ホーム動画変換・編集 GoPro VS iPhoneカメラ面々比較

【GoPro VS iPhoneカメラ】GoPro iPhone画質、機能、価格、安定性など面々比較

ゴープロとアイフォン:ポケットサイズカメラの対決

撮影しようとすれば、ポケットサイズのカメラが持ちやすいし今画質も優れるので今人気になる。ポケットにも入れるカメラといえば、カメラの中にGoProが一番。また、実に誰でも持っているポケットサイズカメラがある。スマホのカメラでも専門的なカメラのような写真と動画が撮れるようになる今は、iPhoneカメラは一面に好評されている。ではポケットサイズカメラを購入すれば、GoPro VS iPhoneの対決になる。GoProとiPhone画質が両方も満足させてくれる。ではGoPro iPhone比較すれば最新機種のGoPro Hero 6とiPhone XSを比較しよう。ゴープロとアイフォンの最新機種で、画質、音声、補正など機能、周辺機器などを面々に比較する。自分がGoPro VS iPhoneの対決にどっちの味方になるか、どっちを買うかと、これからの比較を読んだらすぐわかる。

GoPro/iPhone画質無劣化で編集できる専門的動画編集ソフト
GoPro VS iPhoneカメラ面々比較

VideoProc ― GoProとiPhoneと両方で撮った動画を編集したり変換したり補正したりする専門的なソフトで、より先進的な技術を用いてより強力になる。GoPro iPhone画質をより高くなるように、このソフトに素晴らしい機能が多く内蔵され、初心者でも簡単に利用でき、専門家並びの動画が作成できる。

GoPro VS iPhone基本情報:価格、持ちやすさ、バッテリー持ち時間

GoPro Hero 6 iPhone XS
価格 52000円 最安112800円
サイズ 23.7 x 13.2 x 7.5cm 143.6 x 70.9 x 7.7mm
重さ 117g 174g
バッテリー 1220mAh 2659mAh

GoPro iPhone比較:価格

購入すればまずは予算と価格。GoProは機種によって、最安二三万円で購入でき、今回比較対象になるGoPro Hero 6は今52000円で購入できる。iPhoneも機種によって価格が違いが、今対象になるiPhone XSは最安112800円で発売され、なお、同じカメラが搭載されているiPhone Xは今104200円でAmazonから購入できる。つまり、GoProと比べる力が持っているカメラを購入しようとiPhoneを買えば、GoProより二倍ほどのお金を払うことになる。が、ゴープロとアイフォンが違って、GoProを買ってもスマホ代も払う。アイフォンを買えばスマホとカメラ両方も手に入れる。これだけでGoPro VS iPhoneにどっちがメリットかと断言できない。

GoPro iPhone比較:持ちやすさ

ゴープロとアイフォンを一緒置くとは違いなくiPhoneのサイズがずっと大きい。もちろん機体も半分ほど重い。が、GoProを持って撮影に行く時にスマホも持たねばならないので、スマホと合わせてiPhoneより重くなる。

一方、撮影する時に、より軽くてより小さいGoProのほうがいい。iPhone XSをずっと持って長時間動画を撮る時にすぐ疲れる。

GoPro iPhone比較:バッテリー容量とバッテリー持ち時間

カメラのバッテリーといえば、いつまで撮影できるかと決めるものである。実験によってGoPro Hero 6が最高の画質で、1時間44分撮影できる。わずか1220mAhだけでバッテリーだけど、一時間半は撮影だけの時間なので、休憩や準備など時間を合わせて、一日の撮影ができると思う。

iPhone XSのバッテリー容量はGoProよりずっと多いが、スマホとしてすごいエネ消費で、また帰る途中に電源切れにならないように節約しなければいけない。今iPhoneが一日中の正常利用はできるが、撮影などエネ消費が速い作業ならやはりバッテリー方面はデメリットである。

結論

価格でiPhoneのほうがGoProとスマホの組み合いよりやすいかもしれないが、持ちやすさとバッテリー持ちはGoProの勝ち。

GoPro VS iPhone画質比較:解像度、FPS、アスペクト比など

GoPro Hero 6 iPhone XS
720P HD 60fps 30 fps
1080P HD 30 fps, 60fps, 120fps, 240fps 30 fps, 60fps
2.7K 30fps, 60fps, 120fps 機能なし
4K 24fps,30 fps, 60fps 24 fps, 30fps, 60fps

GoProとiPhone画質が両方も優れるが、その中に細かい違いがある。ゴープロとアイフォンと、720Pから最高4Kまで撮影できる。が、4Kファイルサイズが大きいからその下の解像度で撮影しようとする時に、iPhoneカメラは1080Pで、GoProは2.7K解像度も対応できる。

また、FPSは毎秒に撮影するフレーム数で、GoProはより高いFPSが対応できる。GoProとiPhone画質が最高の4Kに設定すれば同じFPSに対応できるが、1080P HDの場合に、GoProが最高240FPSで撮影できる。動いている撮影対象の動きをよりシャープでよりスムーズに撮影できる。さすがアクションカメラであるGoProで、運動を撮影する方面にiPhoneよりずっと強力。

結論

GoProとiPhone画質が最高に設定する時に両方も同じであるが、高速運動の撮影対象の動きを撮影するにはGoProがずっと強力。

GoPro VS iPhone音声比較:音声入力、外付けマイクなど

動画には画面以外に音声もある。ゴープロとアイフォン両方も撮影中に音声を収録できる。GoPro iPhone比較すれば、GoProのほうは防水などのためにジェックをできるだけに減少し、外付けマイクを連携することができない。もちろんiPhone XSも3.5mmジェックがないが、外付けマイクは対応できる。

もちろん、音声は動画編集ソフトで簡単に変更できる。GoProもiPhoneも画質が一番重要なものである。が、動画編集ソフトを利用して音声を変更することより、やはり撮影しながら音声を収録できるほうが便利である。

結論

ゴープロとアイフォン両方も収録できるが、iPhoneだけ外付けマイクに対応できる。

最新のVideoProcで、GoProとiPhone動画を完璧に

超高品質且つ超高圧縮率のH.265デコードを、最新のVideoProcが対応済み!これまでのGoProとiPhoneでも例え4Kなど超高解像度の動画でもどんどん撮影でき、VideoProcがH.265の再生・保存・編集を保証する。豊富な機能で、撮影中に残念なところをすべて補正でき、GoProとiPhone動画を完璧にする!

GoPro VS iPhone機能比較:防水、広角、手ぶれや色など補正

GoPro iPhone比較:防水

水下撮影はGoProの目玉機能で、10メートルまで耐えられる。iPhone XもiPhone XSも2メートルまで耐えられると、公式サイトがそう載られているが、実に水がiPhone機体にこぼしただけで壊れる報告が多くある。とりあえず温泉やお風呂などにもはいらないiPhoneは水下撮影は絶対ダメ。

GoPro iPhone比較:広角

ゴープロとアイフォン両方も広角の写真が撮れる。が、iPhoneのほうは広角動画の撮影機能が内蔵していない。iPhone XSが広角写真を撮るモードは写真をいくつ撮って、ソフトでまとめる作業で、広角動画は無理。

GoPro iPhone比較:手ブレ補正

運動カメラとしてGoProの手ぶれ補正がもちろん、iPhoneの光学式手ぶれ補正よりずっと強力である。しかもGoProの手ブレ補正は本格的な手ぶれ補正で、画面をカットしたり画質が下がったりすることがあまりしない。GoPro Hero 4からだんだん進化してきたGoPro Hero 6の手ブレ補正機能はきっと満足させてあげる。

結論

撮影機能はGoProの全面勝ち。iPhone撮影機能も優れるができない機能はあくまでもできない。

GoPro VS iPhone周辺機器比較:

GoPro iPhone比較:GoPro Hero 6アクセサリー

GoPro VS iPhoneカメラ面々比較

三脚マウント:付属のマウントは、通常の三脚に取り付けるマウントがついていないために、三脚に取り付けて使用する人にとって必要なアクセサリーである。

NDフィルター:明るい場所でシャッタースピードを落として、滑らかな動画が撮れる。直接にレンズにかけるので、画質が下がらないようにできるだけいい商品を買ってください。

三脚:GoPro Heroシリーズ専門なミニ三脚があり、足が自由に動ける三脚もあれば、硬い足でしっかりとサポートできる三脚もある。

3-way:カメラグリップ、延長アーム、三脚の3通りの使用が可能な純正のアイテムである。

ジンバル:手振れ補正が強くなったものの、より安定した映像を撮りたい場合にオススメのアイテム。

GoPro iPhone比較:iPhone XSアクセサリー

GoPro VS iPhoneカメラ面々比較

外部レンズ:iPhoneに直接挟み込む外部レンズもあれば、ケースにはめ込むレンズもある。iPhoneのカメラスペックを補充したり機能を追加したりする。

三脚:iPhoneをずっと持たなくても撮影できる道具で、いろいろな形がある。iPhoneの構造なので、普通の三脚が利用できない。iPhone専門の三脚だけ対応できる。

自撮りスティック:iPhoneで自撮りする時に不可欠な道具である。リモコン、ケーブルまたはウェアレスなどのタイプがある。

結論

GoPro iPhone比較すれば、GoProの周辺機器はだいたい、より穏やかな撮影のために作られたものである。iPhoneの周辺機器はより多彩で、機能追加もできる。

GoPro VS iPhone後続作業:出力・同期、編集など

撮影は始めりで、撮影したら出力または同期、編集、アップロード、シェアする。

GoPro iPhone比較:出力・同期

GoProは単なるカメラで、編集もアップロードもシェアも、撮影した動画をパソコンあるいはスマホに出力してから実現できる。ゴープロとアイフォンをウェアレスで連携して、Quikアプリで同期できる。が、ウェアレスでiPhoneに転送したGoPro動画は画質が下がる報告がある。USBケーブルを経由してMac/Windowsパソコンに出力するほうは画質落ちはしない。

iPhoneは出力・同期しなくても編集/アップロード/シェアできるし、Mac/Windowsに出力しようとすればMacX MediaTransのようなソフトで簡単にできる。Macパソコンの場合にAirDropなど便利な標準ツールで転送できる。

GoPro iPhone比較:編集

GoProもiPhoneも、動画を出力すればパソコンに簡単に編集できる。VideoProcのようなソフトがあれば、例え4Kの動画でも簡単且つ高速に編集できる。もちろん、高品質の素材は編集に有利で、GoPro iPhone画質によって編集する前に処理しなければならないことがある。

また、iPhoneで撮った動画をiPhone編集アプリを利用して編集できる。パソコンに出力しなくても編集して新しいストーリーを作成できる。これだけはGoProで実現できない。

GoPro iPhone比較:アップロード

iPhoneから直接に撮影した動画または編集した動画をYoutube、Twitter、Facebookなどの共有サイトにアップロードできる。が、GoPro動画をアップロードしたい時にパソコンまたはスマホを経由しなければ実現できない。

結論

GoPro VS iPhone後続作業はiPhoneの全面勝利である。もちろんGoProはとても便利な出力ソリューションが提供しているが、iPhone自体だけで編集・共有できるほうは便利である。

GoPro iPhone比較結論:ゴープロとアイフォンが向いている人と場合

GoPro iPhone画質や便利さなどを比較したら今、どっち買うかと決める時になる。

まずは水下で撮影したいお方はGoProしかない。予算によって5万円以上ならGoPro Hero 6かGoPro Hero 7かと比較すればいい。が、安いカメラが買いたいお方に安機種のGoPro 2018をすすめたい。

水下撮影など、一方はNGしたニーズがない場合に、どっちがより良いかと決める。GoProは運動カメラで、走りながら撮影することに向いている。一方、GoProとスマホの組み合いより、iPhoneのほうは持ちやすい

iPhone8、iPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRユーザーにとって、より良いカメラが欲しければ、GoProを購入する。水下でも撮影できるし、手ぶれ補正などもより優れたGoProはiPhoneより画質が穏やかが動画が撮れる。しかも今持っているiPhoneはGoProのリモコンとも利用でき、GoProが撮った動画を同期したり編集したりすることもできる。

が、iPhone8よりも古いiPhoneの持ち主は、iPhone新機種を買うほうがいいと思う。今使っているiPhoneはそろそろ機種変更の時になり、iPhoneを買えばスマホとカメラ両方も最新になる。

GoPro/iPhone画質無劣化で編集できる専門的動画編集ソフト

VideoProc ― GoProとiPhoneと両方で撮った動画を編集したり変換したり補正したりする専門的なソフトで、より先進的な技術を用いてより強力になる。GoPro iPhone画質をより高くなるように、このソフトに素晴らしい機能が多く内蔵され、初心者でも簡単に利用でき、専門家並びの動画が作成できる。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム動画変換・編集 GoPro VS iPhoneカメラ面々比較

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2018 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

本サイトに掲載されている製品名、ロゴ及び商標に関する権利は、当社または各々の権利所有者に帰属します。