【初心者教室】Davinci ResolveがMKV、AVI、MP4を読み込めない原因と解決策

Davinci Resolve動画素材読み込みできない解決策

Davinci Resolve動画素材読み込みできないエラー

専門業者にも愛用されている動画編集ソフトのDavinci Resolveシリーズはその高機能で人気されています。しかし、動画編集を始めようとした時に、Davinci ResolveにMKV動画が読み込めない不具合があって、AVI、MP4といった動画ファイルにも読み込めないエラーが発生することがあります。

確認したらMKVもAVIもMP4も、Davinci Resolveシリーズの対応ファイルで、Davinci ResolveにAVIなどが読み込めないはずではありません。また、フレームレートなどパラメーターがプロジェクトと違ったら読み込む時に一括変更できますから、パラメーターでDavinci ResolveにMP4など読み込めないこともありません。

では、対応できるはずだったMKV、AVI、MP4など極普通な動画ファイルはなぜ、Davinci Resolveに読み込めませんか。これから原因と解決策を究明してみます。

Davinci ResolveにMKVなど対応ファイルを読み込めない原因究明

実はMKVやMP4などは動画形式にすぎないもので、動画と音声または字幕などを収めるコンテナです。データの保存される形は「コーデック」というものです。動画形式が対応できるというのは、そのコンテナを開けてデータを取り出すことだけできます。コーデックに対応できることこそ、データが認識できます。

つまり、Davinci ResolveがAVIなど読み込めないエラーに、コーデック不対応が原因です。動画形式とコーデックによって詳しく言えば:

MKVの場合:MKVはMac専門な動画形式で、実はアップル製品以外には互換性がいいとは言えません。

MP4の場合:MP4形式は一番の互換性で人気されていますが、逆にDavinci Resolveが対応できないコーデックを収めることが多いです。

AVIの場合:AVIはけっこう古い形式なので、標準が混乱していて、もともと読み込めないことが多いです。

Davinci ResolveにAVIなど読み込めない解決策:動画コーデックの変更方法

Davinci Resolveがコーデックに不対応で読み込めない時に諦めるのはまだ早いです!VideoProcというソフトを使って、オリジナルの画質で動画のコーデックを変更できます。操作は簡単で、作業速度も速くて、最速にDavinci Resolveが動画素材読み込みない問題を解決できます。素材の品質も作業のすすめもなんの心配もありません。

  • VideoProc

    動画変換・編集・保存・録画をソフト一枚で実現!簡単に動画の形式とコーデックを変更して、Davinci Resolve動画素材読み込み問題を一括解決できます。動画編集をすぐ始めるために、より簡単な操作とより高速な作業速度、さまざまなところで力を尽くしました。編集素材の処理をVideoProcにぜひ!

ではこれから、コーデックを変更する方法をご紹介します。

Davinci Resolve動画素材読み込みできない解決策
Davinci Resolve動画素材読み込みできない解決策
  • STEP.1

    動画変換機能を起動します

    まずはVideoProcをダウンロードして、インストールします。VideoProcを起動して、ご覧のように見えます。標記された「ビデオ」と書かれたボタンをクリックして、動画変換機能を起動します。

  • STEP.2

    動画を入力します

    標記された「ビデオ」と書かれたボタンをクリックして、Davinci Resolveが読み込めない動画を入力します。

    フォルダからドラッグ&ドロップして動画を追加することが可能です。複数作業に対応でき、この時に複数の動画を追加することも可能です。

  • STEP.3

    出力プロファイルを確認して、作業開始

    標記されたところに出力プロファイルを指定します。「出力」と書かれたボタンをクリックすれば出力プロファイルがすべて表示されます。

    出力プロファイルに形式とコーデック両方も書いています。Davinci Resolveが対応できるコーデックにしてください。

    「Run」という丸いボタンをクリックして、作業を始めます。

<
この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。