Windows 10パソコンで動画容量を小さくして圧縮する方法(高画質)

FFmpeg圧縮

ー GoProやドローン、4Kビデオカメラで撮影した4K映像、ネットからダウンロードした高画質のMKV動画、ブルーレイからリッピングした高画質のビデオなど、パソコンにはサイズの大きい動画をいっぱい保存していて、パソコンが遅くなってしまいます。
ー 動画をオンラインストレージにアップロードしたいが、動画の容量が大きすぎて、アップロードできません。
ー 撮影した4Kビデオをメールで送信したいが、動画サイズが大きくて、かなりの時間がかかります。
ー アマレココで録画した動画のファイルサイズが大きすぎて、再編集するのが難しいです。

上記のように動画の容量を小さくしたい人はたくさんいます。

本文では、今デスクトップOSシェア率の最も多いWindows 10のユーザーのために、

※ Windows 10で動画容量を小さくする手段
※ 専門的なWindows 10動画圧縮ソフトで動画容量を小さくする
※ 動画圧縮機能に特化したサイトによって動画容量を小さくする

という2つの方法をご紹介いたします。

Windows 10で動画容量を小さくする手段

動画のビットレート、フレームレート、解像度、トラック数、長さ、GOP、コーデックという7つの要素は動画のサイズを影響します。従って、Windows 10パソコンで動画の容量を小さく圧縮するには7つの手段があります。

@ 解像度を小さくする

ビデオの解像度も動画の容量を大きく影響します。解像度が大きいほど、ファイルサイズが大きいです。かわりに、画質も綺麗です。理論的には、解像度を4Kから1080pへダウンスケーリングしたら品質が低下します。 ただし、1080pのテレビまたはモバイルデバイスで圧縮ファイルを再生すると、品質の低下は見られません。同時に動画ファイルサイズはかなり圧縮されました。

A ビットレートを小さくする

ビットレートは、ビデオの品質とファイルサイズに影響する重要な要素です。 理論的には、ビットレートが高いほど、ビデオ品質が良くなり、ファイルサイズが大きくなります。 しかし、ビットレート一定の数字に達すると、目で見れば品質の向上に気づくことはなくなりますが、ファイルサイズの増加のみになります。 したがって、割と低いビットレートを選択して動画容量を小さくすることができます。

B フレームレートを小さくする

フレームレートは、動画のファイルサイズや再生の滑らかさに影響します。 スポーツビデオを録画する必要がある場合は、高いフレームレートを選択することをお勧めします。 ただし、アクションシーンでいっぱいではない動画を撮影するには、あまり高く設定する必要はありません。 したがって、必要に応じて動画のフレームレートを30fps及び以下に変更してください。

C 要らない部分カット

動画が長いなら、不要な部分をカットしたら、動画のサイズも小さくなります。カットしたら、再生する時、早送りする必要もありません。結構便利です。

D 動画のオーディオトラックを削除

動画はビデオトラックとオーディオトラックを格納しているファイルです。オーディオトラックもかなりの容量を占めます。あまり意味のない動画なら、オーディオトラックを削除して動画容量を小さくすることができます。

E 圧縮率の高いコーデックに変換

動画には、数十類のコーデックがあります。コーデックによって、圧縮率も異なっています。圧縮率が高ければ、動画のファイルサイズが小さくなります。

ビットレート当りの画質の良さ(圧縮率)まとめ:AV1 > H.265/HEVC = VP9 > H.264/MPEG-4 AVC >= WMV9 > MPEG-4 > Xvid = Divx > MPEG-2 > MPEG-1 > DV >= Motion JPEG

F GOPの値を高く設定

GOP(group of pictures)はIフレーム、Bフレーム、およびPフレームで構成されています。 例えば、250 GOPである場合は、1のIフレームと249のBフレームとPフレームが存在します。 GOPを500に増やすと、Iフレームは1のままで、BフレームとPフレームは499に増加します.1 Iフレームのサイズは、249 BフレームとPフレームのサイズよりはるかに大きいです。 したがって、GOPの値を増やすと、ビデオのIフレーム数が減り、ファイルサイズが小さくなります。

PCでiPhone動画を圧縮する方法

まずは専門的なWindows 10動画圧縮ソフトを利用して、サイズの大きい動画容量を小さくする方法を説明します。

おすすめのWindows 10動画圧縮ソフト

ここでは筆者が愛用しているオールインワン動画処理ソフトVideoProcをおすすめします。動画編集、動画変換、音声変換、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、PC/Mac/iPhone画面録画、DVDコピーなど多機能を一身に備えています。動画圧縮に特化していない動画処理ソフトではないが、優れた動画圧縮機能を持っています。動画圧縮機能を利用した方からは全部高く評価されています。

高機能なiPhone動画圧縮ソフト:VideoProc

優れた動画処理ソフトとして、初心者でも簡単な操作でサイズの大きな動画容量を小さくすることができます。動画変換、動画編集機能を持つため、動画を今流行っている映像形式に変換したり、動画をトリミングしたり、動画のフレームレート・ビットレート・解像度を変更したりして、ファイルサイズを縮小できます。

  • iPhone圧縮の特徴
  • ● 高品質エンジンと独自のエンコード技術によって、動画の画質と音質を最大限度に維持して高画質圧縮可能
  • ● 最新の高圧縮率のHEVC/H.265コーデックをサポートし、同じパラメータならサイズがH.264の半分になり、画質がH.264と同じ高品質
  • ● 高圧縮率のコーデック、フレームレート、ビットレート、解像度の設定によって動画容量を小さくすることができる他、要らない部分のカットや、動画のオーディオ部分を削除することもサポートし、最大限度に動画サイズを小さくすることができる
  • ● GPUアクセラレーション技術をサポートし、爆速で容量の大きい動画を小さくすることが可能
  • ● インターレース解除機能も搭載していて、インターレース方式の動画をプログレッシブ方式に変更して、シマ模様のようなノイズを消します動きを滑らかになって、動画がきれいになる
  • ● 一本の動画の出力を設定したら、複数のiPhone動画に適用して、一括圧縮することが可能
  • ※ VideoProcでできること ※
  • 歪み修正/レンズ補正、ノイズ除去、手ぶれ補正、回転・反転、GIF作成、分割、スナップショット、m3u8作成、字幕エクスポート・追加、3D→2D変換、マルチトラックファイルMKV作成…
  • 動画編集&変換、動画&音楽ダウンロード、音声変換、DVDコピー・リッピング、Windows/Mac/iPhone画面録画

ソフトによってWindows 10で動画容量を小さくする方法

事前にWindows 10動画圧縮ソフトVideoProcをPCにダウンロードしてインストールしてください。

  • ➊ VideoProcの起動画面で「ビデオ」をクリックしてください。
  • VideoProc動画機能
  • ➋ Windows 10のエクスプローラでサイズの大きい動画の保存先を開き、圧縮したい動画をVideoProcにドラッグ&ドロップします。
  • PCに圧縮したい動画追加
  • ➌ 高圧縮率のコーデックに変換
    出力動画ファイルのコーデックとフォーマットを設定します。
    圧縮率まとめ:AV1 > H.265/HEVC = VP9 > H.264/MPEG-4 AVC >= WMV9 > MPEG-4 > Xvid = Divx > MPEG-2 > MPEG-1 > DV >= Motion JPEG
    互換性を考えたら、HEVCというコーデックに圧縮するのがおすすめです。今より多くのデバイスがHEVC/H.265をサポートしています。
  • 高圧縮率のコーデックを選択
  • ➍ ビットレート、フレームレート、解像度、GOPの設定
    ビットレート、フレームレート、解像度, GOPの値が高いほど動画のサイズが大きいとなります。綺麗な範囲でそれらの値を小さくすれば、動画の容量を小さくすることができます。
    設定方法
    歯輪のようなアイコンをクリックして、パラメータの設定画面が出てきます。ここでは、ビデオのコーデック・ビットレート・フレームレート・解像度、GOP、オーディオのコーデックサンプルレート、ビットレート、チャンネルがカスタマイズできます。それらの値を小さい方に設定することによって、動画のサイズを小さくすることができます。最後に「全てに適用」或いは「完了」をクリックしてください。
  • 動画設定
  • ➎ 要らない部分カット
    カットしたい動画の下にある「トリミング」をクリックしてたら、VideoProcのトリミング機能画面がポップアップします。要らない部分を削除したい場合、まずタイムラインのところで、残りたい動画の開始時刻と終了時刻をドラッグ&ドロップで選択します。そしてタイムラインの後ろにある「+トリミング」をクリックしたら、先選択したクリップはソフトの下に表示します。再びタイムラインで開始時刻と終了時刻を設定してクリップ映像を複数追加できます。
  • 動画トリミング
  • ➏ オーディオトラック削除
    追加された動画の詳細情報というところで、オーディオトラックをクリックして、チェックを外したら、オーディオトラックが削除されます。最後に「RUN」をクリックしたらWindows 10パソコンで動画容量を小さくする作業が始まります。
  • 動画圧縮Windows 10

オンライン動画圧縮サイトによってWindows 10パソコンで動画容量を小さくする方法

動画圧縮ソフトをWindows 10パソコンにインストールしたくない人のために、オンライン動画圧縮サイトによって、サイズの大きい動画の容量を小さくする方法もここで紹介します。

おすすめの動画圧縮サイト

ネットで検索すれば、今市場のオンライン動画圧縮サイトも少なくないことがわかります。筆者が使ってみたところ、https://www.media.io/jp/video-compressor.htmlというオンライン圧縮ツールが使いやすくて便利です。オススメしたいと思います。

  • オンライン動画圧縮サイトの特徴
  • ● 容量を小さくしてmp4, avi, mkv, mpg, wmv, mov, m4v, 3gp, flv, webmで保存できる
  • ● 圧縮した動画のサイズが作業する前確認できる
  • ● 細かく設定が必要なし

オンラインサイトによって動画容量を小さくする方法

  • ➊ オンライン動画圧縮サイトにアクセスして、「ファイルを選択」によって、Windows 10パソコンから、容量を小さくしたい動画をサイトにアップロードします。また、Google Drive/Dropboxからの追加も可能です。
  • 圧縮したい動画追加
  • ➋ 圧縮動画の解像度、圧縮率、フォーマットを設定します。
  • ➌ 設定ができたら、「圧縮」ボタンを押して、Windows 10で動画容量を小さくする作業が開始します。
  • 圧縮動画設定
  • ➍ 圧縮作業が終わったら、「ダウンロード」ボタンを押して、圧縮された動画のファイル名と保存先を設定したら動画がWindows 10パソコンにダウンロードします。

Windows 10で動画容量を小さくする方法まとめ

上記で紹介したWindows 10パソコンで動画容量を縮小する2つの方法はそれぞれに利点と欠点があります。どれを採用するか分からない人は下記の比較表をご参考ください。

VideoProc

オンライン動画圧縮サイト

メリット

@ ネット環境必要ない
A 細かく設定可能
B 高圧縮率コーデック対応
C 豊富な動画形式の入力と出力が可能
D 圧縮した動画の品質が高い
E 入力動画ファイルのサイズ制限がない
F 豊富な機能が搭載していて、動画編集まで可能

@ ソフトインストール不要
A 使い方が超簡単
B 圧縮した動画のサイズが作業する前確認できる
PCローカル動画の他、Google Drive/Dropboxのオンラインストレージ動画も圧縮できる

デメリット

@ 動画の基本知識が必要
A ソフトをインストールする必要がある

@ ネット環境必要
A 入力動画ファイルサイズが100MBに制限されている
B 対応する出力動画と出力動画の形式が少ない
C 高圧縮率コーデックをサポートしない
D 圧縮した動画の画質が悪い
E 細かく設定できない

 

<
この記事を書いた人:アキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。