【高音質】無料でWindows 10でFLAC音楽をiTunesに入れる簡単な方法を解説!

FLAC音楽をiTunesに取り込んで利用したいですか。

ところが、非互換性の問題で、iTunesではFLACファイルの整理も再生もできないので不便です。

今回の記事では、Windows 10ユーザーに向け、無料且つ音質が完全無劣化でFLACファイルをiTunesへ入れる方法を解説します。

Windows10でFLACをiTunesに入れる前に知るべきこと

(1)エンコードが必要

PC/MacのiTunesでFLACを使えないのは、ファイル形式の非互換性によって起こる問題です。FLACをiTunesで使える音声形式へ変換すれば問題が解消されます。

iTunesが対応している音楽ファイル形式は下記の通りです。

MP3

AIFF

WAV

AAC

HE-AAC

ALAC


基本的には、FLACファイルを以上任意の音声ファイルを変換するとiTunesで使えるようになります。

だが、その中で一番おすすめしたいのはAACまたは MP3形式です。

AACはiTunesの標準形式であり、一般的なiTunes・iPodユーザーはこの形式を利用していることが多いです。

MP3形式などの従来の圧縮形式と比べると、全般的にデータサイズは小さく音質も良いのが特徴です。

一方、MP3は最も汎用性の高いくて、iTunes以外のソフトウェアでもほとんどサポートされていて非常に便利です。

特にファイルのこだわりや指定がない場合はMP3を選んでおけば問題ないと思います。

もっと読む:やり方付き|MP3変換フリーソフトをおすすめ!無料・安全で>>

<

Windows10でFLACをiTunesに変換するには必要なツール

iTunes本体では音声形式をAACまたはMP3フォーマットに変換することができるが、前述の通りiTunesはFlacを取り扱うことが出来ないので、FLACを変換したい場合は別のソフトウェアをご利用下さい。ここでは、「VideoProc」という無料で使える動画・音声変換フリーソフトをおすすめします。

VideoProc特徴↓↓↓

  • @.オーディオビットレートが最大256kbps/320kbps(CDに近い高音質)を選択可能です。
  • A.オーディオコーデック設定、結合機能、ビットレート変換など細かい設定が可能。
  • B.独自のLevel-3技術を採用することで幅広くハードウェア支援技術を活用し、FLACをエンコードにかかる時間を大幅に短縮可能です。
  • C.FLACは言うまでもなく、MP3、M4A、M4B、WAV、ALAC、WMA、AAC、OGG、APE、WV、TTA、AC3、DTSなど様々な音声ファイルがサポートします。
<

無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法

まず、上記言及した無料なFLAC変換ソフト「VideoProc」をWindows 10 PCにダウンロードとインストールしてください。

操作方法について基本的な流れ↓↓↓

  • @.VideoProcに形式を変えたいFLACファイルを入れます。
  • A.どのファイル形式に変えたいかを選びます。
  • B.出力先をiTunesのライブラリ保存先に設定します。
  • C.「RUN」ボタンをタップします。
無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法STEP1

STEP1:VideoProcを起動して、画面左側の「ビデオ」をクリックします。

無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法STEP2

STEP2:「動画変換ツール」画面より、「音楽」をクリックして、対象のFLACファイル(複数もOK)を指定して「開く」をクリックします。または、ドラッグ&ドロップ操作なら音声フォルダも読み込み可能です。

無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法STEP3

STEP3:ファイルのアップロードが完了したら、画面の下部に出力メニューが表示されて、よく使用されている出力プロファイルが並びます。ここに出力したいプロファイルがなければ、左の「出力」アイコンをクリックすると、より多くのプロファイルが選択できます。今回はiTunes用の「MP3」を選択するので、「出力」→「音楽」→「MP3」→「完了」の順番でタップしてください。

無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法STEP4

STEP4:出力フォルダは、デフォルトでは「C:\Users\<ユーザー名>\Videos\VideoProc」に設定されています。ここでは、「参照」をクリックして、出力先をPCの「ライブラリ」→「ミュージック」→「iTunes」→「iTunes Media」→「iTunesに自動的に追加」というフォルダに変更します。そうして、出力ファイルは自動的にiTunesのライブラリに追加されます。

無料でWindows10でFLACをiTunesに入れる操作方法STEP5

STEP5:画面右下の「RUN」ボタンを押すとFLACファイルのエンコードと保存が始まります。

そして、iTunesを開いて、「iTunesに自動的に追加」フォルダに保存されるFLACファイル(エンコード後は他の拡張子になります)を再生できます。可能性が非常に低いけど、再生できない場合iTunesを再起動してみてください。

これでWindows10でFLACをiTunesに入れる操作が完了です。

<

ちなみに、VideoProcでFLAC変換作業を行う際に、細かい設定が可能です。

(1)FLAC変換時の音質

以下は、Windows10でFLACファイルを変換する際に、音質面で優れた効果が得られるための設定をを説明します。

タイトルの「Codecオプション」をクリックすると、ファイルの音質に関わっているパラメータを調整する画面が出てきます。

そして、以下の内容に従ってやってみてください。

VideoProcでFLAC変換時の音質をカスタマイズ
  • @.「品質」項目では、「低品質/快速」から「高品質/低速」へのシークバーで設定可能ですが、「高品質/低速」を選択します。
  • A.ビットレートの数値を上限値に指定します。

(2)FLACタグの編集

VideoProcでFLAC変換時タグの編集

読み込まれるFLACファイル名横のペンマークをクリックすること、「名称&タグ」の画面が出て、出力ファイルのカバー、名称、アルバム、ジャンル、コメントを編集することができます。

さらに、「挿し絵を追加する」機能によって、パソコンから音声ファイルに使いたいジャケット画像を選択できます。

<

FLAC変換作業に関する豆知識

(1)出力音質が劣化or向上。音楽形式を変換すると、音質は「維持される」か「劣化する」のどちらかしかなく、「向上する」例は原則的にありません。

例外としてはアップサンプリングがありますが、これはあくまでも想定による補完ですので、厳密な意味で「向上」と呼べるかは疑問です。

<

(2)iTunesと同じようなことが出来る音楽管理ソフトはたくさんあるし、その殆どはFLACに対応していると思います。

Windows10でFLACをiTunesに変換する手間が嫌で、iTunesの代わりに他のPC用プレーヤーを使うのもいいです。

例えば、無料なものならWindows Media Player、Music Center for PC、MusicBeeなどがあります。

<

(3)iPhoneにデフォルトで入っている「ミュージック」アプリはFLACに対応可能です。なので、FLACファイルをiPhoneに取り込んで再生したいだけなら、Windows 10でFLACをiTunesが対応可能な形式へ変換してからiTunes経由でiPhoneへ同期するという手間が不要です。

<
この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。