モバイルとデスクトップ用のGoPro Quikが起動しない・応答なし場合の対処法!

「GoPro から映像を取り出して編集しようと思って、GoPro Quikをインストールしたのですが、GoPro Quikがクラッシュで起動しない!という状況が発生しました。」

「USBケーブルを利用して、GoProとPCを接続したが、デスクトップ用のGoPro Quikが応答なし状態になってしまいました。」

無料アプリGoPro Quikを使って、GoProで撮影したビデオをスマホやパソコンなどで編集しようとしたが、GoPro Quikが起動しない経験をした人がいます。

GoProが起動しなかったり、応答なしになっる時、どうすればいいでしょうか?

それでは、モバイルとパソコン版のGoPro Quikが起動しない・応答なし場合の対処法を紹介します。同じような経験をした方の参考になれば幸いです。

<

モバイル用のGoPro Quikが起動しない時の対処法

GoPro編集アプリ「Quik」を利用すれば、iOSやAndroid端末内にGoProで撮影したビデオや写真を取り込んで、動画編集を行うことができます。

しかし、GoPro Quikアプリが正常に起動しないという予期せぬ不具合が発生することがあります。

GoPro Quikアプリが上手く動かない場合、どうすればいいでしょうか?

実は、Quikアプリが起動しない原因はWi-Fi接続やアプリ本体の不具合、メモリ不足等、様々です。次は、モバイル用のGoPro Quikが立ち上がらない時の対処法をまとめて紹介していきます。

対処法@、より安定なWi-Fiに接続する

GoPro Quikアプリのダウンロードや起動はWi-Fi環境が必要です。Wi-Fi環境がなく、又はWi-Fi接続が不安定な場合、GoPro Quikが正常に起動できない可能性があります。

なので、より安定なWi-Fiに接続することで、GoPro Quikアプリが立ち上がらない問題を解決するかもしれません。

対処法A、端末内のキャッシュを削除する

アプリ内のキャッシュを溜め込んでおくことで、アプリは肥大化します。起動すると、動作が遅かったり、動かなかったりします。

なので、GoPro Quikアプリが正常に起動するようにな、お使いのデバイスからアプリのキャッシュを一度削除してみましょう。

対処法B、端末のメモリを解放する

GoPro Quikアプリが立ち上がらない原因の1つとして、メモリ不足や端末に負荷がかかってしまうのです。

この状況を改善する方法としては、Quik以外、現在起動している他のすべてのアプリを終了して、端末のメモリを解放します。

対処法C、GoPro Quikアプリを再インストール

モバイル用のGoPro Quikが起動しない原因の一つはアプリ自体が破損していると考えられます。

この場合、一度GoPro Quikアプリを削除して、再度インストールするだけで、GoPro Quikが応答なし問題を解消することができます。

対処法D、端末を再起動する

端末本体の再起動をすることで、様々な問題を解決することができます。

GoPro Quikが上手く動かない場合、一度お使いの端末本体を再起動してみましょう。再起動の方法としては、どちらの端末も電源ボタンを長押しします。

対処法E、端末を最新のOSに更新する

端末を再起動してもGoPro Quikが開かない場合、端末のOSは最新ではないことがその原因だと考えられます。

なので、お使いの端末を最新のOSに更新して試しましょう。

対処法F、最終手段、サポートに電話する

ここまで行っても、GoPro Quikが起動しない問題を解決されない場合は、GoProのサポートに電話したり、メールでお問い合わせをするしかないかもしれません。

<

デスクトップ用のGoPro Quikが起動しない時の対処法

デスクトップ用のQuikをインストールしましたが、クリックしても青いドーナツが数秒回るだけで起動しません。

そんな経験をした方のために、次はデスクトップ用のGoPro Quikが起動しない時の対処法を詳しく説明します。

対処法@、より安定なWi-Fiに接続する

GoPro Quikが開かない問題を生させる原因の一つは、不安定なインターネット接続です。お使いのパソコンをご自宅のWi-Fiに接続しているものの、何らかの原因で接続していない可能性があります。そういう時、デスクトップ用のQuikが起動することができません。

なので、GoPro Quikが立ち上がらない場合、Wi-Fi を完全にオフにしてから、再度オンにします。また、より安定なWi-Fiに接続してから、再起動してみましょう。

対処法A、パソコンを再起動させる

理由はよくわからないですが、パソコンを再起動させることで、ソフトが起動しない問題を改善することができる場合があります。

なので、GoPro Quikが応答なしになっている時、一旦パソコンを再起動させましょう。

対処法B、デスクトップ用 Quik を再インストールする

デスクトップ用のGoPro Quik本体が破損している場合、ソフトウェアはクリックしているのに起動しません。

この場合、デスクトップ用 のQuikをパソコンからアンインストールして、再度インストールすれば、問題を解決するかもしれません。

対処法C、「交換モード」の設定を変更したり、「管理者として実行」したりする。

お使いのパソコンのOSが新しくなった場合、古いソフトウェアは起動できないかもしれません。 改善方法としては、パソコン側で、「交換モード」の設定を変更するのです。変更の手順は次のようです。

「交換モード」を起動させる

1、実行したいGoPro Quikを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

2、「交換性」タグを選んで、「互換モードでこのプログラムを実行する」をチェックします。

3、今まで利用していたWindowsのバージョンを選びます。 これで、「交換モード」でデスクトップ用 Quik を正常に起動することができます。

また、実行したいGoPro Quikを右クリックして、「管理者として実行」を選択することで、上手く動かせるかもしれません。

対処法D、新しい管理アカウントを追加する

お使いのコンピューターで新しい管理アカウントを追加する事で、デスクトップ用のGoPro Quikが開かない問題を解消するかもしれません。アカウント名は英語表記にしてください。

追加して終わったら、新しいアカウントにログインして、デスクトップ用 Quik を起動できるかどうかを確認しましょう。

GoPro Quikの再ダウンロードが必要する場合があります。従って、新しい管理アカウントでもデスクトップ用GoPro Quikが起動できないと、GoPro Quikを再ダウンロードとインストールしてみてください。

対処法E、goproapp.json ファイルを削除する

新しいアカウント名を作成しても、漢字の時の履歴が残っているので、GoPro Quikが起動できないそうです。なので、goproapp.json ファイルを削除する必要です。

goproapp.json ファイルを削除する手順は以下の通りです。

1、パソコン側で、C:\Users\<旧ユーザー名>\AppData\Local\GoPro\goproapp.json を選択します。

2、goproapp.json を削除してから、デスクトップ用GoPro Quikを再起動してみます。

対処法F、GoPro動画編集に特化したフリーソフト「VideoProc」を使う

ここまでの方法で問題が解決しない場合、GoPro動画編集に特化したフリーソフト「VideoProc」を使うのがオススメです。

Bandicam録画できない

VideoProc - 高機能なGoPro動画処理フリーソフト

VideoProcは圧縮や色相・彩度・明度・ガンマ調整、画面回転反転、結合、フレームレート変更、音声抽出、エフェクト、字幕追加等、基本的な編集機能が充実しています。また、「レンズ補正」「手ブレ補正」「音声ノイズ除去」などの高度編集も扱えます。GoProで撮ったビデオは「歪み」「不安定」「雑音」などの問題がある場合は、VideoProc だけで一括解決できます。

GoPro Quikが起動しない場合、初心者も無料かつ簡単にGoProの動画編集を扱えるVideoProcをぜひ試してみてください。

VideoProcでGoProの動画を編集する方法は以下の通りです。↓↓↓

対処法G、GoPro カスタマー サポートまで連絡する

最後、GoPro カスタマー サポートまでご連絡するのを試します。

お使いのパソコンのオペレーティング システム、デスクトップ用 Quik のバージョン番号、及び不具合の症状等をちゃんとお伝えください。

<

以上は「GoPro Quikが起動しない」「GoPro Quikが応答なしになる」時の対処法です。どれも簡単に試せるので、GoPro Quikが立ち上がらない時、まず試しみましょう。

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。