動画編集はプロだけがするものではありません!

「特殊な技術が必要で、なんだか難しそう…」
「センスが必要だから私にはできない…」
今を変えなければ、未来は変わらない!
私にもできるかも!

一見難しそうに見える動画の編集ですが
実は非常にシンプルです!

実際に動画編集を行うには、動画を撮影するカメラや編集するためのパソコン、編集ソフトなどの機材が必要になります。

効率的に編集を行うために動画編集を行う前に最低限必要な機材は揃えておくようにしましょう。

効率の良い動画編集ワークフロー
初心者でもスムーズに作れます!

  • 素材画像や音源などを全て取り込みます
  • 編集画面内にある「メディア」で素材を自由に選択できます
  • メインとなる素材動画を「タイムライン」に挿入します
  • 取り込まれた素材を繋げて一つにしたり、逆に不要な部分を切りとったりします。
  • 動画の一部分だけを切り出して、繋げることによって徐々に動画としてまとめます。
  • 初心者は、加工や合成といったことは気にせず、まずは取り込まれた動画を切ったり貼ったりできるようになることが大切です。
  • 最後に作った動画を出力して終わりです。
  • 動画には様々なファイルの形式があります。(MP4, AVI, MOVなど)
  • たいていの場合、出力した動画をもう一度編集し直すことはできないので、注意しましょう。
  • トリミングする方法
  • 3D LUTの活用
  • ループ再生
  • 音声クリップをコピー
  • 透明度を調整する
  • タイトルをつける
  • ナレーションをつける
  • フェードイン・アウト
  • ビデオから音声を分離
  • オーディオを逆再生
  • 音声の置き換え
  • 動画をスロー編集
  • 画像素材を追加する

キャンペーン

本ページをTwitterに投稿しよう!
抽選で豪華賞品をプレゼント!

2022.11.30まで開催中
#動画編集に全力
#VideoprocVlogger

※ハッシュタグやページリンクの記載が応募条件となります

初めてでも大丈夫!直感的なUI、
無料で使える多彩な動画編集ソフト

無料ではじめる