ホーム録画 Youtube画面録画の違法性につてい

【2019年】Youtube画面録画の違法性・バレる可能性・罰則 | 合法でユーチューブを録画方法

 

YouTubeは世界最大級の動画共有サイトとして、お気に入りのバンドや歌手のミュージックビデオから、おもしろいYouTuberの新作動画、映画やドラマの宣伝CMやメイキング映像などまで、様々なジャンルがある。愛用者がますます増えていく。


Youtube録画の違法性につてい

最近、好きなYouTube動画をピックアップして録画したい気分があるが、ネットでやり方を探してみると、「Youtube動画の録画は違法」などという極端な話は散見される。一体ユーチューブを録画することは違法かとよくある質問。今回の記事では、「ユーチューブ画面録画の違法性」の話題を中心にして進めていく。

VideoProc - 超簡単で合法でYoutubeを録画可能!

videoproc
  • - 無料で時間制限なし!自由Youtube動画を録画できる!
  • - 録画したYoutube動画に音ズレ、録音できない問題は絶対ない!
  • - シンプルで使いやすい!パソコン初心者にも簡単に使える!
  • - キャプチャしたYoutube動画は直接にVideoProcで編集可能!
人気録画ソフトを無料GET!夏トクもれなくキャンペーンが開催中!

Digiarty Software会社は2019夏トクもれなくキャンペーンを開催しております。

通常価格は3,680〜6,680円の人気録画ソフト「VideoProc」をプレゼントにします。

動画キャプチャ、ゲーム実況作成、PC・iPhone画面録画に最高!

キャンペーン期間:
2019年6月27日〜2019年7月29日

キャンペーン開催場所:
2019夏トクもれなくキャンペーン!人気録画・キャプチャソフトを無料ゲット>>

(一)Youtube画面を録画することは違法か

YouTubeの利用規約には、次のような記載を見つけることができる。

「お客様は、本サービス上のセキュリティに関連する機能、本コンテンツの利用や複製の作成を防止、制約する機能、または、本サービスまたは本サービス上の本コンテンツの利用に制限を付す機能について、これらを回避、停止、またはその他の方法により妨害しないものとします。」

ポイント

利用規約によれば、YouTubeを録画することは禁止されるかとぼんやりしてしまう。ただし、YouTube本体では、ダウンロードと録画機能を提供しない。これは少なくても、YouTube側はコンテンツをダウンロードと録画することを提唱しないの証拠となるではないか。それに、録画とは「取得する」って意味で、ダウンロードと同じ結果が得られるので、「ダウンロード」は規約で禁止されているが、「録画」は許可されるわけじゃないだろうか。

一方、著作権についての法律法を調べてみて、以下のような内容を書く。

「自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することができる。ただし、デジタル方式の録音・録画機器等を用いて著作物を複製する場合には、著作権者に対し補償金の支払いが必要。」

ポイント

それにより、著作権で保護されるコンテンツを録画することは、はっきりと禁止されている。著作権者に対し補償金を支払うと大丈夫だというような気がするが、普通に、YouTubeを録画する前に、わざわざと動画を配布したYouTuberと連絡を取って、録画や補償金の相談をするわけじゃないだろう。知らないうちに著作権を侵害していた、トラブルに巻き込まれる。

(二)Youtube違法録画バレる場合の罰則は何か・捕まるか

YouTube利用規約で著作権のあるコンテンツのコピーを禁止しているから、Youtube録画は利用規約違反には当たるとは言える。

YouTube側が著作権に関する方針と罰則

「YouTubeは、YouTubeの著作権に関するポリシーに従い、特定のユーザーが反復して著作権を侵害する行為を行っていると判断する場合には、そのユーザーによる本ウェブサイトへのアクセスを停止します。侵害行為を二回を超えて通告されたユーザーは、反復して侵害行為を行っているものとみなします。」

日本国内の法律によって、ユーチューブ録画がバレる場合の罰則

まず、YouTube録画で逮捕されるのは有り得ない。なぜなら、著作権で保護されたコンテンツを録画することに対する刑事罰が存在しないからである。

違法ではあるが、以上言った通り、あくまでも民事上で著作権者に対する損害賠償請求権と差止め請求権が発生するのみなので、民事不介入の原則に伴い、警察は介入できないのである。

発覚したとして、YouTubeを録画した事で発生する著作権者への損害額の支払いと、録画した現物の差し押さえが行われて終わりである。言い換えれば、著作権侵害は親告罪なので、権利者が訴えない限り何事も起こらない。

『ラジオライフ』2016年7月号に掲された内容によると、市販品を複製して売れば、不正競争防止法により5年以下か500万円以下の罰金などの罰則があるという。

ところで、ネットで公開などせず、自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することは、当然違法行為となるが、ばれるどのよう罰を当てるかとはっきりしないが、これまでグレーゾーンであった。

(三) YouTube側、あるいはサイバー警察はどうやって録画した事実を把握するか

著作権侵害は「親告罪」と言って、被害者からの被害届が無ければ捜査自体行われない。YouTube違法録画については、その録画した情報は、その違法データがあるサーバーのログにしかない訳だが、強制捜査権を持たない一般の権利者がその様なサーバーのログを見る事などできず、被害届も出せないため、違法録画でまず警察が動く事がない。

つまり、録画したデータを勝手に第三者の動画共有サイトに違法アップデートしない限りセーフ、というわけである。

(四).合法でYoutubeを録画することができるか

YouTubeの録画はすべてが違法なわけではないので、有料ソフトを使おうが、無料ソフトだろうが、録画だろうが、その点は無関係である。あくまでも「何を保存するか」の一点だから。

POINT

タイトルラベルがボックスからはみ出るようなデザインです。重要なポイントなどを強調したいときに使うのがおすすめです。

録画しても著作権侵害のトラブルがあまり発生しないYouTube動画の特徴:

  • @.あまり知られていないYouTuberによって配布される。
  • A.再生回数は少ない。
  • B.海外のYoutuberによって配布される。
  • C.「引用禁止」や「無断転載禁止」というような言葉が書いていない。
  • D.ずっと前からアップロードされた。

(五)超簡単で合法でYoutube画面を録画する方法

必要な条件:
@.パソコン
A.Youtubeを録画できる第三者のアプリ「VideoProc」
B.録画しても著作権侵害のトラブルが発生しないYouTube動画の再生ページ

PCでYouTubeの再生画面を録画できるアプリは沢山あるのが、細く設定が可能、洗練された高画質・高音質のままで出力、ゼロからの初心者でもわかりやすい使い方と各方面で考えると、VideoProcをおすすめしたい。

まず、上記のダウンロードアイコンをクリックして、VideoProcをダウンロードする。そして、いつもの通りにVideoProcのインストールを続行する。


Youtube録画違法

step1:VideoProcを立ち上げると、ホーム画面に4つのアイコンが表示される。「録画」アイコンをタップする。

step2:すると、YouTube録画の専用画面に入る。最上部のメニューバーにある「画面録画」をタップすれば、すぐにでも使える。そこに映った画面が画面を読み込んで…と無限ループの形に表示することはあるが問題ない。

step3:ご要望に応じて、YouTube画面の録画範囲や、音声収録を設定することができる。一方、ちょっとした録画でよいのであればデフォルトの設定のままで問題ない。

画面の録画範囲の設定:
ソフト下部にある「クロップ」をタップして、マウスの左クリックを1回押し続けて、録画したい範囲を決めたら指を離す。もちろん、フルスクリーンで録画することも可能。

  • ★指定範囲を囲む太枠が表示される。この枠をドラッグして範囲を移動することができる。
  • ★枠の隅に丸い点がある。この丸い点にカーソルを合わせてドラッグすると録画画面を大きくしたり小さくしたりできる。
  • ★「W」は録画画面の幅、「H」は録画画面の高さと指す。「▼」→「クリア」の順で押すと、先指定した録画範囲がクリアされる。

音声収録の設定

★「クロップ」アイコンの隣にある「デスクオーディオデバイス」にチェックを入れば良い。これで、パソコンから流れる音声を収録することができる。

step4:以上の準備ができたら、右下にある赤い「REC」ボタンをクリックする。すると、5秒のカウントダウンが開始されて、0になると録画開始。

step5:「Ctrl」+「R」というショートカットキーを押すと、YouTube録画を終了させることができる。右上側に「出力フォルダ」のところに、「開く」をタップすれば、保存先がポップアップするので、いますぐ録画した動画を確認することができる。

 

まとめ

以上の内容では、Youtube画面録画の違法性について詳しく解説する。Youtubeを録画することは、あまり大したことではないと思う人は結構多いらしい。ご使用用途に合って、無料でユーチューブを録画して編集したり、他の友達とシェアしたりすることが珍しくない。だが、Youtub動画の作者の立場に立って話すと、自分が苦労して作成した動画は、無制限で知らない人に使われるのは、少なからず落胆し、怒りがこみ上げていくだろうか。要するに、Youtubeの面白さを思う存分に楽しみたいが、違法性のこと、作者の気持ちを考えて利用したほうがいいではないか。

Youtube録画の違法

違法じゃない!合法でPCでYouTubeを録画できるソフト「VideoProc」が登場!  


  1. パソコンや機械に詳しくない人でも、わかりやすい・簡単にYouTube録画をできる。
  2. 画質と音質が超綺麗で、臨場感あふれる視聴体験を提供する録画の作成ができる。
  3. CPU使用量が少ないので、処理が軽い。Youtube録画中、パソコンはサクサク動く。

RECOMMENDこちらの記事も人気です。

ホーム録画 Youtube画面録画の違法性につてい

利用規約 | 特定商取引に基づく表記 |プライバシーポリシー | エンドユーザー使用許諾契約書 | ご返金

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc. All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac® 、iPhone® 、iPad® 及びiTunes® などはAppleInc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。DigiartySoftwareがAppleInc.と開発または商業提携をしていません。

X