【字幕抽出】DVD/VOB/MKV/MP4/Youtube等から字幕ファイルを取り出してテキスト形式で保存する方法

映画やTVドラマ、テレビ番組の楽しみを増えるには字幕は重要な役割を担当しています。

場合によってお手持ちの動画ファイルから字幕を抽出する必要があるかもしれません。

今回の記事では、DVDもふくめ、通常な動画ファイルMP4、MKV、FLV、AVI、WMV、MOV等から字幕ファイルを取り出す方法をわかりやすく紹介しましょう。

動画に使用される字幕ファイルについての知識

(1)「内部字幕」と「外部字幕」

本格に字幕ファイルを抽出する前に、まず様々な動画ファイルに格納されている字幕ファイルについての知識を理解しましょう。

字幕情報はメディアファイル内に内蔵する「内部字幕」と、別ファイルとする「外部字幕」の二通りの方法があります。

ソースのビデオファイルから抽出できるのは「外部字幕」だけです。

ところが、どうやって「外部字幕」と「内部字幕」を区別しますか。

それは簡単です。ビデオファイルを字幕の表示・非表示に対応した再生プレーヤー(通常なプレーヤーで問題ない)で再生して、字幕を非表示に設定します。

字幕が依然として出ると、「内部字幕」と判断できます。一方、字幕が出ないと「外部字幕」となります。

<

(2)「外部字幕」について

ところで、「外部字幕」はいわゆる字幕ファイルで大きく分けて2つの形式があります。

  • ●一つは、DVDに付いてる元の字幕をベースにした画像形式のようなものです。 
  • ●もう一つは、テキスト形式の物です。 

いずれの場合も、第三者ソフトを使えば、字幕をソースファイルから.srtといったテキスト形式で取り出すことができます。

だが、テキストデータを動画から抽出するソフトはたくさんあるが、画像データを抽出できるソフトは極めて希です。

基本的に、DVDに格納されている画像形式の字幕を抜き出すにはSubRipは定番です。

一方、テキスト形式の字幕なら、よく知られるVobsubより、「VideoProc」という無料字幕抽出ソフトをおすすめします。

    VideoProc特徴

  • @.MKV、MP4などの動画に埋め込まれたテキスト形式の字幕ファイルを抽出しSRTかASS形式で保存します。
  • A.抽出した字幕ファイルを他の動画へ埋め込むことも出来ます。
  • B.使い方は一見すると分かるほどわかりやすいので誰でも簡単に楽しく使用できます。
  • C.基本性能も安定性も高くて字幕抽出作業が一瞬で終わりそうで利便性が良いものです。
<

VideoProcを使ってMKV、MP4から字幕を抽出する方法

まず、VideoProcをお使いのパソコンへダウンロードしてください。WindowsとMacのいずれも対応可能です。インストールが完了すると次の操作に進みましょう。

MKV、MP4から字幕を抽出STEP1

STEP1:VideoProcを起動後、ホーム画面で「ビデオ」アイコンをクリックします。

MKV、MP4から字幕を抽出STEP2-3-4

STEP2:画面上側のメニューバーで「ビデオ」をタップしてから、対象の動画ファイルを選択してVideoProcに読み込ませます。または、動画を直接にソフトの指定領域へドラッグ&ドロップして読み込みも可能です。

STEP3:画面一番下右のメニュータブより『ツールボックス』を選択し、その上に表示されるオプション機能が様々です。そこから、「字幕エクスポート」を選択します。

STEP4:最後に、「RUN」ボタンをタップして、動画から字幕ファイルの抽出が始まります。後は待つだけです。

進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示されます。プログレスバーが100%になれば自動で消えて、保存するフォルダを開いて字幕ファイルを確認することができます。

※「字幕エクスポート」をダブルクリックすると、字幕抽出の専用画面に入って、出力形式をSRTかASSか選択することができます。デフォルトではSRTで保存されます。

出力形式をSRTかASSか選択する

VideoProcで字幕を抽出する作業はこれで終わります。

もっと読む:【フリー・簡単】パソコンで動画に字幕を入れるソフトとそれぞれの使い方を紹介

<

SubRipを使ってDVDから字幕ファイルを抽出する方法

SubRipとは、DVDファイルから字幕抽出によく使われているWindows用フリーソフトです。

光学文字認識を使用するため、テキスト形式の字幕ファイルは言うまでもなく、DVDに含まれるVOBファイル(映像・音声・字幕などを

ひとつのオブジェクトとして格納することができるデータ形式)を読み込んで字幕を抽出もできるので重宝されています。

だが、SubRipは認識エラーが多く、出力される字幕データはかなり不完全なものだという報告がたくさんあります。

例えば、暗号化DVDならSubRipは読み込めない時はあります。それに、正しく読み込まれても画像に乱れが発生することがあるようです。

個人的には言えば、第三者DVDコピーソフトと連携して、事前にソースのDVDからVOBファイルを取り出しておくのが安心します。

DVD Decrypter、DVDFab、WinX DVD Ripperなどのコピーソフト以外、上記紹介した「VideoProc」も使い物になります。

もっと読む:VideoProcでDVDからVIDEO_TS(VOBファイル)をコピーする方法>>

<

そして、以下の手順でSubRipを使ってDVDから字幕ファイルを抽出しましょう。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP1

STEP1:SubRipを起動後、上部のメニューにある「File」→「Open VOB」をタップします。すると、新しいウインドウが表示されます。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP2

STEP2:「Open」というボタンを押して、ファイル選択ダイアログが開きますので、HDDにコピーしたVOBファイルのいずれかを選択します。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP3

STEP3:Actionを確認します。ここではテキストで保存するので「SubPictures to Text via OCR」にチェックを入れます。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP4

STEP4:日本語か英語などの外国語かと取り込む字幕の言語を選択します。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP5

STEP5:Startボタンを押して、字幕の取り出しを開始します。

DVDから字幕ファイルを抽出STEP6

STEP6:しばらくすると取り込みが完了します。「File」→「Save As」を選ぶことでこのテキスト字幕をファイルに保存できます。デフォルトではSRT形式で出力されます。

<

ご注意: DVDから字幕ファイルを抽出するのは違法行為になるかも

レンタルDVDや購入したDVDは、必ずと言ってもいいほど著作権で保護されています。

著作権侵害にならないように、著作物を他人が無断で改変や加工したりすることが禁止されています。

著作権侵害とは:著作権の目的となっている著作物を、著作権が及ぶ範囲で利用する行為であって、その利用について正当な権原を有しない第三者によって行われるものをいう。

著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)。

<

まとめ

以上の内容は、@. SubRipでDVDファイルから画像形式の字幕ファイルを抽出する方法、A. VideoProcでMKVやMP4などの動画ファイルからテキスト形式の字幕ファイルを抽出する方法と別に詳しく紹介します。

初心者にとって、VideoProc はすごくチャレンジしやすいです。だが、SubRipのほうがすこし使いづらいと思います。

それに、DVDファイルから字幕を抽出するには、第三者DVDコピーソフトもできるだけ用意しておくのがいいし、著作権侵害になる恐れもあるので面倒です。

<
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。