【2019】無料でVOBをMP4に変換する方法を解説!初心者でも簡単!

「VOB形式からMP4形式に変えれる無料でお勧めのソフトや方法があったら教えてください。」 ―智恵袋より

一般的にいえば、VOBファイルはサイズが大きくて、互換性の問題でiPhone、iPadやAndroidといったポータブル端末でも再生することもできないので不便です。

VOBを汎用性にも、画質とファイルサイズのバランスにも最高峰なMP4へ変換したら問題解消。

今回の記事では、無料でVOBをMP4に変換する方法を初心者でもわかりやすく解説しましょう。

<

無料でVOBをMP4に変換する前に知るべきこと

パソコンを利用して無料でVOBをMP4に変換したい人もいれば、iPhoneやAndroidでやりたい人もいるようです。

パソコンの場合、通常な動画変換フリーソフトを使えばOKです。

変換作業を行う端末のスペック

ただし、iPhoneやAndroidでこの変換作業を行う場合、iPhoneやAndroid本体に高いスペックが要求されます。

膨大なサイズのVOBファイルを処理するには、高性能なCPU、メモリ、ストレージが必要です。

低スペックなCPU、メモリ、ストレージならば、VOBの読み込みができなっかたり、変換最中でアプリが頻繁に落ちたり強制終了したり、変換はカクカクとして長時間使っていくという不具合が常に発生してしまいます。

高性能なiPhoneやAndroidなら一応大大丈夫かもしれないが、やや低スペックな機種ならPCを使ったほうが安心します。

無料で使えるVOB MP4変換ソフトがあるか?

ネットですこし探してみれば、簡単に“無料ダウンロード”と書いているVOB MP4変換ソフトが見つかります。

だが、それらのソフトは、無料で使えるというわけではありません。

5分しか変換できなかったり、嫌なロゴが付いたり、しょせん機能が大幅に制限されている無料トライアルなどだらけです。

無料に拘りたい方にとって本当に厄介なことです。

それでも、絶望することなく、完全無料でありながら操作性、機能性、安全性とも悪くないものがあります。

つなわち、「VideoProc」と「Handbrake」です。

次の内容はこの2つの無料ソフトを利用して無料でVOBをMP4に変換する方法を説明しましょう。

<

(1)VideoProcで無料でVOBをMP4に変換する方法

STEP1:VideoProcを立ち上げると、メイン画面で「ビデオ」アイコンをクリックして、動画変換の専用画面に入ります。

STEP2:上側のメニューバーで「ビデオ」をタップして、パソコンからMP4に変換したいVOB動画を選択して「開く」を押すか、または、VOBファイルを直接に本ソフトへドラッグ&ドロップするか、VOBファイルを読み込ませます。

STEP3:画面下側の「出力」のところにマウスを移して、「MP4」を選択します。

STEP4:「RUN」ボタンをクリックすると、VOBからMP4に変換する作業が始まります。

変換中の画面が表されて、進捗状況はプログレスバーで確認することが可能。初期設定では、変換が完了すると、保存先のフォルダが自動的に開かれるので、すぐにプレーヤーで視聴したり他のデバイス(iPhone iPad Android)に取り込んだりすることができます。

<

(2)Handbrakeで無料でVOBをMP4に変換する方法

STEP1:ディスクトップにあるHandbrakeのアイコンをダブルクリックして、ソフトを起動します。

 

STEP2:左上にある【File】を押して、ファイルの選択画面になりますので、取り込みたいVOBファイルを選択して左下の「開く」をクリックします。動画の読み込みが始まりました。読み込み自体は数分で完了しますので、待つ事にします。

 

STEP3:画面の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、保存先のフォルダ/変換後のフォーマット/名前を設定することができます。もちろん、変換後のフォーマットはMP4を選択します。

 

STEP4:以上の設定が大丈夫だったら、画面上側の「Start」アイコンをクリックします。すると、VOBからMP4に変換の作業が開始します。

ソフトの左下側に進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示されます。プログレスバーが100%になれば自動で消えます。【Queue Finished】が表示されると、保存先のフォルダが開いて、すぐに出力映像を確認することができます。

ご注意@.古いバージョンのHandbrakeではデフォルトの設定だとどうしてもM4V形式で変換されてしまいます。必ずM4VからMP4に変更してください。
A.Handbrake1.2.2バージョンを使っています。まだまだ日本語化されていないので、英語のままで使用するしかないです。

<

(3)VOB MP4変換無料ソフトVideoProcとHandbrakeどっちが一番いい

とりあえず、変換速度、変換後の画質と音質といった方面から比較しましょう。

  • ソースファイル情報
  • サイズ:54.1 MB
  • 長さ:1分41秒
  • 動画コーデック:mpeg2
  • 音声コーデック:ac3
  • 解像度:720x480
  • 変換後のフォーマット:MP4
  • テス ト環境:iMac(27-inch, Late2013) 3.2 GHz Intel Core i5 8GB 1600 MHz DDR3 NVIDIA GeForce GT 755M 2014 MB

 

変換時間

画質

音質

VideoProc

1分間

★★★★★

★★★★★

Handbrake

7分間

★★★★

★★★★

テスト結果によって、VideoProcの変換速度はHandbrakeより圧倒的に速いということが分かりました。

VideoProcは、CPUやチップセットからエンコードの高速化(動画変換の支援)技術に対応できるので、Handbrakeのような従来の変換ツールより3〜5倍の速度で動画を変換できるというわけです。

特に、ドローンやGoPro、ビデオカメラやiPhoneなどで撮影した超高画質の8Kや4K動画、HEVC(.h265)でエンコードされた動画を変換する際に、この超爆速の変換速度をより一層実感しやすいです。

画質と音質というと、一つの動画素材を繰り返しエンコードして画質の劣化が避けません。一回だけエンコードしても画質の劣化も発生してしまう場合もあります。音質もその通りです。

まず、画質をテストするために、同じプレーヤーでフルスクリーンで動画を再生してみます。

VideoProcのほうが目に見えるほどの劣化は発生しません。

Handbrakeは画質の劣化があ出てしまいます。

VideoProcでは、MP4は「H.264」コーデックという規格で動画を圧縮します。

H.264コーデックは従来のコーデックに比べ非常に多くの圧縮支援機能が定義されており、これらの機能を活用することで高画質かつファイルサイズの小さいファイルを生成することが可能になるというメリットがあります。

また、音質をテストするために、音量を一番大きくに調整して、イヤホンやヘッドホンで聴いてみます。どちらかというと、VideoProcで出力ファイルの音質が気になります。

<

まとめ

以上はVideoProcとHandbrakeの2つのVOB MP4変換無料ソフトを利用して、VOBをMP4に変換する方法を紹介します。

どちらも使いやすし、初心者でもストレスなく簡単に使い始められます。

より良い画質や音質、変換速度を求めるなら、VideoProcをおすすめしたいです。

ただし、VideoProを使用する際に、有料版へアップグレードするという請求画面がよく出てきて、嫌だったら直接に閉じてもいいです。

だが、このような迷惑の広告画面が許せないなら、VideoProをやめてHandbrakeを利用してもOKです。

要するに、これから、VideoProかHandbrakeを使って、快適に無料でVOBをMP4に変換しましょう。

この記事を書いた人:小林ほたる

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にしてくださいね。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。