【これで解決】Windows10「フォト」で動画を編集できない時の対処方法!

Windows10に標準で入っているマイクロソフト製の「フォト」アプリは動画の再生・編集機能を持っています。

Windows Live MovieMakerと比べて、「フォト」は簡略化されて動画編集作業も最も基本的な機能だけを搭載しているのです。

ところで、最近、Windows10「フォト」で動画を編集できないなどの報告が相次いでいます。今回の記事では、この問題を解決する方法を紹介しましょう。

(一)Windows10「フォト」の代わりになる「VideoProc」を使って動画を編集する

基本的にいえば、お使用中のソフトは問題が出て使えなくなると、そのかわりになるソフトを見つけて利用したらいいです。

そう考えると、Windows10フォトで動画を編集できない問題を解決するには、一番簡単な対策は「VideoProc」です。

VideoProcとは、動画編集に関わる機能がギュッと詰まったサンドパーティ製PC用ソフトです。

VideoProc
VideoProc
  • VideoProcの主な編集機能
  • @.圧縮、A.フィルタ・エフェクト、B.色調補正、C.フォーマット変換、D.クロップ
  • E.回転反転、F.連結、G.字幕検索と追加、H.音声入れ替え、I.フレームレートの変更
  • J.音声抽出、K.トリミング、L.ノイズ除去、M.透かし、N.テキストや画像追加、O.GIF制作
  • P.M3U8、Q.MKV作成、R.手ブレ補正、S.スナップショット、.3D→2D

VideoProcはシンプルで分かりやすい操作画面で初心者でも簡単に使えるます。通常は、1個の動画素材のカット編集なら、マウスを数回クリックすれば完了。

また、非常に軽快に動作し、出来上がる動画も非常に高画質で容量の少なめの動画ができます。特に、4K UHD/8Kなどの大容量動画ファイルを処理するには得意です。

なので、VideoProc はWindows10フォトのかわりになる優秀な代替ソフトとしてよく働いています。

Windows10フォトを利用する際に、動画が編集できないドラブルや不具合は発生してしまう場合、ぜひ「VideoProc」を試して下さい。

<

(二)Windows10「フォト」で動画を編集できない原因と解決策

Windows10「フォト」で動画を編集できない時、一々と原因を調べて解決策を試すことはかなり面倒くさいけど、問題を解消する可能性があります。下記の内容では、考えられる原因とその対策を説明しましょう。

    ヒント

  • Windows10フォトアプリで動画を編集できない場合、テクニックというより基本中の基本の再起動だが、知っててもついつい忘れがちでしょう。とりあえず、Windows10フォトアプリを再起動してみます。改善はない場合、パソコンを再起動してみましょう。

(1)動画が読み込まない

Windows10「フォト」で素材となる動画を編集しようとすると、動画がフォトアプリに読み込まれないということがあるようです。

普通は、対象の動画を右クリックして、表示されるメニューから「プログラムから開く」→「フォト」の順にクリックすると、動画ファイルが「フォト」アプリで表示されて、自由に編集できる状態になるはずです。

もし、そうじゃないと、スタートボタン→「フォト」→右上の「インポート」→「フォルダーから」→動画が入ったフォルダを選択→「ピクチャをこのフォルダーに追加」→左上の「フォルダー」→フォルダーを開き、「フォト」で編集したい動画を選択することで、動画を再びフォトに読み込ませます。

改善はない場合、以下の原因が疑われます。

動画形式の非互換性の問題はWindows10フォト動画編集できない問題の原因として考えにくいけど、可能性があります。

Windows10「フォト」が対応可能な動画ファイル形式は公開されていないが、MP4 / MKV / MOV / WMV / AVI / M2TSなどが問題なくサポートしています。

もし、編集したい動画ファイルは対応範囲以外になると、読み込みができないのも当然なことです。解決策として、対象の動画ファイルをWindows10「フォト」で使える動画形式へ変換するしかないです。

<

(2)パソコンは低スペックすぎる

ご存知の通り、動画編集する時に、色々なエフェクト(効果)をかけながら編集をしたい場合などは、パソコンにおいて高いスペックが要求されます。

Windows10「フォト」のような基本的な編集作業なら、そんなにハイスペックなもの必要ないとしても、低スペックすぎると、一部の編集機能が起動できなかったり、動画が途中で止まってかくかくしたり、フリーズしたり、動作が遅いくなったり、出力画質オリジナルよりも落ちてしまったりすることがよくあります。

なので、正常にWindows10「フォト」の動画編集機能を利用できるように最低限必要なパソコンスペックは以下の通りです。
@.CPU:Core i5〜Core i7
A.メモリ:8 GB~16GB

ストレージ、グラフィックボード・モニターなどについてそんなに厳しく要求されていません。ただし、データの読み書き速度が求められる動画編集においては十分なストレージを準備したほうがおすすめします。

<

(3)使い方を間違える

使い方を間違えることで「Windows10フォトで動画を編集できない」と誤解することもあります。

Windows10フォトはWindows Live MovieMakerの簡易版として、操作性も改良されるのです。Windows Live MovieMakerを使いなれた方にとって、Windows10フォトも手軽く使いこなせるはずです。

ただし、Windows10フォトの完全初心者なら、意図せずにやると失敗や編集ミスを引き起こすかもしれません。

Windows10フォト
Windows10フォト

例えば、何か編集した後で、編集内容を保存せずに編集を終了すると、すべての編集が無駄になってしまいます。

また、トリミング、加速やスローモーションなどの操作を複数回行ったときに一部の操作だけを取り消したりしたい場合、必要な編集操作を取り消ししてしまいます。

とにかく、「フォト」を利用する際に、基本的な編集作業も一々と行うのがいいです。また、どこからどこまでやるべきかもわからない方なら、ネットでWindows10フォトの使い方ガイドを参照して下さい。

<

(4)利用したい編集機能が備えない

上記書いた通り、Windows10フォトは完全な初心者向け動画編集無料ソフトだからこそ、高度な編集機能はもちろん搭載されません。

とにかく、Windows10フォトに搭載された編集機能を確認します。

  • @.テーマ、A.オーディオ、B.画面サイズの設定、C.エクスポートと共有、D.3D効果
  • E.モーション、F.トリミング/動画、G.期間(表示時間の設定)/写真、H.サイズ変更(余白の削除)、I.フィルター(イメージ変更) J.テキスト挿入

以上から見れば、ハイクオリティな動画に仕上げため、高度な編集をやりたい方にとって、Windows10フォトは全く使い物にならないでしょうか。

それに、初心者向け動画編集ソフト同士でも、Windows10フォトの編集機能は「VideoProc」とは比べものになりません。簡単な動画編集なら、Windows10フォトもぎりぎりです。Windows10フォトの編集機能に満足しないなら、他の動画編集ソフトを利用して下さい。

<

(三)初心者が動画編集するのにWindows10「フォト」と「VideoProc」どっちが優秀?

上記の内容を読んだら、Windows10「フォト」と「VideoProc」の特徴が少しだけ分けるでしょうか。

「VideoProc」は、Windows10「フォト」で動画を編集できない問題の解決策や補充手段として推薦するが、実に、Windows10「フォト」より、「VideoProc」のほうが使い勝手が良く優れた機能を持つので魅力です。

さて、Windows10フォトとVideoProcどっちが優秀か比較しましょう!

 

Windows10フォト

VideoProc

使いやすさ

初心者でも簡単に使える

初心者でも簡単に使える

基本編集機能

11個ぐらいの編集機能。利用可能な編集機能はかなり少ない。すぐチェックする>>

21個以上の編集機能。基本な動画編集で必要な機能は十分に搭載されます。すぐチェックする>>

パソコンの推奨スペック

中〜高スペックが必要

低スペックでもOK。(PCへの負担を低減させる仕組みが採用されている)

処理速度

速い

もっと速い( Level-3 GPU加速技術をサポートする)

入力/出力形式

10種類以上

420種類以上

他の機能

写真を編集と整理する

@.PC画面録画(PIPもできる)
A.DVDコピー
B.ネットから動画と音楽をDL
C.音声変換

 

以上の表から見れば、Windows10「フォト」ではなく、「VideoProc」を利用して動画編集を始めるのはいいではないでしょうか。

<
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。