Windows 10でMP4を圧縮:Windows 10でMP4動画を小さくする方法

Windows 10のパソコンでいろいろなMP4動画を保存していますよね。しかし、MP4動画が多くなればなるほど、PCの空き容量が少なくなり、動作が遅くなり、イライラさせられることが増えてきます。そういう場合、Windows 10でMP4を圧縮して容量を小さくして、ストレージを増やしたいですが、どうすれば圧縮できますか?

今回はWindows 10でMP4動画を圧縮する方法について詳しくご紹介します。

<

Windows 10でMP4を圧縮するとは?

動画を圧縮するには、四つの方法があります。

MP4動画再生時間を調整(無劣化圧縮)

画質を落としたくないが、MP4動画を圧縮したいです。そういう場合、MP4動画不要な映像はカット(トリミング)し、必要な映像だけを残して再生時間を短くすれば、MP4動画の容量を小さくすることができます。

MP4形式の変換

MP4動画をより小さい動画形式(MOV、FLVなど)に変換したら、動画ファイルのサイズが小さくなります。

MP4解像度変更

動画ファイルの解像度が高ければ高いほど動画の画質も高くなりますから、高解像度のMP4動画を下げることでWindows 10でMP4を圧縮することもできます。

MP4ビットレート・フレームレート変更

動画のビットレートや・フレームレートについては、高ければ高いほど映像の情報量が増えるので、ファイルのビットレートとフレームレートを低く変更すればMP4動画も圧縮できます。

Windows 10でMP4を圧縮するソフト

MP4形式の変換・解像度変更・ビットレート・フレームレート変更をする必要なツールは?

MP4形式の変換・解像度変更・ビットレート・フレームレート変更をするためには、ここで使うツールは「VideoProc」というソフトです。

【公式サイト】https://jp.videoproc.com/video-edit-features.htm

「VideoProc」とは:動画の変換や編集を専攻しているソフトで、普通の動画や高解像度の動画を読み込んで形式変換、解像度変更などができます。また簡易な編集機能も搭載、MP4動画の圧縮や編集を一括で完成できます。

    おすすめポイント

  • √MP4をはじめ、多くの動画形式を対応して、容量を小さくすることができる;
  • √動画ファイルだけでなく音声やDVDも編集/変換も便利;
  • √圧縮の速度が速い;
  • √使い方が簡単初心者も理解しやすい;
  • √Windows 10だけでなく、Windows 7/8/8.1・Mac OSのどちらにも対応;

VideoProcを使って、Windows 10でMP4を圧縮する手順

@、Windows 10でMP4を圧縮する前に:MP4動画をVideoProcに追加

  • 「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、VideoProcをWindows 10にダウンロードして起動します。そしてメイン画面で「ビデオ」をクリックします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4をソフトに追加
  • ビデオの編集・変換画面へ進んだ後、上の「ビデオ」をクリックしてWindows 10で圧縮したいMP4動画をソフトに追加できます。後は動画を圧縮順になります。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4をソフトに追加

A、Windows 10でMP4を圧縮:MP4動画再生時間を調整(トリミング)

  • 動画を追加した後、動画下の「トリミング」をクリックします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:トリミング
  • 「トリミング」画面でMP4動画の開始位置や終了位置を調整して、右の「トリミング」→「完了」の順でクリックします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:トリミング
  • 「RUN」をクリックすると、Windows 10でMP4をトリミングして圧縮することが始まります。

<

B、Windows 10でMP4を圧縮:MP4形式の変換

  • 動画を追加した後、一番下の「出力」をクリックします。

  • 出力形式を選択する画面で、右上の検索欄で変換したい形式を入力してから、その動画形式を選択して「完了」をクリックします。ここで「FLV」を例としてご紹介しますが、他のMP4形式より解像度の低い動画形式を選択してもいいです。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4形式の変換
  • 「RUN」をクリックすると、Windows 10でMP4を形式変換して圧縮することが始まります。

<

C、Windows 10でMP4を圧縮:MP4解像度・ビットレート・フレームレート変更

  • 動画を追加した後、下図のように「オプション」をクリックします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4解像度変更
  • 解像度を変更:「オプション」画面で、「ビデオコーデック」下の解像度のところに動画の解像度を選択します。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4解像度変更
  • フレームレートを変更:「オプション」画面で、「ビデオコーデック」下のフレームレートのところに動画のフレームレートをリサイズします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4フレームレート変更
  • ビットレートを変更:「オプション」画面で、「ビデオコーデック」下のビットレートのところで、「自動設定」を選択して、右の「目標のビットレート」のところで設定します。解像度、フレームレート、ビットレートなどをリサイズした後、「完了」をクリックします。

  • Windows 10でMP4を圧縮:MP4ビットレート変更
  • 「RUN」ボタンをクリックすると、Windows 10でMP4を圧縮することができます。

まとめ

MP4形式の変換や、解像度、フレームレート、ビットレートなどをリサイズすることにより、Windows 10でMP4を圧縮することができますが、画質が悪くなることも避けないことをご注意ください。元画質のままでMP4を圧縮したい場合、Windows 10でMP4動画の再生間を変更、つまり動画をトリミングして必要な部分のみ保存することがおすすめです。

この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。