【無料】配信動画保存方法―おすすめのライブ配信録画ソフト・アプリを紹介!

ライブ配信動画 保存

いつでも好きな時間に視聴したいために、「YouTube Live」「dTV」「ニコ動」「AbemaTV」等、動画配信サービスで配信されるライブ動画を保存しようと思ったが、残念なことに配信動画保存方法は知りません。

動画ダウンロードソフトやサイトなどはたくさんありますが、生配信動画は直接できません。

実は、第三者の録画ソフトによって、ライブ配信を録画して保存するのは一番有効な方法です。

それでは、配信動画を保存するために、おすすめのライブ配信録画ソフトとアプリをご紹介します。PCもスマホもライブ配信動画を簡単に録画保存することができます。

<この記事の目次>[非表示表示]

おすすめのライブ配信動画録画ソフト〜PC用

おすすめのライブ配信動画録画アプリ〜iPhone用

おすすめのライブ配信動画録画アプリ〜Android用

おすすめのライブ配信動画録画ソフト〜PC用

ライブ録画ソフト-VideoProc

  • 無料でPC画面をキャプチャ

    レビュー(評価):★★★★★

    対応OS:Windows&Mac 
    言語:日本語対応 
    開発者:Digiarty

MacとWindows PCで配信動画を保存するために、高機能なPC画面録画ソフト「VideoProc」がオススメです。

VideoProcはYouTube、ニコ動、ツイキャスなどのWeb動画・ライブ配信画面を始めとした、PC上の動きやソフトやゲームアプリの動作、WebカメラからパPCに移す画面をすべてキャプチャーすることができます。

録画エリアも自由に選択してから、「REC」を一クリックだけで、フルHD、1080p、4Kの高画質で配信動画を画質と音質無劣化で録画できます。初心者の方もすぐ使いこなせます。

それに長時間の動画を録画しでも音ズレ、コマ落ちしないので、とてもありがたいです。ハードウェア・アクセラレーション技術を採用するから、動画を配信しながらスムーズに録画できます。

また、VideoProcは録画の他、動画の編集、変換もできます。VideoProcで配信動画を録画しながら、リアルタイムにテキスト、矢印、ライン、図形などにつけらます。また、録画して終わったら、不要な部分カット、ノイズ除去、サイズ圧縮、ファイル変換等の編集を扱えます。

配信動画を保存したいなら、初心者でも簡単に使えるVideoProcはぜひ試しみましょう。

「VideoProc」を利用して、PCで配信動画を録画する方法

  • @ VideoProcを手元のパソコンにダウンロードとインストールした後、VideoProcを実行して、ホーム画面で表示される「録画」アイコンをタップします。

    PCで配信動画を保存する方法
  • A ライブ配信サイトにアクセスして、録画したい配信動画の再生画面に入ります。

  • B 画面上部の「画面録画」をクリックしてから、「クロップ」をクリックし、動画の再生画面に合わせて、録画範囲を決めます。

  • C ソフト右下にある赤い「REC」ボタンをクリックすると、5秒間のカウントダウンが始まり、0になると配信動画の録画作業が始まります。

    PCで配信動画を保存する方法
  • D カウント中に動画を再生すればOKです。録画して終わったら、「STOP」ボタンをクリックしてください。これで、ライブ動画が保存されます。

  • ヒント:
  • 「録画」機能以外、VideoProcの「ダウンロード」機能を利用すれば、一部の配信動画を保存することができます。配信動画のURLをVideoProcにコピペするだけでOKです。興味があれば絶対試してください。具体的なやり方>>

ライブ録画ソフト-Bandicam

  • レビュー(評価):★★★★

    対応OS:Windows 
    言語:日本語対応 
    開発者:Bandicam Company

もう一つオススメしたい配信動画録画ソフトはWindowsパソコンで利用可能なBandicamです。

BandicamはPCブラウザーの動画、Webカメラ映像、ゲーム等を高画質でキャプチャーできる録画専用のソフトです。また、Bandicamは録画する動画に矢印、文字、蛍光ペンなどを追加することもできます。

このソフトはもっとも便利なのところが予約録画機能がついているんです。予約録画機能を利用すると、指定した日付、曜日、時刻に録画を自動で開始し、自動で終了します。放送予定時間に合わせて、YouTube Live やAbemaTV、ニコニコ生放送、タツイキャスなどのライブ配信を録画したい場合に超便利です。

ただ、Bandicamを利用して、ライブ動画を保存する時、ロゴが付きます。出力ファイルの形式もMP4とAVIに限られています。

「Bandicam」を利用して、PCで配信動画を録画する方法

  • @ PCにダウンロードとインストールしたBandicamを起動し、「画面録画モード」を選択します。

  • A 「PC画面録画」のアイコンから録画範囲を配信動画の再生画面に合わせて指定します。

  • B 赤い「REC」を押すと、生配信録画が開始します。あとは、アカウント中、動画配信サービスにアクセスして、録画したい動画を再生するだけです。

    PCで配信動画を保存する方法
  • C  録画して終わったら、停止ボタン或いはキーボードにある「F12」を押したら、ライブ動画の保存が終わります。

おすすめのライブ配信動画録画アプリ〜iPhone用

ライブ録画アプリ- iPhone標準画面録画

  • レビュー(評価):★★★★★

    対応OS:iOS11以降 
    言語:日本語対応 
    開発者:Apple

iOS11以降のiPhoneは標準に画面録画機能を搭載します。つまり、第三者の配信動画録画アプリをインストールしなくても、iOS 11 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch では、画面の録画と音声の録音ができます。

iPhoneで配信される動画を保存したい場合、iPhone標準の画面録画機能を利用してください。

「iPhone画面録画機能」を利用して、配信動画を録画する方法

  • @ iPhoneの「設定」を開き、[コントロールセンター]>[コントロールをカスタマイズ]>[画面収録]の順に選択します。そうすると、コントロールセンターを開くと、画面収録のボタンが表示されます。

    iPhoneで配信動画を保存する方法
  • A コントロールセンターを開いてボタンを押すだけで、3、2、1……のカウントダウン後、録画が開始します。録画中はステータスバーが赤くなります。

  • B カウント中にコントロールセンターを下げ、録画したい動画を再生しておけば、録画することができます。

  • C 録画が終了したいと、赤いステータスバーをタップしてください。録画した動画ファイルが写真アプリ内に保存されます。

    iPhoneで配信動画を保存する方法
  • ヒント:
  • iOS 11以降が必要なので、iOS 10以前の方は予めアップデートをしてください。

おすすめのライブ配信動画録画アプリ〜Android用

ライブ録画アプリー「AZ スクリーン レコーダー」

  • レビュー(評価):★★★★★

    対応OS:Android 
    言語:日本語対応 
    開発者:Hecorat

Android単体で配信動画を保存するには、『AZ スクリーン レコーダー』という多機能動画録画アプリは評判が非常に良いです。

「AZ スクリーン レコーダー」はフルHDおよびQHD動画を録画する事ができ、録画中に停止および取り直しも可能です。また、単に画面を録画するだけでなく、録画した動画の編集も手軽にできます。しかも完全無料で、時間制限や広告、ウォーターマークなども一切あります。

Android端末で配信動画を録画して保存するなら、これが一番です。

「AZ スクリーン レコーダー」を利用して、配信動画を録画する方法

  • @ Google Playから「AZ スクリーン レコーダー」をインストールした後、アプリを起動します。

    Androidで配信動画を保存する方法
  • A 画面に表示されたカメラボタンを選択して、様々なボタンを扇状に広がります。

  • B そこから録画ボタンを押すと、3カウント後に録画が開始します。

  • C カウント中に動画配信サービスにアクセスして、動画再生をすればOKです。

  • D 配信動画の録画を終了したい時、通知領域から[停止]を選択してください。あとは指定した場所に録画した動画が保存することができます。

以上はPCとiPhone、Androidスマホ用の配信動画録画ソフトとアプリを紹介しました。ライブ動画保存方法を探しいている方は、自分のニーズに応じて、好きなものを試してみましょう。

  • VideoProc

    音声付きで配信動画の録画を扱えるソフト - VideoProc

    動画配信サービスで配信される動画を録画して保存するだけではなく、録画した動画を編集したり、MP4/MPEG/AVI/MP3/AACなどのフォーマットに自由に出力したりすることができます。VideoProcでライブ配信の動画を保存して、自分の好きな時間に一気に視聴することができます。

    VideoProc Windows編 VideoProc Mac編
この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。