VideoProc Vlogger
初心者でも使える多機能な動画編集無料ソフト!
  • MP4やMOV、MKV、FLVなどの動画ファイルを拡大、回転/反転、トリミング、 合併、字幕追加、BGMやエフェクト追加、再生速度変更なども手軽にできます。
動画KNOWLEDGE

【2023最新】Adobe Premiere代わりに!動画編集ソフトおすすめ5選

Adobe Premiere代替ソフト

Adobe Premiereは世界で一番有名な動画編集ソフトと言えるでしょう。Adobe Premiereに高度な動画編集機能が満載され、カッコイイ動画を作成できるので、映画制作やドラマ制作、動画投稿などにはとても役に立つツールです!

でも、Adobe Premiere動画編集ソフトの使いやすさや性能、価格などの面ではメリットがありますので、Adobe Premiere代替&似たフリーソフトを使いたいことがありますね。

さて、今回は、Adobe Premiereの代わりになれるソフトをいくつか紹介しています。動画編集を快適にして見ましょう!

Adobe Premiere概要

Adobe Premiereとは

Adobe Premiereは、アドビシステムズが販売している映像編集ソフトです。今、Adobe Premiereは二つのシリーズがあります。Adobe Premiere Proというシリーズは高機能版で、Adobe Premiere Elementsというシリーズは簡易版です。

・Adobe Premiere ProとAdobe Premiere Elementsの違い

一言で言うと、Adobe Premiere Proはプロ向けの動画編集ソフト、Adobe Premiere Elementsは初心者向けの動画編集ソフトです。高度な動画編集作業なら、Adobe Premiere Proをお勧めします。直感的に動画を編集したい場合、Adobe Premiere Elementsを使ってください。また、Adobe Premiere Elements は買い切りで17,800円で、Adobe Premiere Proは毎月2,480円の月会費制になっています。

・Adobe PremiereとAdobe After Effects の関係性

Adobe After EffectsはVFXなどと呼ばれる特殊な映像表現を作るための映像制作ソフトです。特殊効果を使った映像をAdobe Premiere Proで編集して、カッコイイ動画を作ることができます。因みに、Adobe After Effectsとの互換性が高いのはAdobe Premiere Proです。

Adobe Premiereの特徴

・Adobe Premiereの特長
✔ 動画編集機能が満載され、高度な映像編集ができるので、魅力的な動画を作られます。

・Adobe Premiereの短所
✘ スペックがそれほど高くないパソコンであれば、Adobe Premiereを起動すると、CPUなどの使用率が高く、編集作業が重くてカクカクし、快適編集にできません。
✘ 値段が高いです。Adobe Premiere Elements は17,800円、Adobe Premiere Proは毎月2,480円です。
✘ 動画編集基礎知識があまり知られていない入門者には少し合わないです。

Adobe Premiereは優秀な動画ソフトですが、短所もいくつかあるので、使いたくない方もあります。次は、Adobe Premiere代替フリーソフトを詳しく紹介します。

<

初心者も使える!Adobe Premiere代替フリーソフトおすすめ5選

Adobe Premiere代替フリーソフト1:VideoProc Vlogger

Adobe Premiere代替フリーソフト:VideoProc Vlogger

開発者:Digiarty Software
OS: Windows 11/10/8/7|Mac OS X 10.6またはそれ以降
価格:無料
おすすめ度:★★★★★
こんな方におすすめ:初心者

Adobe Premiere代替フリーソフト「VideoProc Vlogger」でできること

基本的な動画編集:★★★★★
高度な動画編集:★★

VideoProc Vloggerを使えば、分割・トリミング・結合・拡大・オーディオ分離・ノイズ除去などの基本的な編集作業がカンタンにできます。

さらに、レンズ補正、クロマキー合成やカラー補正、テロップ&BGMの追加、速度調整などの高度機能も備えています。

豊富なトランジションとエフェクトテンプレートで初心者でも簡単に素敵な動画が作れます。また、GPUアクセラレーションに対応したため、低スペックPCでも大容量の4K動画も快適に編集作業を進められます。

  • Adobe Premiereとの比較
  • 【メリット】
  • ✔ 価格が低いですし、登録もログインしなくても全機能を完全無料で利用できます。
  • ✔ 動作が軽く、サクサクと快適に編集作業を進められます。
  • ✔ 使い方が超簡単です。初心者でもオリジナル動画を上手く作られます。
  • 【デメリット】
  • ✘ 高度な編集作業が少ないです。
<

Adobe Premiere代替フリーソフト2:iMovie

Adobe Premiere代替フリーソフト:iMovie

開発者:Apple
OS: 日本語版macOS 10.14.6 以降 | iOS 13.4以降
価格:無料
おすすめ度:★★★
こんな方におすすめ:初心者から中級者まで

Adobe Premiere代替フリーソフト「iMovie」でできること

基本的な動画編集:★★★★★
高度な動画編集:★★★

動画編集ソフトiMovieを使えば、トリミング・分割・音楽追加・クロップ・字幕追加・再生速度変更など基本的な編集作業が満載されている以外、高度な編集作業もできます。

例えば、クロマキー合成・ピクチャインピクチャ・フィルタ・キーフレーム・文字アニメーションなども進めます。

完全無料なので、MacユーザーにはとてもいいAdobe Premiere代替フリーソフトです。

  • Adobe Premiereとの比較
  • 【メリット】
  • ✔ 完全無料・無制限で利用できます。
  • ✔ 動作が軽く、快適に動画を編集できます。
  • ✔ 動画編集初心者でもiMovieで手軽にに動画を編集できます。
  • 【デメリット】
  • ✘ iMovieの高度な編集機能はAdobe Premiereより劣ります。
  • ✘ Windows版はありません。
<

Adobe Premiere代替フリーソフト3:Aviutl

Adobe Premiere代替フリーソフト:Aviutl

開発者:KENくん
OS: 日本語版Windows 10/8/7/Vista
価格:無料
おすすめ度:★★★
こんな方におすすめ:初心者から中上級者まで

Adobe Premiere代替フリーソフト「Aviutl」でできること

基本的な動画編集:★★★★★
高度な動画編集:★★★

Aviutlを使えば、トリミング・カット・結合・合成・音声の加工・再生速度調整・逆再生・フィルタ・回転・反転・拡大などの編集作業ができます。

拡張編集、入力、出力などのプラグインを導入すれば、Aviutl単体では不可能だった高度な動画編集作業もできます。

  • Adobe Premiereとの比較
  • 【メリット】
  • ✔ プラグインを導入すると、高度な編集ができるし、価格も完全無料です。
  • ✔ 動作は軽いです。
  • 【デメリット】
  • ✘ プラグインの導入がややこしいです。
  • ✘ プラグインの導入を導入して、動画ファイルを読み込めない問題などの不具合が発生する可能性があります。
  • ✘ 高解像度の動画編集が苦手です。
<
 

Adobe Premiere代替フリーソフト4:VideoPad

Adobe Premiere代替フリーソフト:VideoPad

開発者:NCHソフトウェア
OS: 日本語版Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1 | Mac OS X 10.5 以降 | iOS 6.0以降
価格:7599〜13899円 | 無料版あり
おすすめ度:★★★★
こんな方におすすめ:初心者から中上級者まで

Adobe Premiere代替フリーソフト「VideoPad」でできること

基本的な動画編集:★★★★★
高度な動画編集:★★★★

動画編集ソフトVideoPadを使えば、カット・分割・連結・拡大・縮小・回転・BGM挿入など基本的な編集機能はもちろん、キーフレーム・クロマキー合成・切替効果・エフェクト・ピクチャーインピクチャー・テンプレートなど多くの高度な編集機能も搭載されているの、洗練された動画を手軽に作られます。

録画・録音機能が装備されているので、他のサービス動画や音声を簡単に保存できます。DVD作成や、YouTubeアップロードも可能です。

  • Adobe Premiereとの比較
  • 【メリット】
  • ✔ Adobe Premiereより動作が軽く、動画編集を快適に進められます。
  • 【デメリット】
  • ✘ VideoPadは無料版がありますが、制限が多く、動画形式で一度しか出力できないらしいです。
  • ✘ 高度な編集機能と言えば、やはりAdobe Premiereのほうが多彩です。
<

Adobe Premiere代替フリーソフト5:Shotcut

Adobe Premiere代替フリーソフト:Shotcut

開発者:Meltytech
OS: 日本語版Windows 7以降 | macOS 10.10以降 | Linux glibc 2.19以降
価格:完全無料
おすすめ度:★★★★★
こんな方におすすめ:初心者から中上級者まで

Adobe Premiere代替フリーソフト「Shotcut」でできること

基本的な動画編集:★★★★★
高度な動画編集:★★★★

Shotcutを使えば、切り出し・カット・連結・音声加工・テキスト・フィルタ・クロップ・色調整・再生速度変更・ノイズ除去などの編集作業ができる以外、 クロマキー合成・キーフレームなどの高度な動画編集作業もできます。

フィルタには種類が多くありますので、カッコイイ動画を作られます。とにかく、ShotcutはAdobe Premiereの超プロ機能以外、ほとんどの編集機能が提供しています。

  • Adobe Premiereとの比較
  • 【メリット】
  • ✔ 高度な編集作業が便利にできるのに、完全無料で使えます。
  • ✔ Adobe Premiereと比べ、Shotcutは動作が軽く、編集をカクカクと快適に進められます。
  • 【デメリット】
  • ✘ Shotcutの編集機能が豊富ですが、アクションカメラやDVDリッピング、自動編集など作業ができません。
  • ✘ 操作UIでは、Adobe Premiereのほうが綺麗です。
<

Adobe Premiere代替フリーソフトのまとめ

Adobe Premiere、特にAdobe Premiere Proは世界で一番すごい動画編集ソフトと思います。編集機能の面では、どんなフリーソフトでも敵わないと言えるでしょう。

以下は、おすすめのAdobe Premiere代替フリーソフトの比較をまとめます。自分の使用目的やパソコンのスペックに合った動画作成ソフトを使ってみましょう!

Adobe Premiere
代替フリーソフト
動作の軽さ 使いやすさ 編集機能 価格

Adobe Premiere

★★

★★

★★★★★

高い

VideoProc Vlogger

★★★★★

★★★★★

★★★★

無料

iMovie

★★★★★

★★★★

★★★

無料

Aviutl

★★★★

★★★

★★★

無料

VideoPad

★★★

★★★★

★★★★

無料版あり

Shotcut

★★★★

★★★★

★★★★

無料

編集者:鹿島湊
この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。