VideoProc Converter AI
ゲーム実況作成に最適な録画ソフト!超軽い!
  • • Mac&WindowsのPC画面の画面録画&音声録音に対応。
  • • 複雑な設定が必要なく、ボタン一発で映像と音声を同時に録画可能。
  • • 全画面やウインドウ指定など録画する画面領域も自由に設定。
録画KNOWLEDGE

キャプチャーボードなしでSwitchを録画するには?おすすめの方法と録画時の注意点を紹介!

キャプチャーボードなしでSwitchを録画

Nintendo Switch(ニンテンドー スイッチ)のゲーム画面を録画したい人は多くいますね。楽しい瞬間を友人や家族と共有したい場合、ゲーム実況動画を作成してYouTubeなどで公開したい場合にも役立ちます。

Switchを録画する最も一般的な方法は、キャプチャーボードを使用することです。しかし、キャプチャーボードの価格が高い、扱いが難しそうといった理由から、キャプチャーボードを使わずにSwitchを録画する方法を探している方が多いようです。

今回は、キャプボなしでも、Switchでゲーム画面を録画する方法をまとめて紹介します。録画する時の注意点も合わせて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

<

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法

PC画面録画ソフト

VideoProc Converter AI - ゲーム実況録画に最適

● 開発元:Digiarty社
● 対応OS:Windows 11/10/8.1/8/7; macOS 10.6またはそれ以降
● 録音:PC内部音声、マイク音、両方同時録音
● 録画モード:画面録画(全画面・指定領域)、ウェブカメラ録画、画面録画とカメラ録画、録音
● その他:動画変換・圧縮・編集、AI高画質化、音ズレ修正…

キャプチャーボードを使わずにSwitchを録画する方法には下記があります。

  • ➊ Switch本体の録画機能を使う
  • ➋ ゲームレコーダーを利用する
  • ➌ カメラで直撮りする

それぞれの方法を詳しく解説していきましょう。

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法1、Switch本体の録画機能を使う

Switchには、もともとゲームを録画できるキャプチャー機能が内蔵されています。

使い方が簡単で、ゲーム中に、Joy-Con(L)の「キャプチャーボタン」を長押しする(“ピッ”という音がするまで押し続ける)と、最大で30秒前からの動画を保存できます。

Switch本体の録画機能を使う

保存した録画は、HOMEメニューの「アルバム」で確認できます。

Switch本体の録画機能を使う

Twitter等に投稿する場合は、動画再生中に「A」ボタンを押して「投稿」を選択します。

Switch本体の録画機能を使う

メリット

キャプチャーボードやPCなど他の機材を用意する必要はない

最大30秒までさかのぼって録画するため、決定的なシーンを失う心配はない

前後の不要なシーンをトリミングできる簡単な編集機能がある

デメリット

30秒しか録画できないので、ゲーム実況の作成や長時間録画には向いていない

解説など外部音声を収録できない

<

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法2、ゲームレコーダーを利用する

キャプチャーボードまたはパソコンを持っていない場合、「ゲームレコーダー」を利用してスイッチを録画する方法があります。ゲームレコーダーとは、ゲーム機とモニターを接続するだけでゲームプレイ動画をカンタンに保存できる録画機器です。

使い方は、SwitchとTV(モニター)の間にゲームレコーダーを接続し、HDMIで接続します。ゲーム画面がTVに映るので、あとはゲームレコーダーの録画ボタンを押すだけです。

ゲームレコーダーを利用する

メリット

キャプチャーボードとパソコンがなくてもOK

フルHD画質(1080p/30fps)での録画も可能

長時間安定したプレイを録画できて超便利

デメリット

ほとんどはライブ配信に対応していない

録画を保存するために、ストレージ(SDカード、USBメモリー、外付けHDDなど)を用意する必要がある

<

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法3、スマホのカメラで直撮りする

Switchでのゲーム画面をスマホで録画したいという方も結構ありますね。残念ながらスマホでSwitchの動画を録画することはできませんが、スマホのカメラを使ってゲーム画面を直接撮影することが可能です。この方法は録画機材が手元にない人に適しています。

スマホのカメラで直撮りする

また、ゲーム実況しながら顔を出すなどの実写のゲーム実況を作成する場合にも有力な選択肢となります。

メリット

すぐ録画できるので非常に便利

デメリット

本格的なゲーム実況動画を作りたい場合には不向き

<

Switchを録画する時の注意点

この部分では、Switchを録画する時の注意点を紹介します。

Switchで録画できないのはなぜ?

Switchでキャプチャーボタンを押しても写真や動画が撮影できない場合は、以下のような原因が考えられます。

  • 1撮影が禁止されているゲームソフトあり
  • 録画ができないスイッチのゲームソフトもあります。さらに、録画対応しているゲームソフトでも、一部撮影ができないシーンがあることもあるので注意します。
  • ということで、録画する前に、スイッチの録画機能に対応しているゲームソフトを確認しておく必要があります。
  • 2ストレージ容量が不足
  • Switch本体やSDカードの保存容量が不足していると、録画できない可能性が高いです。ゲームレコーダーを使ってSwitchを録画する際、保存先のSDカードやUSBメモリが容量いっぱいになると、録画が正常に行えないこともあります。
  • こういう場合、SDカードなどの容量を増やすか、不要なデータの消去することで問題を解決できます。それに、容量が圧迫されないように、時々アルバム内をチェックしてみてください。
  • 3保存数の上限に達している
  • Switchは画面写真や動画が保存できる数が決まっており、上限に達すると「これ以上は保存できません」と表示されて録画ができなくなります。最大保存数については以下の表をご覧ください。
  • 本体保存メモリー microSDカード
    動画の保存数 最大100本 最大1000本

「ゲームレコーダー」と「キャプチャーボード」の違いは?

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法の一つは、ゲームレコーダーを使う方法です。では、「ゲームレコーダー」と「キャプチャーボード」の間にはどのような違いがあるのでしょうか?

必要な機材 こんな人におすすめ
ゲームレコーダー ゲームレコーダー
HDMIケーブル
保存用ストレージ:SDカード、USBメモリー、外付けHDDなど
TV(モニター)
パソコンを持っていない;
簡単に長時間の録画を行いたい;
キャプチャーボード キャプチャーポート
パソコン
HDMIケーブル
USBケーブル
キャプチャーソフト
録画されたデータを編集し、ゲーム実況を作りたい;
ゲーム配信をやりたい;

キャプチャーボードとゲームレコーダーのどちらを使うか迷ったら、すでに家にある機器と、録画の目的などで決めればいいです。

Switch Liteで録画できるか?

Switch Lite

Switch Liteと通常モデルのSwitchと同じく、録画機能が搭載されています。プチャーボタンを長押しする場合は、過去30秒間のゲーム映像を自動的に記録します。

ただし、Switch Liteでは、外部ディスプレイに出力する機能が搭載されていないため、外部機器によって録画することはできません。そのため、Switch Liteでゲーム実況を作成することもできません。

<

まとめ

キャプチャーボードなしでSwitchを録画する方法を紹介しました。また、Switchを録画する際の注意点についても触れました。

どの方法でSwitchを録画するかは、録画の目的や所有しているデバイスによって異なります。例えば、30秒以内の短時間で決定的な瞬間を記録する場合、Switch本体の録画機能が十分です。長時間の録画が必要な場合や、ゲーム実況動画を作成する場合は別の方法を検討する必要があります。キャプチャーボードを持っていないなら、ゲームレコーダーを使う方法もあります。

<
編集者:スズメ
この記事を書いた人:スズメ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。