YouTubeの音楽を録音するには?高音質・無料・違法なしのYouTube音声録音方法(Windows/Mac/iPhone)

YouTubeの音楽を録音するには

「YouTubeの音楽を録音したいのですが、どうすればいいですか。」「YouTube音楽録音は違法ですか。フリーソフトを使って録音することは違法となりますか。」「YouTubeの音声を無料・高音質で録音するには、どのツールを使えばいいでしょうか。」と聞く人は少なくないでしょう。

本文は、高音質・無料・違法なしのYouTube音声録音方法(Windows/Mac/iPhone)を初心者でも分かりやすく紹介していきます。

YouTube音楽録音って違法?

”YouTube音楽録音って違法となりますか。”

質問サイトでは聞く人は多いです。ここでは、「違法ダウンロードの刑事罰化」と「YouTubeの利用規約」をよく読んだ後、YouTube音楽録音ということ自体は適法です。

ただし、YouTube音楽録音を行う前、「録音されるYouTube音楽の音源はどこからアップロード?」または「録音されたYouTube音楽は著作権があるか、販売又は有料配信されている音楽ですか。」をよく調べてから、録音作業を行うのが最善です。

だから、YouTube音楽録音って違法となりますか。結論としては、下記の通りです。

  • 🌸 YouTube音楽録音って100%違法ではありません。主にその録音しようとするYouTube音楽の音源は違法アップロードされたCD音源などですかと予め確認しておきましょう。
  • 🌸 YouTube音楽録音後、できるだけ私的使用の範囲内において使用するのが問題はありません。
<

YouTube音楽録音方法(Windows/Mac/iPhone)、無料・高音質

YouTube音楽録音の違法性についてよく分かってから、YouTube音楽録音のルールを守りながら、高音質・無料・違法なしでYouTube音楽を録音してみましょう。

以下では、PC(Windows・Mac)、iPhoneでYouTube音楽を録音する方法を初心者でも分かりやすく紹介していきます。

1、PC(Windows・Mac)でYouTube音楽を録音するフリーソフト:Audacity

最大な特徴:定番の音楽録音・編集フリーソフトです。

Audacityは無料のデジタル・オーディオ・エディタとして、もっとも有名です。PCの内部音声やマイクの音声だけではなく、YouTube/Mixerなどの音声やあらゆるメディアの音声をデジタル化することが可能です。

Audacity録音の音質に関しては、16/24/32ビットで高音質で録音できます。

Audacity録音可能なフォーマットに関しては、殆どすべての音声フォーマットにサポートされていて、活用できます。

Audacityは音楽録音機能を持つ以外、録音した後の音声を編集することも可能です。例えば、トリミング、カット、コピー、エフェクト処理、ノイズ除去など。

Windows10、Macで動作でき、日本語にもサポートされていて、UIも簡潔で、PC初心者でも簡単に操作できます。

 

欠点・デメリット:MP3やAAC音声ファイルへの対応には別途設定が必要です。

Windows10:Audacityを使ってYouTube音楽を録音する操作手順

  • 1、Audacityをダウンロードしてインストールします。インストール後、起動します。
    • 【初期設定】
      ❶、MMEの音声ホストを「Windows WASAPI」に変更します。
      ❷、録音チャンネルは一般的に「2(ステレオ)録音チャンネル」を選択します。
      ❸、録音レベル「モニターを開始」があれば、ここをクリックします。
      その他の項目を設定したい方は、上部の「編集」→「環境設定」とクリックして、詳細設定を自由に変更できます。

    Audacityを起動・設定する
    Audacityを起動・設定する
  • 2、YouTubeの公式サイトにアクセスして、録音したい音楽を再生します。それと同時に、Audacityの上部にある赤い●「録音」ボタンをクリックします。
  • AudacityでYouTube音楽を録音する
    AudacityでYouTube音楽を録音する
  • 3、YouTube音楽録音を終わらせたい時、■模様の「停止」ボタンをクリックすればOK。
  • 4、左上部のメニューバーの「ファイル」→「書き出し」とクリックして、録音データをMP3/WAV/AAC/OGG/WMAなどの音声形式と書き出します。
  • Audacityで録音したYouTube音楽を書き出す
    Audacityで録音したYouTube音楽を書き出す
  • 5、フォーマットオプションがあり、「ビットレートモード」「品質」「可変時の処理速度」「チャンネルモード」などを使用用途に合わせて変更できます。確認後、「保存」とクリックします。
  • Audacityで録音したYouTube音楽を編集する
    Audacityで録音したYouTube音楽を編集する
  • 6、「メタデータタグを編集」画面が表示されます。そこで、音楽タグ(アーティスト名/トラック名/アルバム名/トラック番号/年/ジャンル/コメント)を追加することができます。変更した後、「OK」とクリックします。
  • 録音したYouTube音楽のタグを編集する
    録音したYouTube音楽のタグを編集する

YouTube音楽録音フリーソフトはAudacity以外、Windowsボイスレコーダー、Moo0音声録音機、choroku(超録ーパソコン長時間録音機)、Apowersoft 音声録音フリーツールなどがあります。

無料で使えるので、録音機能も様々で、自分の使用用途に合わせて、使ってみてください。

<

2、iPhoneでYouTube音楽を録音するフリーアプリケーション:ボイスメモ

最大な特徴:iPhoneの標準録音アプリケーションで、安全性と信頼性が高いです。

iPhoneのボイスメモはiPhone内蔵マイク、Bluetoothヘッドセット、または対応する外部マイクを使ってメディアを録音することが可能です。PCの内部音声やマ可能です。

録音機能もいつも更新され、ノイズ除去、録音ファイルの共有、音声データの編集(トリミング/挿入/上書き録音)、音声形式(圧縮か非圧縮)などを自由に選択できます。

 

欠点・デメリット:アプリケーションなので、iPhoneの残り容量によって、音楽の録音時間には制限があります。

iPhone:ボイスメモを使ってYouTube音楽を録音する操作手順

  • 1、iPhoneからボイスメモアプリをタップして起動します。
  • ボイスメモを起動する
    ボイスメモを起動する
  • 2、画面下部には赤い●「開始」ボタンがあり、タップすれば、録音作業が開始します。だから、この前、録音したいYouTube音楽のページを開きます。確認後、iPhoneボイスメモの録音開始ボタンをタップします。
  • ボイスメモでiPhoneで再生するYouTube音楽を録音する
    ボイスメモでiPhoneで再生するYouTube音楽を録音する
  • 3、YouTube音楽録音作業を終了させたい時、下部の赤い■「停止」をタップすればOKです。
  • 4、YouTube音楽録音作業が完了した後、一覧画面でデータを編集することができます。もし、Mac、iPad、iPod、Apple Watchなどの端末に共有したい時、iTunesかAirdropなどで送信すればOKです。

YouTube音楽録音アプリといえば、iPhone標準のボイスメモアプリ以外、動画TO音声、Cilpbox、Mobizen、Linfei Ltdのボイスレコーダー、録音機ーボイスレコーダーAVR X、Happy Tapのボイスレコーダーボイスメモ、ボイスレコーダーProー録音アプリなどがあります。

録音機能、操作性、編集時の機能はそれぞれ違い、比較しながら、最適な録音アプリを選んでください。

<

3、YouTube音楽を録画して音声に変換する〜VideoProc(PCとiPhone両方対応)

最大な特徴:PCとiPhoneで再生するYouTube音楽を高音質・高画質で録画、音声形式と保存できます。

VideoProcは最も有名な動画処理ソフトウェアです。動画録画機能が素晴らしく、ほとんどのストリーミングライブ配信、HLS、M3U8コンテンツ、YouTubeライブなどを楽に録画できます。

VideoProcは機能が非常に豊富、録画だけではなく、編集機能・変換機能・音声ダウンロード機能も兼ね備えます。だから、YouTube音楽録音というより、YouTube音楽を録画・ダウンロードして、音声形式として保存することとなります。

VideoProc MacはiPhoneで再生するYouTube画面を劣化なしで録画することが可能です。

 

欠点・デメリット:無料体験版があり、録画したデータを音声として出力する時、時間制限があります。

PCでYouTube音楽を録画して音声形式に変換する方法

  • 1、VideoProcを公式サイトからダウンロードしてインストールします。無事にインストール後、起動して、メイン画面の「録画」とクリックします。
  • VideoProcの録画機能を呼び出す
    VideoProcの録画機能を呼び出す
  • 2、録画モードが上部に表示されます。ここでは「画面録画」を選択します。下部には「録画設定項目(録画範囲/録音/マイク録音など)」があり、自由に設定できます。
  • 3、録音したいYouTube音楽の再生ページにアクセスします。準備ができたら、VideoProcの右下部にある録画開始ボタン「REC」をクリックします。録画を終了させたい場合は、「Stop」とクリックすればOKです。
  • VideoProcでYouTube音楽を録音・録画する
    VideoProcでYouTube音楽を録音・録画する
  • 4、VideoProcで録画したYouTube音楽はMP4、MOV、FLV、MKV、TS形式で出力するため、音声形式で出力したい方は、VideoProcの動画変換機能を活用する必要があります。
  • VideoProcの動画変換機能を活用する
    VideoProcの動画変換機能を活用する
<

Macの場合:iPhoneのYouTube音楽再生画面を録画して音声形式に変換する方法

  • 1、VideoProc Macをダウンロードしてインストールします。後は、メイン画面の「録画」とクリックします。録画画面に切り替え、上部の「iPhone」とクリックします。
  • iPhoneの画面をVideoProcに映し出す
    iPhoneの画面をVideoProcに映し出す
  • 2、Apple純正のUSBケーブル経由でiPhoneとMacコンピューターと接続します。初めて接続する場合は、iPhone側のロックを解除して「信頼」とタップする必要があります。それで、iPhone画面が映し出します。
  • 3、下部ではマイクとオーディオの録音アイコンがあります。デスクオーディオデバイスとマイクオーディオデバイスにチェックを入れると、そのデバイスのオーディオを録音できます。
  • 4、iPhoneでYouTube音楽の再生画面を開く同時に、VideoProc Macの右下にある赤い「REC」ボタンをクリックします。そして、YouTube音楽録画作業が始まります。
  • iPhoneのYouTube音楽画面を録音・録画する
    iPhoneのYouTube音楽画面を録音・録画する
  • 5、VideoProc Macで録画したYouTube音楽データの形式はMOVです。音声形式と出力したい方は、上述と同じ、動画変換機能を活用して動画から音声に変換してください。
<

まとめ

おすすめのYouTube音楽録音フリーソフト・アプリケーションをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

今や音楽録音のチャンスは多くなります。今すぐ使い始められるYouTube音楽録音ソフト・アプリを使って、自分の日常にある素材を追加して活用したり、好きな音楽を自分のスタイルに合わせて編集したりしてみませんか。

高音質・劣化なしで音声を収録・保存!

VideoProcは多機能なキャプチャーソフトです。パソコンで鳴っている音やマイク音と同時に画面を収録してMP4 やMOVなどの形式で保存できます。収録したファイルをMP3やM4A、OGG、FLACなどの形式に変換して保存できます。

この記事を書いた人:山上スズキ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。