Windows11対応の録画方法リリース済み!Windows11画面の録画方法ご紹介

Windows11にアップデートした以上、前より快適に使いたいでしょう。Windows11の画面を録画することもより快適でより高品質に完成できればいいです。また、体験の向上のどころか、新しいシステムで安定に動作できるかと心配があります。

ではこの記事で、Windows11の録画方法をご紹介します。さまざまな場合にも、安定で高品質でWindows11のスクリーンを録画する方法を、ニーズによってご紹介しよう。

<

場合によってWindows11画面録画方法を選択するポイント

ゲーム録画

ゲームをやりながら録画したりライブしたりするために、Windows11スクリーンを録画します。ゲームを録画する場合に、Windows11の録画方法はこのような要件でオススメします:

  • CPU占用が低くて、ゲームの動作に影響を及ぼさない方法
    録画する時に邪魔なボタンなどはない方法
    ゲーム中でホットキーだけで起動できる方法
    時間制限がない方法

ウェブサイト録画

ウェブサイトにのられるコンテンツを保存したり、オンラインツールの使い方を動画で説明したり場合には、Windows11の画面を記録すればより簡単になります。ブラウザ内の録画なので、Windows11の録画方法はこのような要件でオススメします:

  • マウスの位置とクリックが見える方法
    マイクで説明のセリフも同時に録音でき、邪魔になり時にマイクをミュートできる方法
    録画範囲を指定して、複数のブラウザやタブで録画できる方法

ソフトの操作録画

ソフトの操作を録画して説明すれば、Windows11のスクリーンを録画します。ソフトのウィンドウだけでなく、入力などの手順にフォルダを含めてフルスクリーンを録画します。このようなニーズに応じるために、Windows11の録画方法はこのような要件でオススメします:

  • CPU占用が低くて、ソフトの動作に影響を及ぼさない方法
    録画範囲を指定できる方法
    マウスの位置とクリックが見える方法
    マイクで説明のセリフも同時に録音できる方法

<

Windows11標準録画方法ご紹介

実はソフトがいりなくて、Windows11に標準の画面録画機能が内蔵しています。Xbox Game Bar (Game DVRとも呼ばれます)という標準ソフトで実現するWindows11のゲーム録画方法で、特にXboxゲームに向けて録画方法を提供されていたが、ほとんどの場合で使えます。Windows10から追加されますが、Windows11にアップグレードした後も完璧に動作できます。

オススメの理由

ソフトをダウンロードしなくて、ホットキーだけで利用できます。録画の開始と終了、保存先を開いたり変更したりすることも簡単に行い、ホットキーも手軽に変更できます。録画動画とキャプチャ画像両方も保存できます。それ以外にもCPU/GPUなどハードウェアの状況も実時間で表示できます。

デメリット

一方、Xbox Game Barが起動できない場合もたくさんあります。ゲーム以外のウィンドウがぜんぜん録画できない報告も、ゲームでさえ録画できないこともあります。また、CPU占用が高くて、長く録画したらゲームも重くなる恐れがあります。快適にWindows11の画面を録画するために、ある程度のスペックが必要です。

<

ではこれから、Windows11標準な録画方法をご紹介します。

Windows11録画方法
Windows11録画方法
  • 録画機能を起動する

    「Windows」+「G」を押して、Xbox Game Barを起動します。起動したらご覧のバーが見えます。

  • 録画開始

    「●」をクリックして、録画を開始します。録画が始まったらXbox Game Barが表示されないようになりますからご心配いりません。

    また、標準設定に、「Windows」+「Alt」+「R」を押せば録画を開始させます。もう一度押せば録画を終了させます。

    • 設定にホットキーの変更が可能です。ホットキーを使う場合に、一度録画機能を起動したら、Xbox Game Barが表示されない時でも利用できます。
<

専門ソフトでWindows11のスクリーン録画・ウェブカメラ録画方法

Windows11のスクリーンを録画する時に専門ソフトを使えば、標準機能ができないことが実現できます。VideoProc Converterというソフトなら、Windows11で画面録画、ウェブカメラ録画、PiP録画どちらも簡単にできますから、さまざまなニーズを満足させます。

オススメの理由

このソフトを使えば、Windows11のスクリーン録画、ウェブカメラ録画、PiP録画どっちでも簡単に完成できます。オリジナルの品質で録画しても、CPU占用が低くで、ソフトもゲームもサクサクと動作できます。マイクの有効化とミュートも可能で、マウスも表示できます。

デメリット

一方、第三者ソフトでWindows11画面を記録するというわけで、ソフトのダウンロードと起動が必要です。Windows11の画面を録画し始める時にもソフトで操作します。

<

ではこれから、VideoProc Converterを使ってWindows11を録画する方法をご紹介します。

Windows11録画方法
Windows11録画方法
  • 録画機能を起動する

    VideoProc Converterを起動して、ご覧のように見えます。「録画」ボタンをクリックして、Windows11画面録画機能を起動します。

  • 録画モードを指定する

    「画面録画」をクリックして、録画モードを指定します。

    この時に録画範囲も出力先も音声収録も設定できます。

  • 録画開始

    「REC」と書かれた大きな赤いボタンをクリックして、録画を始めます。「Ctrl」+「R」を押せば録画を終了させます。

<
 
この記事を書いた人:シロ

本ページの内容に関して、ご意見等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。