iPhoneで生配信を録画する方法、及びiPhone生配信録画できない時の対策!

Windows7/8で画面録画をする方法

今、無料で生放送配信ができる動画配信サービスが盛り上がっています。生放送のため、時間帯によっては、生配信を見逃すケースが多いです。

ライブ配信を終了した後でもその内容を繰り返して見れるために、手元のiPhoneのみで生配信を録画するのは賢明です。

というわけで、iPhoneの生放送を録画保存したい!iPhoneでライブ配信を録画する方法が欲しい!という方のため、今回はiPhoneで生配信を録画する方法、及びiPhone生配信録画できない時の対策を紹介していきます。見逃したくないライブ配信を録画保存したい人にぜひ最後までご覧下さい!

iPhoneで生配信を録画する方法

iPhone「画面収録」機能はiOS11で追加された新機能です。ほかのアプリなどをインストールしなくても、iPhoneだけでiPhone画面上の動作を動画として録画することができます。音声も同時に入れることができるので、配信動画の保存やゲーム実況、スマホ・アプリレピューなど、多くの場面で利用できます。

「画面収録」機能を利用して、生配信をiPhoneで録画する方法について、以下の内容をご覧下さい。

  • STEP.1 「画面収録」機能を利用する前の準備事

    (1)「画面収録」機能はiOS11以降を搭載しているiPhone、iPadしか利用できません。お使いのiPhoneはiOS11以下の場合、最初にアップデートしてください。

    アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から簡単に行えます。

    (2)iPhone「画面収録」機能はコントロールセンターから使えるように、カスタマイズする必要があります。

    「設定」→「コントロールセンター」→「コントロールセンターのカスタマイズ」と進み、「コントロールを追加」リストから「画面収録」の「+」アイコンを押せば、「画面収録」機能がコントロールセンターに表示されます。

  • STEP.2 iPhone「画面収録」機能で、ライブ配信を録画する手順

    (1)iPhoneでは、画面下からスワイプしてコントロールセンターを開きます。(ホームボタンがないiPhoneの場合は、画面上からスワイプしてください。)

    (2)「画面収録」ボタン(二重丸のアイコン)をタップすると、3秒ののカウントダウン後、録画がすぐ始まります。

    (3)カウント中、録画したい生配信の画面を表示してください。

    (4)録画中、画面上部に赤いステータスバーが出ています。録画を終了したい場合、それをタップすれば良いです。また、コントロールセンターから「画面収録」ボタンをもう一度タップすることで、録画を終了することができます。

    iPhoneで生配信を録画する方法

注意録画を終了したら、録画した動画は自動的に写真アプリに保存されます。生配信の時間が長い場合、録画の前に、お使いのiPhoneの容量が十分にあるか確認してください。

iPhone生配信録画できない原因

以上はiPhoneの「画面収録」機能を使って、iPhone上のライブ配信を録画する方法です。簡単な操作でライブ配信をiPhoneで録画できるので、いま存在している録画アプリと比べてもとても便利です。

ただし、iPhoneで生配信を録画する時、うまく行けないトラブルが発生することがあります。それはなぜでしょうか?

実に、iPhoneで生配信を録画できない時は様々な原因があります。ここでは代表的なものをまとめました。

@、「画面収録」の機能が制限されている;

iPhoneで生放送を録画できない原因の一つに、「画面収録」の機能が制限されていることがあります。機能制限をかかっているせいで、iPhoneでは、「画面収録」機能を利用できなくなります。

A、「ミラリング」を有効にしている;

ミラーリングはiPhoneの画面をパソコンやテレビに移す機能です。iPhoneのミラーリング機能を有効にしている場合、iPhoneの画面録画機能が起動できないようになっています。

B、生配信のサイトやアプリは録画禁止;

著作権を保護するため、一部の配信サイトやアプリではiPhone画面録画禁止の仕組みを入っています。例えば、「Amazon」や、「Netflix」、「Hulu」、「GYAO!」などではiPhoneで画面録画ができません。「YouTube」や「ニコニコ」、「FC2」などがiPhoneで録画できますが、一部の作品は録画が禁止されるので、録画できない可能性もあります。

iPhone生配信録画できない時の対策

ここから、iPhone生配信録画できない時の対策を原因別に紹介していきます。

  • 対策@
  • iPhoneで生配信を録画できない場合の一つの対処法としては、機能制限設定を見直してください。
  • iPhoneの「設定」アプリ→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」→「コンテンツ制限」と進み、「GAME CENTER」項目の「画面収録」を選択した後、「許可」を押せば良いです。
  • 対策A
  • iPhoneで生配信を録画するには、ミラーリングを終了する必要があります。
  • iPhoneで生配信を録画できない場合、ミラーリング機能を一度チェックしてください。
  • ミラーリングを有効している時、iPhoneのコントロールセンターから「ミラーリング」ボタンをオンからオフに切り替えます。
  • 対策B
  • 最終手段として、iPhoneの「画面録画」機能ではなく、PC生配信録画ソフト「VideoProc」を使うのがオススメです。
  • VideoProcはパソコン向けの画面録画ソフトで、パソコン上の動きを動画として録画するだけではなく、「iPhone画面録画」というモード経由で、iPhone上の操作を収録することができます。ISLAND TV(アイランドTV)、YouTube、LINE、AmebaTV、ニコニコ等の生配信録画を全部サポートしています。
  • また、パソコンでライブ配信を録画する時、時間が長い生配信を録画する時も容量不足の心配がいりません。特に、多彩な編集機能が備えるので、録画した動画のサイズ変更、フィルター、透かし追加など、すぐ編集することができます。とても便利じゃないでしょうか?

どうしてもiPhone生配信が録画できない場合、iPhone画面収録の代わりに、VideoProc でライブ配信を録画してみましょう。

VideoProcを利用して、ライブ配信を録画する方法一

  • (1) パソコンにインストールしたVideoProcを起動して、ホーム画面から「録画」をクリックします。

  • (2) 画面の上部には「画面録画」「カメラ録画」「画面録画&カメラ録画」という3つのモートが表示されます。「画面録画」を選択してください。

  • (3) 後は下部の「クロップ」をクリックすることで、録画範囲を指定します。

  • (4) 赤い「REC」ボタンをクリックすると、5秒間のカウントダウンが終わると録画作業が開始します。

    VideoProcを使って、ライブ配信を録画する方法
  • (5) カウント中、生配信サイトにアクセスして、録画したい画面に移動して再生してください。「STOP」ボタンをクリックすると、録画を停止することができます。

  • ヒント:
  • 「録画」機能の他、VideoProcはほかの録画ソフトに搭載されていない編集と変換機能を備えています。ホーム画面の「ビデオ」を選択して、先ほど録画した動画を読み込んで編集することができます。具体的なやり方>>

VideoProcを利用して、イブ配信を録画する方法二

  • (1) MacにインストールしたVideoProcを起動し、ホーム画面に「録画」を選択します。

  • (2) 上部の「iPhone」を選択して、USBケーブルでiPhoneとMacを繋ぎます。

  • (3) iPhoneの接続許可を取得した後、iPhoneの操作画面はMacに映されます。

  • (4) 「REC」をクリックすると、5秒間後、iPhone画面の録画がスタートします。

    VideoProcを利用して、iPhoneライブ配信を録画する方法
  • (5) カウントダウン中、iPhoneで生配信サイト、或いはアプリを開き、録画したい画面に移動すればよいです。「STOP」ボタンをクリックすると、録画を終了することができます。

  • ヒント:VideoProcのMac版だけ「iPhone画面録画」機能があるので、Macユーザーならぜひ試してください。

以上はiPhoneのみで生配信を録画する方法について紹介しました。

第三者のiPhone画面録画アプリをインストールせず、iPhone画面収録機能だけで録画できるののは確かに便利です。

ただし、エラーや録画制限などでiPhone生配信録画できないトラブルが時々あります。そういう時、本文に紹介される対策を一つ一つ試して対処しましょう。

この記事を書いた人:高木

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。