「解決策」画面録画を2時間制限?画面を長時間録画する方法を詳しく解説する

録画する時、画面録画を2時間で制限されたことがありますか?特に、iPhone画面録画機能を利用する時、「画面録画 2時間」、「iPhone 画面録画 保存されていない」、「iPhone 画面録画 時間制限」、「iPhone 画面録画 容量」についての質問が多くあるようです。

さて、今回は、画面録画2時間など録画制限の原因と解決策を皆さんに詳しく説明します。

「iPhone編」画面録画2時間、時間制限、保存されていない原因と対策

iPhoneをiOS11以降へアップデートすると、標準録画機能が利用できるので、iPhone画面を録画する時、その標準録画アプリを利用する方は多いですね。ただし、標準録画アプリを使っても、あれ、画面録画を2時間制限で保存されていないエラーが発生することがあります。

その場合、まずiPhoneの空き容量を確認してください。iPhoneの容量不足で画面録画が保存されていないことが多いです。

あくまで参考ですが、こんな感じでした。

iPhone画面録画サイズ

だいたい10秒で3?4MBくらいなので、1分なら20?25MBくらい、3分で60?75MBと考えておけばいいでしょう。で、画面録画2時間の場合は、2400〜3000MB(2GB〜3GB)くらいです。

iPhone画面録画2時間制限の解決策

@iPhone空き容量を増やす

iPhoneをバックアップすること、電子書籍や動画などのコンテンツデータを削除すること、Safariなどブラウザのデータを消すこと、LINE やTwitterのキャッシュや不要データを消すこと、不要な写真や動画を整理すること、不要な楽曲を削除することなどでiPhone空き容量を増やすことが出来ます。

iPhone容量不足

AiPhoneをパソコンと接続して録画する

パソコンの容量がいっぱいです。画面録画を2時間、3時間、長時間しても問題がないと思います。

今では、iPhoneをパソコンと接続して録画できるソフトが多くある。ここでは、VideoProcという録画ソフトを例としてどうやってiPhone画面を録画するかと詳しく説明します。

まずは、VideoProcをダウンロードしてインストールしてください。(100%安全・ウイルスなし)

Step1:VideoProcを立ち上げて、メイン画面にある「録画」アイコンをクリックすると、動画録画画面が表示されます。

録画

Step2:iPhoneをUSBケーブル経由でパソコンに接続する。接続した後、iPhone側のロックを解除して「信頼」をタップすればOKです。VideoProcでiPhone録画を起動します

iPhone録画

Step3:VideoProcではiPhoneが認識されたら、お使いのiPhoneの操作画面がパソコンに映せます。この時、録画したい画面のサイズ、オーディオトラック(マイク音&ゲーム音)を設定できます。

録画設定

Step4:設定が完了したら、iPhoneからお気に入りの動画/ゲーム画面を再生し、ソフトウェアの右下側にある赤い「REC」ボタンをクリックし、iPhoneで画面録画をする。 録画が終了したい場合は、「STOP」をクリックすれば完了です。

録画終了

    メモ

    VideoProcには録画機能が搭載されていますが、iPhone録画機能がMacバージョンのみで使えます。WindowsパソコンでiPhone画面を録画したい場合、5KPlayerというプレーヤーを使えばカンタンに録画できます。やり方の詳しくは>>

「PC編」画面録画2時間、時間制限、保存されていない原因と解決策

PC用録画ソフトが多くありますが、完全無制限で利用できるものが少ないです。Windows10の標準録画アプリGame DVRを使っても、時間制限があります。で、次は、画面録画2時間制限を解決できる方法をいくつか紹介します。

1. 録画ソフトの製品版を購入する

高性能のPC画面録画ソフトが無料版(試用版)を提供したが、時間制限があります。画面を長時間録画できる完全無料ソフトもありますが、使いやすさや多機能さ、軽さ、安全性などの面ではやはり有料ソフトが高性能・魅力的です。

優秀な録画ソフトと言えば、VideoProc、Bandicam、Fimora Scrnなどオススメします。詳しくは↓↓↓

2. 完全無料録画ソフトを利用する

例えば、Windows10の標準録画アプリGame DVRなら、時間制限がありますが、最大4時間まで収録できるので、画面録画を2時間にしたい場合十分です。その以外、oCam、QuickTime Player、ShowMoreなど無料録画ツールも使えます。

ただし、無料録画ツールを使う時、ウイルスやバンドルソフトなどをご注意ください。

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。