初心者必見!iPhoneでストリーミング動画を録画して保存する方法まとめ

iPhoneストリーミング録画

iPhoneでストリーミング配信ライブを鑑賞することが好きな人にとって、どのようにWEB上のライブストリーミング動画をiPhoneで保存するのか困っていることです。

だって、一般的にはストリーミング配信サービスはダウンロード機能を提供しないです。サードパーティ製のダウンロードアプリを利用してストリーミング動画をiPhoneで保存すれば、著作権侵害などに違反するかましれません。 一方、著作権の問題もあって動画をダウンロードできるアプリがアプルのApp Storeから消滅してしまいました。

そこで、Web上の気に入ったストリーミング動画をiPhoneで保存するには、録画の方法を利用するほかないです。

この記事ではiPhoneストリーミング録画の方法をご紹介していきます。iPhone単体で録画する手順とPCを使ってiPhoneストリーミング録画する手順をそれぞれ解説しています。

※上のボタンをクリックすると、その項目までスクロールします。

ストリーミング配信されている音声や音楽を録音して保存する方法は、別記事の「ストリーミング音声録音フリーソフトとWindows/Macでストリーミング音声録音方法」で紹介しているので、参考にしてください。

iPhone単体でストリーミング動画を録画して保存する方法

iPhone自体には「画面収録」機能が標準搭載されています。iOS 11以降のバーションを搭載しているiPhoneであれば、この「画面収録」を経由してiPhone上でストリーミング動画の再生画面を動画にして音声つきで録画することができます。

対して、iOS 11以前のiOSを搭載しているiPhoneでストリーミング動画を録画したい場合は、お使いのiPhoneをiOS11またはそれ以降のバージョンにアップデートしたり、サードパーティ製のiPhone用ストリーミング録画アプリを導入するしかないです。

ここでは、iPhoneでストリーミング動画を録画するためのこの2つの方法を紹介したいと思います。自分のニーズに応じて最適な方法を選択してください 。

まずは、標準搭載の「画面収録」機能を使って、ライブストリーミング動画をiPhoneで録画する方法から。

<

「画面収録」機能を使ってライブストリーミング動画をiPhoneで録画する方法T▼

  • 1 iPhoneで「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールをカスタマイズ」をタップします。
  • iPhoneでストリーミング動画を録画
  • 2「画面収録」の「+」アイコンをタップすると、「画面収録」機能がコントロールセンターに追加されます。
  • 3録画したいストリーミング動画をiPhoneで開いてから、コントロールセンターを呼び出し、白い二重丸の「画面収録」ボタンをタップすると、ライブストリーミング動画をiPhoneで録画することが始まります。
  • ライブストリーミング動画をiPhoneで録画
  • 4終了したい場合は、画面上部にある赤いステータスバーをタップして「停止」ボタンをタップするだけいいです。
  • 5これで、録画したストリーミング動画をiPhoneで保存します。
<

iPhone用ストリーミング録画アプリを使った録画方法U▼

続いて、iPhone用ストリーミング録画アプリを使って、YouTubeやファンクラブサイトなどにあるストリーミング動画をiPhoneで保存する方法を解説します。

iPhoneでストリーミング動画を録画するには、「AirShou」、もしくは「DU Recorder」というiPhone用ストリーミング録画アプリが使いやすくておすすめです。

以下、簡単に「AirShou」を使ってライブストリーミング動画をiPhoneで録画する手順をまとめておきます。

  • 1iPhone用ストリーミング録画アプリの「AirShou」を起動してから、「録画」をタップします。
  • ストリーミング動画をiPhoneで保存
  • 2動画のタイトルや画面の向き、解像度を設定して「次のステップ」をタップします。
  • 3録画したいYouTubeかファンクラブサイトにあるストリーミング動画を再生してから、iPhoneの「コントロールセンター」を呼び出し、 「AirPlayミラーリング」をタップします。
  • iPhone用ストリーミング録画アプリ
  • 一覧から「AirShou(デバイス名)」を選択すると、iPhoneでストリーミング動画を録画することが開始します。
  • 4録画を終了したいときは、「ミラーリングを停止」をタップするだけでiPhone用ストリーミング録画アプリ「AirShou」で録画したストリーミング動画をiPhoneで保存しています。

以上がiPhone単体でストリーミング動画を録画して保存する方法です。

  • 一方、iPhoneでストリーミング動画を録画する際に、長時間の録画により、スマホが熱くなったり、急にアプリが強制終了してしまったりした可能性があるので注意が必要です。
  • それに長時間の収録により、録画したストリーミング動画のサイズがかなり大きくなったり、画質もあんまり思わしくありません。
  • もし可能であれば、PC上でストリーミングの録画を行うことをおすすめします。
<

PC上でiPhoneストリーミング録画する方法

これからは、パソコン上でiPhoneストリーミング録画の方法と手順をWindowsとMacで分けて解説しています。

WindowsのPCでiPhoneストリーミング録画する方法

Windows PCの標準機能のゲームバー(Game DVR)を使って、パソコン画面を簡単に録画することができますが、WindowsのPC上でiPhoneのストリーミング画面を収録するなら、予めiPhoneの画面をPCにミラーリングする必要があります。

iPhoneからのミラーリングが可能になると、iPhone画面をパソコン上に表示され、PCでiPhoneストーミング録画が行えます。

以下は、Windows PC上でiPhoneストーミング動画する手順を紹介します。

まずは、5KPlayerを使ってiPhoneの画面をPCにミラーリングします。

  • 1まずは、iPhoneの画面をPCにミラーリングられるソフト5KPlayerをダウンロードしてインストールしてください。
  • 5KPlayerは、AirPlay機能付きメディアプレーヤーです。簡単にお使いのPCを動画と音声AirPlayレシーバーとして機能っせることができるだけではなく、Web動画のダウンロード・再生にも対応しています。
  • 25KPlayerを起動してからトップ画面の「AirPlay」アイコンをクリックすると、以下のような設定画面が表示されます。
  • iPhoneストリーミング録画
  • 3画面左に表示されている「AirPlay」項目をクリックしてから、右ペインの「AirPlayサービス」をオンにします。
  • 注意:5KPlayerに搭載されている「AirPlayサービス」を有効するには、お使いのPCにはBonjour Serviveをインストールする必要があります。

  • 4続いて、iPhoneで録画したいストリーミング動画を再生します。
  • iPhoneでストリーミング動画を録画
  • 5iPhoneのコントロールセンターを開き、「画面ミラーリング」アイコンをタップします。
  • 6表示されている一覧から5KPlayer起動中のPCを選択すると、iPhoneで再生しているストリーミング動画の画面を5KPlayerに表示します。
  • 注意:iPhoneをPCにある5KPlayerにミラーリングするためには、PC、パソコン共に同じWi-Fiに繋いでいる必要があります。

次は、iPhoneストリーミング録画ができるソフトVideoProcを使って、PCで表示されているiPhoneのストリーミング動画画面を録画します。

  • Windows 10ユーザーなら、標準装備のゲームバー(Game DVR)で録画も行えますが、Windows 10以前のユーザーは、簡単録画とはいかないです。
  • というわけで、Windows 10以前のOSを使用している人または録画の画質が気になる人は、VideoProcで録画することをすすめします。
  • 1VideoProcを起動してから、トップ画面の「録画」をクリックして進めていきます。
  • 2録画画面が出てくるので、トップバーの「画面録画」をクリックすると、PCのデスクトップ画面が表示されています。
  • ライブストリーミング動画をiPhoneで録画
  • 35KPlayerを全画面表示にしてから、VideoProcで「REC」ボタンを押せば、5秒後に録画が開始されます。
  • 4録画を終了したい場合は、Ctrl+Rを押すだけで、iPhoneのストリーミング動画が保存されています。
<

MacのPCでiPhoneストリーミング録画する方法

MacのPCでiPhoneストリーミング録画するためのやり方は色々あるのですが、ひとまず一番簡単な方法を載せます。

  • Windowsと同じで、Macに標準搭載のQuickTimeを使って、iPhoneでストリーミング動画を録画することもできます。
  • しかし、「QuickTimeでPC画面を収録できない、保存できない」などのバグ不具合が一部のユーザー間で発生しするため、初めて画面録画をやる人にあまりおすすめできません。
  • VideoProc

    VideoProc - 初心者でも簡単に使えて、操作性の易しい録画ソフト

    Windows/Mac上での操作の流れやWebカメラの映像をキャプチャできるだけではなく、iPhone/iPadの生放送やライブ配信画面の収録も対応します。

    VideoProc Windows版 VideoProc Mac版
  • 1まずは、お使いのiPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。
  • iOSデバイスを初めてパソコンに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか」と出てきて、「信頼」をタップすればいいです。 
  • ストリーミング動画をiPhoneで保存
  • 2VideoProcを起動してから、トップ画面の「録画」をクリックして進めていきます。
  • 3今回はiPhoneストリーミング動画を録画したいので、画面上部の「iPhone」を選択すると、iPhone画面がVideoProcに表示されました。
  • iPhone用ストリーミング録画アプリ
  • 4そして、iPhoneで録画したいストリーミング動画を再生します。
  • 5続いて、VideoProc画面右下の「Rec」ボタンをクリックすると、「3...2...1...」とカウントダウンが始まった後にiPhoneストリーミング録画がスタートします。
  • iPhone用ストリーミング録画アプリ
  • 6終了したいときは、デスクトップのメニューバーにある「録画を停止する」を押すかSTOPボタンを押せば自動で録画動画がMacで保存されます。
編集者:リツ
この記事を書いた人:リツ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。