画とは限らない。iPhone、スマホに保存されたほかの動画も追加できる。

ステップ2:編集パターンを選択する

GoPro Quikに23種類のパターンが提供している。動画の雰囲気などによって、好きな編集パターンを選択してください。

ステップ3:動画を編集する

鉛筆の印にタップしたら編集機能を起動する。

  • デキストの追加。文字を入れたりすることができる。タイトルやキャプションなどが加える。
  • ハイライトとして、特別な場面をマークすることができる。
  • 動画をトリミングできる。余計な部分や不要な部分をカットしたり、欲しい部分だけ残すことができる。
  • 音声の調整、または音声を無効化することができる。

ステップ4:シェア・保存

動画の編集が終わったらシェア画面になる。Instagramストーリーとして投稿したり、シェアリンクとしてTwitterやFacebookに貼り付けたりして共有したり、またはファイルを送信したりする機能が提供している。また、シェアしたくないで、iPhone・スマホに保存したい時に「シェアせずに保存」にタップしてください。

GoPro Quik できないこと、専門的なソリューションを

GoPro Quik使い方は確かに簡単で、しかもこの初心者向けのGoPro Quik使い方はiPhone、スマホ、PC、Mac環境に利用できる。が、初心者向けの簡単なソフトなので、GoPro Quik できないことが多くある。GoPro Quik PC使い方にしても専門で細かく編集ができない。補正など機能はもちろん一切ない。この時に、同じく初心者向けの専門なVideoProcに任せれば解決できる。4K、2.7K(4:3)の動画を変換して、GoPro Quikに入力できるように変換できる。また、その動画が撮影した時に、手ブレや暗いなど問題がある場合にも力になる。豊富で簡単な動画補正機能が内蔵され、動画の残念なところを消し取るか補正するかとご自由に決める。GoPro Quik使い方のような簡単さで、初心者にとって難しい専門用語を一切撮り抜けた。ではこれから撮影した素材動画をより完璧にする方法をご紹介しよう。

GoPro Quikで編集する前に素材をより完璧する方法

まずVideoProcソフトをダウンロードして、インストールする。

GoPro Quik使い方

ステップ1:GoPro Quik編集したいを追加する

標記されたボタンをクリックして、ビデオに関する機能を起動する。そして、標記された「ビデオ」と書かれたボタンをクリックして、GoPro Quik対応できない動画や補正したい動画を追加する。

ステップ2:出力プロファイル又は補正機能を選択する

GoPro Quik対応できない動画を入力した場合に標記された「出力」と書かれたボタンをクリックして、出力プロファイルを指定する。

補正したい動画を追加した場合にツールボックスをクリックして対応な補正機能を選択する。

出力プロファイルも補正機能も、この時にパラメーターを細かく調整できる。

ステップ3:出力先フォルダを設定して、変換開始

出力フォルダを設定して、確認する。「参照」と書かれたボタンをクリックして、出力フォルダを設定できる。

「RUN」と書かれた大きな青いボタンをクリックして、変換作業を始める。しばらく待つと出力先フォルダに変換された動画が保存される。

GoPro Quikできないことをすべて、この専門ソフトに任せる!

VideoProc ― GoPro Quikに対応できない、編集できないなど問題を解決するに専門的なソフト。撮影終了の動画でも簡単に変換して、フォーマット、解像度、放送規格などを手軽に変換できる。パソコン/iPhone/iPad/AndroidスマホにもGoPro動画再生できる。パラメーター変更とミス補正など機能が搭載され、GoPro始めるお方に不可欠なソフト!

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム動画変換・編集 GoPro Quik使い方

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。