【エラー解決】YouTube見れない・落ちる・開けないなどの障害発生するときの対処法

YouTube見れないエラーが大規模で発生!

YouTubeを視聴するときに、突如として動画が再生できなくなって、見れなくなるという状況を経験した人がいるだろうと思います。動画を見ている途中、画面がブラックになったら、焦らずにはいられないでしょう。

※2018年10月17日(水)午前10時前より、パソコンで「YouTubeが見れない」「YouTubeが落ちる」「YouTube開けない」「YouTubeに繋がらない」などの問題、バグが発生しています。世界規模でシステム障害です。YouTubeのTOPページにアクセスしてみると、ページ要素の一部が表示されない状態で、動画が閲覧できない、読み込みでエラーが発生しています。

※2018年7月14日の朝方より、Androidタブレットの利用者の間で「YouTubeが見れない」「YouTubeが落ちる」「YouTube開けない」「ログインできない」「白い画面で読み込み中のまま進まない」などの問題が発生しています。GoogleアプリやGmail、Chrome、Google PlayなどのGoogleアカウアントでログイン可能なGoogle関連アプリたちで立て続けに問題が発生しており、YouTubeもその影響を受けているものと推測されます。

YouTubeが見れない原因が様々あるので、ちゃんと原因を確認してから、それに応じて、 適切な対処法をとれば、YouTubeが見られるようになります。それで、今回はYouTube見れない時の王道な対処法をご紹介しましょう。見れなくなったらまずこれで見れるかどうか確認してください。

動画保存ソフト―無料で動画をダウンロードして存分に視聴

VideoProc-ニコニコ、iCloudなどから動画や音楽を簡単にダウンロード/録画して保存できます。そして、動画を自分の目的に合わせて、MP4やMOV、MP3、AACなど形式に変換して保存できます。使い方も超カンタンです!「100%安全・ウイルスなし」

YouTube見れない・落ちる・開けないエラーの原因?

YouTube見れない対処法を知る前に、Youtube(ユーチューブ)が見れない原因を知っておきましょう。まずは、どうしてYoutube動画が落ちる・見れない・開けないのか、原因を突き止めることが大切です。

1. YouTube自体の原因

サイト自体が原因でYouTube再生できない事がありました。例えば、YouTubeネットワークエラーやサーバーダウンなどの障害が近年発生したことがあります。YouTube見れない期間は短く、数時間経って見られます。このようなYouTubeエラーの原因は少ないと思いますが、念のためこんな事が過去にあったと認識しておくのも良いでしょう。

2.ネットワークの接続

ネットワークの接続が悪いと、動画はなかなか読み込められません。YouTubeのページを開いても動画の画面が表示されない場合があります。スマホなら、Wi-Fiの接続や電波状態が悪くなると、YouTube再生できない状況も発生します。

3. ブラウザのバージョン

YouTubeにある動画はほとんどHTML5形式の動画です。だから、ブラウザのバージョンが古い場合、HTML5形式の動画を再生できない場合があります。今使っているブラウザのバッジョンを確認する必要があります。現在HTML5動画を再生できるメジャーなブラウザは「GoogleChrome」「FireFox」「Opera」「Edge」「IE11」「Safari」などとなっています。

4. キャッシュが溜まる

YouTube開けない・見れない・再生できない場合は、キャッシュが関係していることが多いのです。ネットサーフィンを頻繁にしていたり、YouTubeをいつも大量に視聴していると、ブラウザのキャッシュが溜まっている状態になります。キャッシュが溜まると、動作が重くなったり動画などの大容量通信が必要なページの表示に不具合が発生する可能性があります。

YouTube見れない・落ちる・開けないときの対処法

YouTube再生できない/見れない原因については把握できました。では早速YouTubeエラーの対処法に関して徹底解説していきます。

原因1の解決策:

YouTubeのサイト自体の原因で動画が見れない場合、手を打つことが出来ません。運営側のサポートの解決に頼るしかないです。私たちは現状システムが復旧することを待つほか無さそうです。

原因2の解決策:

まず、ネットワークの接続をチェックします。うまく動作できるかどうかを確認しておいてください。その後、YouTubeのページを更新してください。もし動画が見れないままであれば、ネットワークを変更して、再びページを開けます。

スマホの場合、同様にWi-Fiの接続と電波状態をチェックしてから、ページを改めて開いてください。またできないなら、Wi-Fiを変更して、電波状態が良い環境においてもう一度試してください。

原因3の解決策:

まずはHTML5に対応しているブラウザを使用しているのかを確認しましょう。そして、ブラウザは最新のバージョンにアップグレードします。できれば、IE11、Google Chrome、Firefox、Opera、SafariなどHTML5動画が再生可能なブラウザを使います。

原因4の解決策:

キャッシュをクリアします。パソコンではブラウザの、スマホではアプリの検索履歴などのキャッシュを削除してください。このキャッシュのクリアですが、動画の視聴問題以外でも様々な不具合の原因となっている部分ですから、定期的に削除しておくことをオススメします。

    POINT

  • キャッシュクリア方法
  • ラウザ:【三点リーダ】→【履歴】→【閲覧履歴データを削除する】
  • スマホ:【設定】→【アプリ】→【YouTube】→【ストレージ】→【キャッシュを消去】

ここでは、「YouTubeが見れない」「YouTubeが落ちる」「YouTube開けない」「YouTubeに繋がらない」といった場合の原因またそれぞれの対処法について紹介しました。Youtubeの動画を再生できない原因は色々あり、症状に応じて対処法を変えていく必要があります。今回はその中、可能な原因そして改善される可能性が高い方法を中心に説明しました。ぜひご参考してみてください。

高性能動画保存ソフト- VideoProc

動画保存ソフトVideoProcは初心者向けの動画ダウンロード・保存ソフトで、PCでニコニコのようなネット動画をダウンロードして保存できるほか、本体搭載の録画機能でWeb動画を録画して保存できる。保存した動画をMP4, MOV, AVI, FLV, MKV, MP3など形式でお使いのメディアプレーヤーやスマホで自由に楽しめる。

この記事を書いた人:小早川

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。