解決済み!Windows10フォトで次へできない時の対処法

Windows10標準アプリ「フォト」を使用すれば、画像閲覧や動画視聴を楽に行えるだけではなく、画像編集や動画編集も簡単に行えます。でも、Windows10フォトを使い、特に、画像を閲覧する際、次へできないことがありますね。

今回は、Windows10フォトで次へできない時の原因と対処法を詳しく説明します。

Win10フォト代替編集ソフトおすすめ

VideoProcはシンプルで使いやすくて、字幕や透かし、画像、テキストの追加、分割&ロップなど動画編集に欠かせない機能を網羅し、初心者でも簡単に見栄えのする動画作品が作れます。

<

Windows10フォトで次へできない原因

実は、Windows10フォトで次へできない問題を起こす原因は様々です。例えば、パソコンの不具合、フォトアプリの不具合や読み込めない画像形式などが主な原因ですが、他の不明なエラーもあります。

とにかく、原因は未だに謎だと言えます。

そのため、Windows10フォトで次へできない問題が発生する場合、以下の方法を試して問題を解決してみましょう。

<

Windows10フォトで次へできない時の対処法

パソコンを再起動する

起動しているソフトウェアが多く、パソコンの動作が重くなると、ソフトが上手く進めなく、反応しないことがよくありますね。この原因によって、Windows10フォトで次へできない問題が発生することがあります。そのため、お使いのパソコンを再起動しWindows10フォトで次へを再試行してみましょう。

<

ファイルの拡張子を確認する

Windows10フォトアプリは、どんな画像形式でも対応しているわけではありません。対応していない画像形式はがWindows10フォトで表示できないので、次へできななくなります。フォルダー内のファイルの種類はすべてWindows10フォトアプリで開けるファイルですか、フォトアプリで開けないファイルが混じっていないですか、良く確認してくださいね。

一般的には、Windows10フォトはjpgやpng、bmp形式の画像ファイルを読み込めるはずです。因みに、HEIF拡張機能をお使いのWindows10に追加しなければ、heic(heif)形式が読み込めません。

でも、jpgやpng、bmp形式の画像ファイルであっても、Windows10フォトで表示されなくて次へできなくなる不具合が発生することがあります。そして、この不具合は特にbmp形式の画像ファイルで発生することがよくあります。

その場合、画像ファイルの拡張子を修正するか(例えば、bmp→jpg)次の方法を試し見ます。

📄メモ. 画像ファイルの拡張子が表示されない場合、エクスプローラー上部にある「表示」をクリックしてから、「ファイル名拡張子」にチェックを入れてください。

<

画像ファイルを別名で保存する

・問題が起きている画像ファイルを別名で保存することによって解決したケースがあります。

・或は、問題が起きている画像を配置しているフォルダにある全ての画像を別名で保存し閲覧を再度試しみましょう。

注意、画像ファイルをリネームする場合、ファイル名を短くして保存してください。例えば、「01」「02」「03」や「001」「002」「003」などの形でファイル名を保存します。

因みに、何千枚もの画像の名前を変更する場合、リネームソフトを使ったほうがいいです。例えば、「Flexible Renamer 」や「PSSTPSST」「 Exif Renamer 」「ファイル名ババババーっと書き換えツール」などのリネームフリーソフトが多いです。

👉リネームフリーソフトおすすめ↓
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/file/name/

<

画像ファイルを移動させてから、もう一度元の場所に戻す

例えば、

・Windows10フォトで次へできないが画像ファイル(表示できない画像ファイル)を他の場所に移動させてから、もう一度元の場所にします。

・表示できない画像ファイルがあるフォルダを他の場所に移動させてから、もう一度元の場所に戻します。

・或は、次へできない問題が起きているフォルダにある画像ファイルを全て新規フォルダにコピーして、閲覧を再閲覧しましょう。

で、そうしても問題を解決できない場合、次の方法になります。

<

画像ファイルを全選択しWindows10フォトアプリで開く

この方法は、問題が起きている画像が配置しているフォルダにある画像ファイルを全て選択状態にしてからWindows10フォトアプリで開くことです。

やり方の詳しくは、

  • @ 一つの画像ファイルをクリックしてから、「Ctrl + A 」を押すことによってフォルダにある画像ファイルを全て選択します。
  • A この状態で右クリックし、「開く」を選択します。
  • Windows10フォトで次へできない時の対処法

そうすると、全ての画像ファイルが上手く表示してWindows10フォトで次へできない問題を解決できるはずです。

<

Windows10フォトを修復する

フォトアプリ側にも問題がある可能性もありますので、フォトアプリの修復を試します。ここではフォトアプリのトラブルシューティングツールを実行してWindows10フォトを修復します。手順の詳しくは、

  • @ 検索欄に「トラブルシューティング」と入力します。
  • A 表示される「トラブルシューティング コントロール パネル」をクリックします。
  • B 「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
  • C 「Windows ストア アプリ」をクリックし、トラブルシューティングツールを実行して進めます。
<

Windows10フォト最新版をインストールする

トラブルシューティングを利用しても、Windows10フォトで次へできない問題を解決できない場合、Windows10フォト最新版をインストールしましょう。手順の詳しくは、

  • @ タスク バーの [Web と Windows の検索] 欄に「 powershell」 と入力します。
  • A 「Windows PowerShell」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  • B 「get-appxpackage *Microsoft.Windows.Photos* | remove-appxpackage」と入力して「 Enter」キーを押します。
  • C パソコンを再起動してから、マイクロストアからフォトアプリを再インストールします。
<

他のフォトビューアで画像ファイルを開く

上述されている方法を全て試しても、Windows10フォトで次へできない問題を解決できない場合、他のフォトビューアを使うしかないですね。次は、Windows10フォトの代わりになる、無料で使えるフォトビューア3つを紹介したいです。

  • XnView
  • 公式ページ:https://www.xnview.com/en/
  • XnViewは、JPG、PNG、BMP、GIF、ICO、PCX、TIF、RAWなどの400+の画像形式を表示可能です。「スライドショー」や「JPEGへの変換」「スクリーンキャプチャ」「トリミング」「色調補正」など機能も搭載されています。因みに、XnViewは標準で日本語に対応しています。
  • IrfanView
  • 公式ページ:https://www.irfanview.com/
  • IrfanViewは、JPG、PNG、BMP、GIF、PSD、TIF、MNG、ICO、EXE、DLL、PICT、MAGなど画像形式を表示可能です。また、WMVやAVIなどの動画、MP3やWAVなどの音声も再生可能です。プラグインを導入することによって、もっと多くの画像、動画、音声を再生できます。「画像形式変換」や「スライドショー」「トリミング」「色調補正」「フィルター」「ウォーターマーク挿入」「リサイズ」などの機能を提供しています。
  • Honeyview
  • 公式ページ:https://www.bandisoft.com/honeyview/
  • Honeyviewは、JPG、PNG、BMP、GIF、PSD、DDS、JXR、WebP、J2K、JP2、TGA、TIFF、PCX、PGM、RAW画像に対応しています。「スライドショー」や「お気に入り」、「リサイズ」、「画像形式変換」など機能が備わっています。標準で日本語に対応しているし、シンプルで軽快に動作できます。
<

最後に

実は、Windows10フォトはとても便利なツールです。フォトを使えば、画像閲覧と動画再生が手軽に行えるだけではなく、画像編集と動画編集も楽々に進めます。

今回はWindows10フォトで次へできない時の対策を説明しました。お役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人:鹿島湊

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。