VideoProc Converter
初心者でも簡単に使えるPCゲーム録画ソフト
  • • PCやiPhoneなどの画面録画&音声録音に対応。
  • • 複雑な設定が必要なく、ボタン一発でゲーム実況を録画可能。
  • • 全画面やウインドウ指定など録画する画面領域も自由に設定。
録画KNOWLEDGE

画面録画の音量を調節・設定する方法を解説【パソコン・iPhone・Android】

画面録画音量

画面録画を行う際には、音声を含めることが多いため、音量の調整が重要です。音声が小さいと聞き取りにくく、大きすぎると聞き手に不快感を与えることがあります。このため、画面録画の際には適切な音量調整が必要です。

今回は、画面録画の際に音量を調整する方法について詳しく解説します。画面録画を行う際には、適切な音量調整を行い、聞き手にとって快適な視聴環境を作ることができます。

画面録画の音量の調節方法について

画面録画において、音声の録音が必要な場合、以下の方法で音量を調整できます。

  • 1マイクの感度や距離を調整

画面録画には、外部マイクを接続して音声を録音することができます。そうすると、PC内部の音だけでなく、自分の話す声も録音できます。

そういう場合、マイクの感度が高すぎる場合は、音声が歪んで聞き取りにくくなることがあります。適切な感度に設定することで、聞き取りやすい音声を録音することができます。

さらに、マイクと話者の距離が近すぎると、音声が歪んだり、ノイズが入ったりする可能性があります。適切な距離を保つことで、クリアな音声を録音することができます。

  • 2音量を調整

録音時に音量が十分でない場合は聞こえにくいので、音量を上げる必要があります。ただし、音量が高すぎる場合は、音声が歪んだり、聞き取りにくくなることがあります。

画面録画をする際に、適切な音量に調整することで、聞き取りやすい音声を録音することができます。

  • 3音量を編集

画面録画の音量を後で編集することもできます。これにより、音量を調整したり、音声の品質を向上させたりすることができます。

音量を編集するためのビデオ編集ソフトウェアを使用して、音声トラックの音量を調整できるだけでなく、音声エフェクトを適用することもできます。音声エフェクトには、ノイズリダクションやエコーキャンセルなどがあり、これらを適用することで、より聞き取りやすい音声を得ることができます。

マイク感度や距離の調整は自分で調整できるのでここで詳しく紹介しません。次は「画面を録画する時音量を調整する方法」や「画面録画した動画の音量を編集する方法」を紹介していきます。

<

画面録画の音量を調節:画面録画中で設定

それでは、次は画面録画中でパソコンやiPhone・Androidで録画の音量を調整する方法を詳しく紹介していきます。

パソコンで画面録画の音量を調整・設定〜VideoProc Converter

VideoProc Converterは高品質でスムーズな画面録画機能も提供しているソフトです。

VideoProc Converterの録画機能を使用すると、画面上の動作やストリーミングビデオ、オンライン会議、ウェブカメラ、または他の外部デバイスからビデオを録画することができます。また、ウィンドウ、全画面、または特定の領域を録画することもできます。ユーザーはビデオの品質、フレームレート、音声設定などを調整することができます。

デスクトップ画面の録画と同時に音声を録音(マイク音声、PC内部音声)することも可能で、PC内部の音声やマイクの音声も収録できます。さらに、音声の音量、品質と設定をカスタマイズして、ニーズに合わせた録音を行うことができます。

  • 【動作環境】Windows/Mac
  • 【録画機能】PC画面録画、ウェブカメラ録画、PC画面・ウェブカメラ同時録画
  • 【音声録音】マイク音、システム音、マイク音&システム音、ミュート
  • 【日本語対応】対応可能
  • 【公式サイト】https://jp.videoproc.com/video-compress-features.htm

画面録画ソフト「VideoProc Converter」のダウンロード↓↓↓(100%安全・ウイルスなし・広告なし)

 

VideoProc Converterを使って画面録画して音量を設定する方法↓↓↓

  • ステップ1、 VideoProc Converterを起動し、「録画」をクリックします。
  • 画面録画 音量 大きい
  • ステップ2、 「画面録画」オプションを選択し、下のクロップをクリックして録画する領域(ウィンドウ、全画面、または特定の領域)を選択します。
  • 画面録画 音量 小さい
  • ステップ3、 スピーカーのアイコンにチェックを入れると、pc内部音声も同時に録画できます。調整タブを左右に動かすことで、音量を大きくしたり小さくしたりすることができます。
    マイクのアイコンにチェックを入れると、マイクの音声を録音できます。調整タブを左右に動かすことで、音量を大きくしたり小さくしたりすることができます。
  • ステップ4、 最後には「REC」を押すと、パソコンで画面の録画を開始します。録画を終了するには、「stop」ボタンをクリックします。
  • 画面録画 音小さくする方法
<

スマホで画面録画の音量を調整・設定

スマホで画面を録画する時、多くの機種で「画面収録」機能が標準で提供されています。

スマホで画面録画して音量を設定する方法↓↓↓

  • ステップ1、 iPhoneやAndroidの画面収録機能を起動します。
  • ステップ2、 音量を調整したいなら、ほとんどの端末で側面にある「音量ボタン」を使って音量を調節できます。スマートフォン上の音量ボタンを押すと、音量を上げることができ、一方、下の音量ボタンを押すと、音量を下げることができます。
  • 画面録画 音声入らない
  • ステップ3、 画面録画の設定を行い、録画を開始することができます。
<

画面録画の音量を調節:録画した動画の音量を編集

「画面録画で音量のある映像を録音した時、録画した動画の音量を上げることは可能ですか?」と思っている方のために、次はパソコンやiPhone・Androidで録画した動画の音量を調整する方法を詳しく紹介していきます。

パソコンで画面録画した動画の音量を調整・設定〜VideoProc Vlogger

VideoProc Vloggerとは、パソコンで動画の編集を行う無料ソフトです。

完全無料にもかかわらず、基本的なカット編集、BGM 音楽の追加、テキストテロップの挿入、トランジションやフィルタの付加、動画の書き出しなど動画編集に必要な機能が搭載されています。

さらに、高度な音声編集機能も搭載で、音声の音量を調整することはもちろん、音声ファイルから不要な部分をカットしたり、エフェクトを加えたりすることができます。

インストールが簡単で、操作が直感的であるため、ビデオ編集に慣れていない人でも簡単に使用できます。

VideoProc Vloggerの特徴は、以下のとおりです。

  • ● 画面録画した動画を読み込んで音量を編集できる;
  • ● 多形式動画にに対応;
  • ● 無料でウォーターマークなし;
  • ● かなり色々なことが出来る;
  • ● 操作がシンプルで動作が軽い。

音声編集ソフト「VideoProc Vlogger」のダウンロード↓↓↓(100%安全・ウイルスなし・広告なし)

 

VideoProc Vloggerを使って画面録画した動画の音量を調節する方法↓↓↓

  • ステップ1、 VideoProc Vloggerを起動し、「新規プロジェクト」をクリックし、プロジェクト名、保存先、動画の解像度(幅X高)、フレームレート(FPS)を設定します。
  • 画面録画 音量ゼロ
  • ステップ2、 「+動画」をクリックするか、直接にソフト内にドラッグ&ドロップすることで録画した動画をソフトに読み込ませて、下部のタイムラインにドロップ&ドラッグすると編集が可能になります。
  • 画面録画 音量 イヤホン
  • ステップ3、 音量調整方法@:右上のウィンドウの「音量」欄から動画の音量を調整できるほか、動画を無音、フェードイン・アウトなどの設定を行うことができます。
  • ステップ4、 音量調整方法A:タイムラインの上のツールバーから「オーディオ分離」をクリックすると、動画の音声データは自動的に下のオーディオトラックに配置されます。
  • 画面録画 音量を下げる
  • 音声データを選択した状態で、ツールバーにある「オーディオ」をクリックし、表示された「オーディオエディタ」画面で音量を調整することができます。
  • 画面録画 音量を上げる
  • ステップ5、 最後には、「書き出し」ボタンをクリックします。表示された画面で動画のファイル名、保存先、ファイル形式、動画・音声の品質等を設定してから「開始」ボタンを押すと、音量を調整した動画がパソコンに保存することができます。
  • 画面録画 音量0
<

スマホで画面録画した動画の音量を調整・設定

スマホで録画した動画を編集して、音量を上げったり、下げったりするために、動画編集アプリ「CapCut」を使う必要があります。

「CapCut」とはByteDanceが開発した無料のビデオ編集アプリです。

CapCutはスマートフォンやタブレットで簡単に使用でき、ビデオをトリミング、スピード変更、テキストの追加、音楽の追加、エフェクトの追加など、ユーザーが自分の動画を編集し、カスタマイズすることができます。また、動画の音を消してBGMだけにしたり、音量を大きくしたりとボリュームの調節をすることもできます。

CapCutは完全無料であり、広告や課金などありません、世界中で多くのユーザーに利用されています。

CapCutで画面録画した動画の音量を編集する方法↓↓↓

  • ステップ1、 CapCutを起動し、「新しいプロジェクト」をタップして画面録画の動画を選択し「追加」をクリックします。
  • 画面録画 音小さくする方法
  • ステップ2、 音量を調節したい動画クリップをタップし、下のメニューから「音量」をタップし、スライダーを左右にスワイプしボリュームを調節してください。
  • 画面録画 音量を変わる
  • ステップ3、 画面右上のボタンをタップして、作成した動画を出力します。
  • 画面録画 音量 イヤホン
<

まとめ

以上、画面録画の音量を調節する方法についてご紹介しました。

画面録画における音量は、録画する動画のクオリティを高めるために重要な要素の1つです。画面録画を行う際に、適切な音量を設定することが大切で、視聴者が映像と音声を快適に楽しめるようになります。

高画質・低負荷でPC画面を録画できるVideoProc Converter

画面録画おすすめソフトの1位に取るVideoProc Converterは簡単且つ高画質でPCの画面録画ができ、音量を細かく設定できる上、ほかのソフトにない多彩な編集機能がついています。

編集者:ミツキ
この記事を書いた人:ミツキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。