Chromeのストリームレコーダーの保存先を設定&変更&確認する方法

ストリームレコーダー保存先

Chromeのストリームレコーダーでストリーミング動画やオンデマンド動画をパソコンに保存しましたが、専門的な動画ダウンロードソフトのように、保存フォルダが自動的にポップアップしないので、保存先が動画はどこに保存されたか分からない人がたくさんいます。

本文では、Chrome拡張機能のストリームレコーダーの保存先を確認する方法と保存フォルダを変更する方法を詳しく紹介します。

本稿を最後まで読んだら、Chromeの特徴、ストリームレコーダーで動画を保存する方法、ストリームレコーダーで動画保存できない対処法もわかります。

ストリームレコーダーの特徴

ストリームレコーダーはブラウザの拡張機能で、HLS ( HTTP Live Streaming ) で配信されているストリーミング動画をmp4フォーマットとして保存できます。
また、ストリーミング動画をうまくダウンロードできない時、ユニークなビデオキャプチャ機能も備えているため、通常のダウンロードアプリでは保存ができない動画についても直接録画することが可能です。

ストリームレコーダー

ストリームレコーダー対応ブラウザ: Google Chrome

● 公式サイト:https://www.hlsloader.com/ja/
● 出力形式:MP4
● 対応動画サイト:ニコニコ生放送, Twitchなどのhlsストリーミングサイト

  • 注意
  • 今Firefoxにはストリームレコーダーのプラグインが削除されました。Firefoxブラウザをご利用中の方はオンラインストリーミング動画を保存したいなら、Video DownloadHelperやVideoProcなど他の拡張機能やソフトを使いましょう。

ストリームレコーダーでストリーミング動画を保存する方法

Chromeの拡張機能なので、パソコンに余計なソフトをインストールする必要はありません。Chromeブラウザで、保存したい動画を再生して、ストリームレコーダーを有効にしたら、ストリーミング動画を保存することができます。具体的な操作は引き続きご覧下さい。

ストリームレコーダーをChromeに追加する方法

事前にストリームレコーダーをブラウザChromeにインストールする必要があります。

  • 1

    Chromeのアドオンのストリームレコーダーのインストールリンクにアクセスしてください。

  • 2

    「Chromeに追加」ボタンをクリックします。

  • ストリームレコーダーインストール
  • 3

    「拡張機能を追加」をクリックしたら、ストリームレコーダーがChromeに追加されて、動画保存機能は即時に利用できます。

  • ストリームレコーダーインストール

ストリームレコーダーの通常モードでストリーミング動画をダウンロードして保存する方法

まずはストリームレコーダーの通常モードによってストリーミング動画をダウンロードして保存する手順を説明します。

  • 1

    ChromeブラウザでTwitchやJohnny's net オンラインなどのストリーミング動画を再生してください。

  • 2

    ブラウザの右上のアドオンのエリアでストリーミングレコーダーのアイコンがあります。動画が検索されたら、ストリームレコーダーのアイコンが鮮やかな色になります。そこにカーソルを移行すると、「ストリームを検出しました。[クリックでダウンロード]このサイトへのアクセスが許可されています」というような文字が出てきて、そして、ストリームレコーダーのアイコンをクリックしたら、ストリームレコーダーで動画を保存します。

  • ストリームレコーダー使い方

ストリームレコーダーのキャプチャモードでストリーミング動画を録画して保存する方法

ネットが不安定だったり、未対応の動画サイトであったり、ストリームレコーダーで動画保存作業ができない場合もあります。
キャプチャモードを利用することもできます。

  • 1

    Chromeでストリーミング動画を再生して、プラグインのストリームレコーダーのアイコンをクリックしたら、https://www.hlsloader.com/ja/irec.htmlという新しいタブが開きます。

  • 2

    通常モードでストリーミング動画保存できない場合、https://www.hlsloader.com/ja/irec.htmlというページでは、「通常モード」と「キャプチャ」のスイッチボタンが表示されます。グレーのスイッチをクリックして、「キャプチャモード」を利用するかの確認ダイヤログが表示されます。「はい」をクリックしたら、スイッチが右になって、グリーンになると、ストリームレコーダーでストリーミング動画を録画する作業が始まります。

  • ストリームレコーダー使い方

ストリームレコーダーでダウンロードした動画の保存先を設定&変更&確認する方法

ストリームレコーダーの動画保存(ダウンロード/キャプチャ)作業が始まると、「保存」ボタンが出てきます。この保存ボタンをクリックしたら、動画の名前と保存先を設定する画面が表示されます。ここで設定されていないなら、

一部のサイトでは、ストリームレコーダーの動画の保存先はChromeのダウンロードファイルの保存先となっていると書いてあります。
残念ながら、それはストリームレコーダーの保存先ではありません。

ストリームレコーダー保存先の設定&変更

ストリームレコーダーでダウンロード&キャプチャした動画の保存先はダウンロード或いはキャプチャ作業が開始した後、https://www.hlsloader.com/ja/irec.htmlに出てきた「保存ボタン」によって設定できます。

ストリームレコーダー保存先の確認

もし前回で保存した動画がどこにあるのか分からない場合、改めてストリームレコーダーの動画保存作業を行って、「保存」ボタンをクリックして、表示されたフォルダは前回に設定されたフォルダです。

ストリームレコーダーでストリーミング動画保存できない対策

ネット環境が不安定だったり、暗号化されたhlsストリーミングだったり、ストリームレコーダーで動画を保存できないことがよくあります。ストリームレコーダーの動画保存の失敗率が高いから、ストリームレコーダーで動画を保存できない時、パソコン専用の動画ダウンロードソフトを使いましょう。筆者がテストしたところでは、安定で対応する動画サイトが一番豊富な動画ダウンロードソフトはVideoProcです。

VideoProc

VideoProc (対応OS:Windows・Mac)

VideoProcはhls(m3u8+ts)形式のストリーミング動画をサポートし、高速で、Twitch, ニコニコ生放送などの動画をダウンロードします。m3u8の抽出は不要です。

  • VideoProcのおすすめポイント
  • @ ダウンロードと録画機能を同時に搭載
  • A ストレコのm3u8ストリーミング動画の他、YouTube、Twitterなど、1000以上の普通の動画サイトもサポート
  • B 同時に複数の動画保存可能
  • C 動画をmp4, movで保存する他、音源を抽出してmp3,aac, oggなどで保存することもできる
  • D レジューム機能を備え、失敗したダウンロードタスクを再開することができる
  • E 動画&音楽ダウンロード、動画変換&編集、音声変換、DVDコピー、Windows/Mac/iPhone画面録画などVideoProc一本で解決!
編集者:アキ
この記事を書いた人:アキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。